2018年 夏季大会

◆大会内容(予定)
◇大会期間:2018/6/3~7/1
◇出場編成:【Aチーム】【Bチーム】
◇試合場所:六義園、後楽公園
◇開会式:6/3(日)9:30~(六義園)
◇閉会式:7/1(日)PM(六義園)
◇大会内容:トーナメント戦

【Aチーム】
○2018/6/3(日)10:40~(六義園A3塁側)1回戦(vs文京パワーズ)

モンキーズ 2 2 0 0 0 | 4
パワーズ  0 6 0 1 × | 7

1回表、先頭打者丸井がヒットで出塁し、内野ゴロエラーのあと、戸田、中野のタイムリーで2点を先制。1回裏、内野ゴロエラーで1人の走者を出すものの無失点。
2回表、2アウトから南内野安打の後、青木、戸田の連続2塁打で2点を追加。2回裏、先頭打者で1アウトを取り、2人目の打者の内野フライをエラーし、タイムリーヒットで1失点。そこから打たれたヒット1本ながら、3つのエラーと3つ四球で合計6失点で逆転を許す。
3回表、三者凡退。3回裏、先頭2打者で2アウトを取るものの内野ゴロエラー、四球と続き、追加失点のピンチを切りぬける。
4回表、三者凡退、4回裏、先頭打者を内野ゴロエラーで出塁させ、盗塁とボークにより1失点。さらに次打者に四球を与え1アウト2塁の場面で、ピッチャーゴロを1塁アウトにし、その間に追加得点を狙ったセカンド走者を本塁でタッチプレイアウトにしダブルプレイ完成。
5回表、再び三者凡退。5回裏、相手先頭打者をアウトにしたところで、時間切れの試合終了。4-7で1回戦を敗退しました。

単打:丸井、南、戸田、中野
2塁打:青木、戸田、

2回表まで、相手ミスと連打で4点を先制し、試合の流れをつかみかけたと思われたが、2回裏、2失点で2アウトまで取るもののタイムリーヒットと四球をからめ、同点、逆転を許してしまいました。
その後の守備は、エラー絡みで走者を出すピンチが続くものの1失点のみでこらえるが、再び打線、攻撃の勢いが戻ることなく、追加点を取ることができませんでした。
いい試合への入りだっただけに、悔しい試合結果になりました・・・ジャビット大会、駒込大会と強豪チームとの対戦が続くけれど、前向きな気持ちで大会に取り組もう!!

【Bチーム】
○2018/6/3(日)15:00~(後楽公園1塁側)1回戦(vs茗荷谷クラブ)

モンキーズ  0 2 1 | 3
茗荷谷クラブ 2 3  x | 5

残念ながら一回戦を突破することは出来ませんでした。次戦は頑張ろう!

試合経過
1回表 三者凡退に抑えられ0点。
1回裏 3連続四死球に内野ゴロ、押し出しなどで2失点。(2アウトから投手交代)
2回表 ヒット、四球の後にタイムリーヒットで2得点で同点。
2回裏 ヒット2本、四球2個にエラー1個がからみ3失点。
3回表 相手エラー、四球2個でノーアウト満塁の好機を作るが、内野ゴロの1得点のみに終わる。
3回裏 (投手交代)1時間が経過したところでゲームセット。

2018年度 フラップ大会

◆大会内容(予定)
◇大会期間:2018/4/7~年内
◇出場編成:【Aチーム】【Bチーム】
◇試合場所:六義園、その他
◇開会式:4/7(土)9:00~(目白台)
◇閉会式:未定
◇大会内容:(参加チーム総当たり)リーグ戦

【Aチーム】
○2018/5/4(金祝)8:20~(西新井橋C面)第1戦(vs菊坂ファイヤーズ)

モンキーズ  1 1 0 0 | 2
ファイヤーズ 5 5 0 × | 10

1回表、先頭から2連続四球で出塁し、戸田の内野安打で先制するも、その後中途半端な走塁などで1点どまり。1回裏、先頭の内野ゴロをエラーし、そこから3連続ヒットされ、再び内野ゴロエラーで5失点する。
2回表、先頭中野が2塁打で出塁し、続けて四球で走者を貯め内野ゴロの間に1点を返す。2回裏、先頭から2連打と内野ゴロで2失点し、2アウト走者なしから、5本のヒットにエラーをからめ、この回も5点を奪われる。
3回表、先頭から3連続四球で走者を出すも得点に結びつかず。その後はお互いにチャンスなく、4回表終了にて、試合終了。

単打;戸田
2塁打:中野

1回表の走塁のまずさで1得点にとどまり、1回裏、2つのエラーが絡んで5失点。2回表にもノーアウトで走者を出し、反撃のチャンスだったが1点どまりで、それがその後の試合の流れを決めてしまったようでした。
試合全体的に消極的で、元気のない試合だったでしょうか。リーグ戦の試合なので、そんな試合もあると思う。けれど早い回でミスした方が負けるわけではないと思う。ミスを切り替えることができたチームが勝つのだと思う。
次回以降の試合では、苦しい場面でも切り替えて、元気を出して試合をしよう。

○2018/5/13(日)13:00~(六義園B面)第2戦(vs大塚ミスギホープ)

ミスギホープ 5 5 1 7 | 18
モンキーズ  0 0 0 1 | 1

1回表、先頭打者ホームラン後、2アウトを取るも、四球を出しそこから3連打で5点を先制される。1回裏、1アウト2,3塁のチャンス作ったが、後続が連続三振で得点をすることができず。
2回表、先頭2打者の打ち損じたと思われるフライをヒットにしてしまい、その後、四球やエラーが絡み、5失点。2回裏、1アウトから宮部がレフト前にヒットで出塁するも得点に結びつかず。
3回表、継投し、エラーで出した走者の1失点のみで切り抜ける。3回裏、ライナー性の打球を打つものの惜しくも野手の正面をつき、走者を出すことができず。
4回表、先頭打者をバントヒットで出し、その後雨の影響で制球に苦しみ、5四球やエラー、ヒットをからめ、7失点。4回裏の最後の攻撃、先頭戸田が3塁打で出塁し、内野ゴロの間に1点を返し、2アウトから藤原ヒット、四球で走者を得点圏に進め、痛烈なライナー性の打球がまたしても野手の正面をつき反撃もそこまで。1-18で第2戦を敗退する。

単打:宮部、藤原
3塁打:戸田

全体的に学年差を感じざるを得ない試合内容であったが、いくつかのアウトにするべきと思われるフライをアウトにできす、さらに失点を重ねてしまい、大差がついてしまいました。
打撃では、6年生の速球に力負けしている感じはあったが、ライナー性でヒットになるべき打球がいくつも野手の正面をつく不運もあり、なかなか走者を出すことができませんでした。
この試合は、普段出場機会が少ない選手がヒットを打ったり、前日の練習の成果を見せる守備があったり、大会ではしなかった継投で成果が出るなど、その他細々(こまごま)と良いプレイがありました。
何より最後の30分程度は、普通の雨のなか、苦しみながら守備をしたことは、経験としては貴重だと思います。ひきつづき頑張ろう!!

○2018/6/2(土)11:00~(六義園A面)第3戦(vs駒込チャイルド)

モンキーズ 0 0 0 0 | 0
チャイルド 4 9 2 × | 15

1回表、三者凡退し、1回裏、先頭をヒットで出塁させるも三振で1アウト、しかしその後、内野ゴロエラーや打ち損じたゴロを内野安打にし、そこにヒットをからめて4失点。
2回表、1アウトから南が3塁打で出塁するも、後続が凡退。2回裏、継投し、先頭から3連続四球の後、タイムリーで2失点。三振で1アウトを取るが、再び連続四死球で押し出しと3塁打などで合計9失点。
3回表、三者凡退し、3回裏、3人目に継投し、先頭から3連打安打の後、3打者を抑え、2失点に留まる。
4回表、1アウトから戸田がヒットで出塁するも得点に結びつかず、試合終了。

単打:戸田
3塁打:南

春季大会準優勝チームを相手に、試合前から苦しい場面が多いことが予想され、どこまで食い下がることができるかの試合。
チーム課題から継投にて投手経験を積ませることに重点を置いた試合であったが、1回裏、打ち損じの打球2つをアウトにできず、それが4失点にからみ、2回裏は多くの四死球を与えてしまい9失点。
前向きにとらえるならば、今後の試合に向けて課題が浮き彫りになった試合でした。また試合に負けることは面白くないけれど、力のあるチームと試合をすることで力がつくもの、そして苦しい場面を切り抜ける経験で強くなれると思っています。
また頑張ろう!!

【Bチーム】
○2018/4/7(土)12:30~(目白台東面1)第1戦(vs西千タイガース)

モンキーズ 0 1 0 7 | 8
タイガース  4 3 0 2x| 9

最終回の表の攻撃で大逆転しましたが、後一歩及ばす、フラップリーグ第1戦は残念ながら勝利を掴むことは出来ませんでした。
負けはしましたが、まだ野球の試合をほとんどした経験の少ない選手がほとんどの中、応援も含め皆たいへん頑張っていました。
これからも全力プレーで野球を楽しんでいこう!

試合経過
1回表 内野ゴロ3つで三者凡退に終わる。
1回裏 内野安打、内野エラー、死球、各1個に ヒットが2本が絡み4失点であったが、
長打を打たれた後に中継プレーでアウトにするナイスプレー!でチェンジ。
2回表 ホームランが飛び出し1点返す!
2回裏 ホームラン、内野エラー2個、四球が絡み3失点。
3回表 3個の四球があったが牽制で2人アウトになるなどして無得点。
3回裏 三者凡退に抑え無失点。
4回表 8個の四死球にヒット2本が絡み一挙7得点で逆転!
4回裏 ホームラン、四球の後にヒットを打たれ1アウトを取ったものの2失点しサヨナラ負け。

○2018/4/30(月祝)8:30~(池袋中)第2戦(vsキングスワローズ)

スワローズ 1 0 3 | 4
モンキーズ 6 4 x | 10

フラップ第2戦は、見事に勝利を飾ることが出来ました! 全員が出場し、皆が力を出しきれた試合でした。
まだ試合数が少なく、経験が少ないために起こるミスもありますが、試合を重ねてどんどん上手くなっていこう!

試合経過
1回表 ヒット2本を打たれたが、1失点でしのぐ。
1回裏 ヒット1本、内野安打、本塁打、相手エラー2個、四死球2個が絡み6得点!
2回表 内野ゴロと三振2個を奪い、0失点。
2回裏 ヒット2本、四球3個か絡み4得点!
3回表 (投手交代)四球1個にヒット、本塁打で3失点。
3回裏 時間となり途中でゲームセット。

○2018/5/4(金祝)10:00~(西新井橋C面)第3戦(vs菊坂ファイヤーズ)

モンキーズ  4 10 3 | 17
ファイヤーズ 1  0 2 | 3

参加者全員が出場し、見事に勝利を飾ることができました。
ピッチャーを初めてやる選手も多い中、必死に頑張っていました。
次戦も全力プレーで勝とう!

試合経過
1回表 四球1個、内野安打1本、相手エラーなどが絡み4点先取。
1回裏 ヒット1本、四球1個を与えるが、アウト全て三振で奪い1失点でしのぐ。
2回表 四球4個、ヒット2本、本塁打に相手エラーも絡み10得点。
2回裏 (投手交代)三者連続三振で0点に抑える。
3回表 振り逃げ、四球、ヒット1本などで3得点。
3回裏 四球3個9ヒット1本を許すが、三盗を阻止するなどで2失点で防ぎゲームセット。

○2018/5/4(金祝)14:00~(六義園A面)第4戦(vs白山サンデーボーイズ)

モンキーズ 2 2 2 1 | 7
サンデー  2 0 0 2 | 4

午後からの2試合目も、全員参加で見事に勝利することが出来ました。2試合目にも関わらず全員集中出来ていました。
次戦も全力プレーで頑張ろう!

1回表 内野安打、本塁打が飛び出し2点先取。
1回裏 ヒット2にエラーも絡み2失点。
2回表 ヒット2本に相手エラーも絡み2得点。
2回裏 (投手交代)三者凡退に抑え0点に抑える。
3回表 本塁打、相手エラーなどで2得点。
3回裏 三者凡退に抑え0点に抑える。
4回表 内野安打を生かして1得点。
4回裏 先頭打者からヒット、本塁打を浴びたが、後続を断ち2失点に抑え、ゲームセット。

○2018/5/12(土)10:00~(江北橋左岸B面)第5戦(vs文京ファミリーズ)

ファミリーズ 0 0 0 | 0
モンキーズ 10 4 ×| 14

フラップ第5戦を見事に勝利で飾ることが出来ました。
試合に出場した選手もそうでない選手も皆それぞれの役割で頑張っていました。
夏の大会も近づいてきたけど、この調子で頑張ろう!

試合経過
一回表 全て内野ゴロ、三者凡退に抑える。
一回裏 ヒット3本に本塁打、エラーが絡み10得点。規定により攻撃終了。
二回表 ヒット1本許すが、三盗を阻止し0点に抑える。
二回裏 四死球3個、ヒット1本、相手エラーなどで4得点。
三回表(投手交代) 四球を1個与えたが、ショートゴロゲッツーで0点に抑え、規定時間に達しゲームセット。

2018年 駒込大会

◆大会内容(予定)
◇大会期間:2018/8/4~5
◇出場編成:【Aチーム】【Bチーム】
◇試合場所:六義園
◇開会式:8/4(土)9:30~(六義園)
◇閉会式:8/5(日)PM(六義園)
◇大会内容:トーナメント戦

【Aチーム】
○2018/8/4(土)12:40~(六義園B1)1回戦(vsレッドサンズ)

※2回戦:2018/8/5(日)11:00~(六義園A1)茗荷谷クラブと西千タイガースの勝者

【Bチーム】
○2018/8/4(土)11:10~(六義園B3)1回戦(vs文京ファミリーズ)

※2回戦:2018/8/5(日)9:30~(六義園A3)レッドサンズと菊坂ファイヤーズの勝者

2018年 ジャビット大会予選会

◆大会内容(予定)
◇大会期間:2018/6/10~7/16
◇出場編成:【Aチーム】
◇試合場所:六義園、後楽公園
◇開会式:6/3(日)9:30~(六義園)※夏季大会開会式と同時
◇閉会式:7/16(月祝)時間未定(決勝戦の2チームだけ)
◇大会内容:トーナメント戦

※夏季大会敗退したチームから順次、試合日時が確定され、実施される。
 (1回戦相手が夏季大会で勝ち進めば、1回戦の日時が遅くなることもある)

【Aチーム】
○日時未定(場所未定)1回戦(vs茗荷谷クラブ)

※2回戦:豊島ケ丘ラークス

2018年 春季区民大会

◆大会内容(予定)
◇大会期間:2018/4/15~5/3
◇出場編成:【Aチーム】【Bチーム】
◇試合場所:六義園
◇開会式:4/15(日)9:30~(六義園)※雨天中止
◇閉会式:5/3(日)PM(六義園)
◇大会内容:トーナメント戦

<<総評>>
この大会は、子供たちはのびのびとプレイし、ここ1か月の練習の成果を出し、思った以上の守備、打力、走力を見せてくれて、指導にかかわった大人も含め、その内容に充実感を感じる大会だったと思います。夏季大会までわずか1か月しかないですが、ひきつづきのびのびと頑張ろう!!

【Aチーム】
○2018/4/22(日)11:20~(六義園A3)1回戦(vs豊島ケ丘ラークス)

モンキーズ 0 3 0 1 2 | 6
ラークス  0 0 0 0 0 | 0

1回表、2三振の三者凡退をし、1回裏、先頭打者にレフトオーバーの3塁打を打たれ先制失点のピンチに、次打者のサード方向への強烈なヒット性のライナーを南が好捕し、飛び出した走者もアウトにし無失点で切り抜ける。
2回表、先頭から中野のライトライン上に落ちる2塁打、戸田のヒットでノーアウト2,3塁とし、福澤のセンター前ヒットで2点を先制、星野もヒットで続き、相手エラーにより合計3点を先制。2回裏、相手打者の打球はヒット性ながら守備でアウトにし三者凡退。
3回表裏、チャンスらしいチャンスなくお互いに無得点。
4回表、福成の本塁打で1得点、つづく南も三塁打で追加点のチャンスも1得点にとどまる。4回裏、内野ゴローエラーと四球で走者を出し、よくある失点パターンながら、しっかり守備でアウトを取り無失点で切り抜ける。
5回表、先頭青木がヒットで出塁し、2盗のあと、WPで3塁へ進塁と試み、捕手から送球がレフトへ抜け本塁生還。中野は本塁打で、この攻撃で2得点。5回裏、ピッチャーゴロ、三振で2アウトを取ったあと、ライト前へ抜けたと思われた打球をファーストアウトにし、試合終了。
1回戦を勝利することができました。

単打:戸田、福澤、星野、青木
2塁打:中野
3塁打:南
本塁打:中野、福成

1回表三者凡退し、その裏の先制失点をあきらめる場面でビックプレイが飛び出しピンチを切り抜け、2回表、4連打で3点を先制するという試合の流れを引き寄せるには十分な展開。
その後、3回まで一進一退で試合の動きが止るが、4回福成のホームランで中押し、5回にはヒットの青木の好走塁と中野本塁打でダメ押しし、合計6得点。
先発星野は、野手の間に上がったフライ、ヒット性のあたりやいくつもの内野ゴロを軽快にさばく味方の守備に助けられながら、1安打1四球のすばらしい好投で相手打線を無得点に抑えました。後半暑さから少し疲れがみえたもののベンチの声援に応え、最後まで気持ちを切らさない投球ができました。
次の試合、苦しい場面が多く、長くつづくことが予想されるが、今日の試合のように楽しく、そして集中できていれば、いい試合ができると思います。よく頑張りました!!

○2018/4/28(土)14:40~(六義園A3)2回戦(vsレッドサンズA)

レッドサンズA 5 4 1 5 | 15
モンキーズ  0 0 0 0 | 0

1回表、先頭打者から内野ゴロ送球エラーと四球で走者を出し、ピッチャーフライで1アウトを取るも、4番打者の2塁打で2点を先制される。そこからヒット1本に抑えながらも、エラーやワイルドピッチで合計5失点。1回裏、先頭打者が四球を選び、ノーアウトのランナーを出すものの無得点。
2回表、先頭からピッチャーフライ、ヒット、サードフライで走者を出すものの2アウト。しかし、タイムリーヒットとエラー、バントヒットなどで4点を与える。2回裏、三者凡退。
3回表、2本のヒットとエラー1つながら1失点で相手攻撃を抑える。3回裏、2アウトから丸井がヒットで出塁するも得点には結びつかず。
4回表、先頭を四球で歩かせ、5本のヒットで5点を追加され、4回裏の攻撃は三者凡退し、ゲーム終了。0-15で2回戦を敗退する。

単打:丸井

1回表に、緊張から2つのエラーと四球をからめ5失点してしまい、その後もほぼ毎回のエラーと四球で失点を積み重ね、15失点しまいました。
打線は1回裏に2アウト3塁のチャンスが得点できず、1回表裏で試合の流れを決めてしまった印象でした。
なんとか内容のある試合にしたいとベンチの雰囲気を作ったつもりだが、最後までチームの緊張というのか、まだ慣れない暑さのせいか?元気を取り戻すことができず、2アウトからの失点も少なくない試合でした。3アウト目を取る難しさを実感できた試合でした。
この試合は、試合前から苦しい場面が多くなるので、みんなで声を掛け合って、切り替え、乗り越えることを頑張ろうとコンセンサスしたけれど、まるまる1学年上のレッドサンズAの壁はとても高かったようです。
新学年の速い段階から、このような強いチームを相手に試合ができたことをいい経験として夏大会に向けて練習を頑張ろう。

【Bチーム】
○2018/4/21(土)14:00~(後楽公園1)1回戦(vs上動チャイルド)

リトルモンキーズ 4 7 6 | 17
駒込チャイルド  2 0 1 |  3

春季大会一回戦、見事勝利を飾ることが出来ました!おめでとう!
全力プレーを心がけるように、また失敗を恐れずチャレンジ精神を心がけてよく頑張れたと思います。
タッチアップによる得点、子供達の連携のサインプレーによる牽制アウト、さらに盗塁阻止など、随所に光るプレーがありました。
打撃も思い切りの良いスイングで9本打つことが出来ました。
選手全員が出場し、それぞれが力を出し切れたと思います。
次戦も全力プレーを心がけて突破しよう!

試合経過
1回表 四球2個にヒット3本を絡めて4点先制。
1回裏 四球1個に、ヒット3本を打たれたが、三盗を阻止するなどして2失点で抑える。
2回表 四球3個にヒット4本、犠牲フライで7点追加。
2回裏 四球1個に抑えて0点に抑える。
3回表 四球4個にヒット2本などで6点追加。
3回裏 四死球2個、ヒット1本打たれたが、牽制でのアウトを取るなどで1失点で抑え、ゲームセット。

○2018/4/28(土)11:00~(後楽公園1)2回戦(vs文京パワーズA)

パワーズ  1 3 3 0 | 7
モンキーズ 0 0 2 0 | 2

春季大会ニ回戦は、残念ながら勝利を飾ることは出来ませんでした。
ランナーが溜まったところで、いい当たりが内野正面にライナーが飛んでしまったり、不運もありました。内容としてはいつ逆転してもおかしくない、白熱した戦いでした。
また、第一戦に引き続きこの試合でも三盗を二回も阻止し、選手達の連携プレーが光りました。
打撃でも、ファールで粘って四球をもぎ取るなど、粘り強い攻撃が出来ていたと思います。
応援する選手も声を上げて頑張っていました。
これからも全力プレーを心がけて突破しよう!

試合経過
1回表 四球2個に、ヒット2本(内野安打1本)を打たれたが、全てアウトを三振で取り1失点でしのぐ。
1回裏 1死から2塁打が一本でたが、後続が続かず0点。
2回表 ヒット3本、四球2個があったが3盗を阻止し3失点で凌ぐ。
2回裏 1死から四球で出塁したが、三振と内野ゴロで0点。
3回表 (投手交代)四球2個、ヒット2本(内野安打1本)で3失点。
3回裏 3連打などでたたみかけたが、いい当たりがショート正面へのライナーとなりゲッツーになる不運。2得点に終わる。
4回表 内野安打で出たランナーを3盗阻止でアウトにし、他のアウトを三振で取り0点に抑える。
4回裏 四球2個に、内野安打1本で満塁となるが、後続が続かず0点に終わり、ゲームセット。

2018年 サヨナラ大会

◆大会内容(予定)
◇大会期間:2018/3/4~3/18
◇出場編成:【高学年】
◇試合場所:六義園
◇開会式:3/4(日)9:30~(六義園)
◇閉会式:3/18(日)PM(六義園)
◇大会内容:トーナメント戦

【高学年】
○2018/3/10(土)10:00~(六義園B面)2回戦(vs大塚ミスギホープ)

ミスギ   0 0 2 0 0 | 2
モンキーズ 1 0 0 0 0 | 0

1回表、2アウトから四球を1つ出すものの危なげなく無失点で相手攻撃を抑え、その裏、先頭2打者を四球で出し、相手エラーで1点を先制。なおも1アウト満塁の得点チャンスながら、三振とライナーで走者が飛び出しダブルプレイで1得点に留まる。
2回表、先頭打者をエラーで出すも後続を3三振でとり無失点を続けるが、モンキーズの攻撃も三振2つのあっさりした三者凡退。
3回表、先頭を四球で出し、次打者のボテボテゴロを1塁へ悪送球し同点。さらに続く打者にライトオーバーの3塁打を打たれ逆転される。3回裏、1アウトから相手ミスで走者を出すも牽制アウトでチャンスをつぶし、結果無得点。
4回表、相手攻撃を無失点で抑えるが、モンキーズの攻撃も三者凡退。
5回表、先頭打者をセンター前で出し、1アウト後、四球を出し1アウト2,3塁のピンチの場面も後続を抑え無失点。5回裏、先頭がエラーで出塁するが、2つの内野ゴロがフォースアウトされ、走者を得点圏にも送れずに2アウト、その後盗塁と内野安打で一打逆転サヨナラのチャンスを作るが、サードゴロで試合終了。

安打:阿部

全体的に試合前の練習では打撃好調に感じたけれど、相手投手の緩急をつけた投球をとらえることはできず、外野への打球がありませんでした。
また何回かのチャンスを走塁ミスや三振などでつぶし、得点することができず、反対に唯一のエラーで同点とされ、さらにタイムリーを打たれ逆転されてしまいました。
何より1回裏に複数得点できなかったことが、相手チームを落ち着かせ、試合の雰囲気と流れを悪くしてしまい、また6年生たちの試合勘も試合中に戻ることはありませんでした。
これで6年生の公式試合は全て終了。数人の6年生に、5年生不在で4年生を加えて戦った今年の高学年チームは、例年のチームから決して見劣りはしなかったと思います。ポイントポイントではむしろどのチームよりも負けない部分もあったと思います。最後の大会、メダルが欲しかったけれど残念。本当によく頑張ったと思います。お疲れ様。

2018年 オレンジ大会

◆大会内容(予定)
◇大会期間:2018/3/4~
◇出場編成:【3年生以下】
◇試合場所:後楽公園
◇開会式:なし
◇閉会式:入賞チームだけ
◇大会内容:トーナメント戦

○2018/3/4(日)11:00~(後楽公園)1回戦(新曽ボンバーズ(戸田市))

モンキーズ 0 0 3 0 | 3
ボンバーズ 0 4 2 x | 6

残念ながら、オレンジボール大会1回戦は勝利を掴むことは出来ませんでした。

試合経過
1回表 相手エラー、死球でノーアウト2,3塁のチャンスを作るも後続が三者三振で0点。
1回裏 三振2個、外野フライのナイスキャッチがあり0点に抑える。
2回表 三者連続三振で0点。
2回裏 四球球の後にエラーが3個、二塁打を浴び4失点。
3回表 四球、相手エラー、ヒットなどで3点を返す。
3回裏 エラー2個にヒット1本を打たれ2失点。
4回表 三者連続三振で0点。1時間経過しゲームセット。

相手チームのピッチャーは球も速く、当てるのもなかなか難しかったようです。また、相手チームは全員がバットを振りきれているのが印象的でした。このような優れたチームと対戦出来たことは大きな経験を積めたと思います。
負けた悔しさをバネに練習に力を入れていこう!

2018年 オレンジ予選

◆大会内容(予定)
◇大会期間:2018/2/11
◇出場編成:【3年生以下】
◇試合場所:六義園
◇開会式:なし
◇閉会式:なし
◇大会内容:

○2018/2/11(日)10:30~(六義園B)予選試合(vsストロングJr)

ストロング  0 1 0 | 1
モンキーズ 3 3  x | 6

低学年新チームの最初の試合を、全員出場し皆の力で勝利を掴むことが出来ました!

試合経過
1回表 三振を2個、内野ゴロ1個で三者凡退に抑える。
1回裏 四死球を3個選び、ヒット2本を打ち3点先制!
2回表 エラー1個、四球1個などで1点返される。
2回裏 四球6個を選び3点追加。
3回表 三振を2個、投ゴロ1個で三者凡退に抑える。50分が経過しゲームセット。

初めての試合をする選手も多い中、集中して試合に取り組めたかと思います。
これからももっと声を出して元気よくプレーしよう!
※試合後、文京区代表として本大会への出場が決定しました!

2017年 フラップ大会

◆大会内容(予定)
◇大会期間:2017/4~2017年内
◇出場編成:【高学年】【低学年】
◇試合場所:六義園その他
◇開会式:4/1(土)9:00~(六義園)
◇閉会式:未定
◇大会内容:(参加チーム総当たり)リーグ戦

【高学年】
○2017/9/9(土)14:30~(六義園)第1戦(vs茗荷谷クラブ)

モンキーズ 0 0 0 0 0 | 0
茗荷谷   0 0 3 3 1×| 7

相手チームは新人戦高学年優勝メンバーを中心とし、ピッチャーの球は速く、強く早い打球を打つチームでした。
ランニングスコアでは一気に引き離されることありませんでしたが、大会規程により5回裏で試合終了。
出場した4年生には、新人戦高学年優勝チームのレベルを体感するいい機会になったと思います。

○2017/10/9(月祝)8:30~(江北橋左岸D)第2戦(vs菊坂ファイヤーズ)

モンキーズ  3 2 0 0 | 5
ファイヤーズ 0 0 2 5 | 7

1回表、連続四球の押し出しで先制し、中村のセンター前ヒットと丸井の内野安打で合計3点を先制。1回裏、2アウト2,3塁のピンチを無得点で切り抜ける。
2回表、先頭安藤が内野安打、大山ヒットで走者をため、福原の3ベースヒットで2点を追加。2回裏、1回と同様2アウト2,3塁のピンチを無得点で切り抜ける。
3回表、先頭から丸井、戸田の連続ヒットでノーアウト2,3塁のチャンスも走塁ミスと後続が凡退し無得点。3回裏、先頭エラーで出塁させた走者を判断よくサードアウトにするも、四球を出し1アウト2,3塁にし、内野ゴロの間に2走者が返り2点を返される。
4回表、先頭エラー出塁のあと、福原の内野安打で、3回と同じようにノーアウト2,3塁のチャンスも、後続が凡退し無得点。4回裏、先頭をヒットで出すものの、ショートゴロでセカンドフォースアウトで1アウト。しかし四球を出し、2つの内野安打の間に2点を返され1点差。三振で2アウトとなるものの、そこから外野への2連打で逆転され、時間切れでの試合終了。

単打:安藤、大山、福原、中村、丸井(2)、戸田
3塁打:福原

1回の攻撃では下位打線でのタイムリーで、2回の攻撃では上位から中軸打線で得点した場面は見事で、1、2回の守備においても失点の大ピンチを無失点で切り抜けるなど、試合の流れを掴んだと思われた。
しかし3回表にノーアウト2,3塁を得点できず、その裏の守備でミス絡みで失点。4回表もノーアウト2,3塁を得点できず、3点差で1アウトをとり勝ちを意識したのか、なかなかアウトが取れずに1点差まで詰め寄られ、三振で2アウトを取るものの逆転を許してしまいました。
前日の試合に続き、いや前日よりいい試合をしたものの、あと一歩、あと1つのアウト、いやあと1つのストライクで勝利にこぎつけることができませんでした。悔しい思いをして、ミスをしてうまく、強くなるものだと思います。試合を重ねることに、確実に個人の力、チームの力が上がり、いいチームになっています。残りのフラップ大会を頑張ろう。

○2017/11/3(金祝)8:20~(江北橋左岸B)第3戦(vsホワイトユニオンズ)

モンキーズ 0 0 2 0 | 2
ユニオンズ 1 0 6 5 | 12

1回表、三者凡退し、1回裏、先頭2打者を三振に取り2アウトにするが、そこから3連続四死球とヒットで1点を先制される。
2回表、四球とエラーで走者を出し、1アウト1,2塁のチャンスも後続が連続三振し無得点。2回裏、2アウトから2塁打を打たれるが無失点。
3回表、先頭死球、青木がヒットでつなぎ、2つの内野ゴロで2得点し、逆転に成功。3回裏、先頭打者を三振で1アウトを取るものの3塁打と内野ゴロで同点にされ、2アウトから4つの内野ゴロエラーとヒット、四球などで合計6点を奪われる。
4回表、1アウトから中野のヒットと2つの四球で満塁のチャンス。しかし内野ゴロと内野フライで追加点を奪えず。4回裏、先頭打者をエラーで出し、内野安打、四球と続き、三振で1アウトを取るが、連続3塁打などで5点を奪われ大会規程により試合終了。

単打:青木、中野

3回表に逆転し、大事な3回裏で4つの内野ゴロをエラーし逆転を許すどころか6失点し、試合の流れを失いました。
1回裏、3回裏とも2アウトからの失点。始終内野の足の動きは鈍く、3回裏は5個の内野ゴロのうち1個しかアウトにできませんでした。打球は手から追っかけるのではなく足で追いかけえて最後に手!間違ってもいいから、失敗してもいいから打球の正面、落下点に足を使って動くことが最優先である。
バッティングについては、スイングするべきストライクを見極められていたと思うけれど、スイングは鋭いとは言えず、全体的に振り遅れの印象でした。
いつも言っているけれど、野球は切り替えがたいせつなスポーツである。失敗しても、ミスしても切り替える!ま、守備練習しよう!!

○2017/11/3(金祝)13:00~(江北橋右岸B)第4戦(vs西千タイガース)

タイガース 0 2 3 0 1 4 | 10
モンキーズ 2 0 0 0 1 0 | 3

1回表、相手を三者凡退とし、1回裏、先頭四球で出塁し、盗塁とワイルドピッチで3塁まで進み内野ゴロで1点、さらに四球の走者を置いて、五十畑のタイムリーで得点し2点を先制。
2回表、先頭を3塁打とタイムリーヒットで1失点し、さらに内野ゴロで同点に追いつかれる。2回裏を三者凡退し、3回表、先頭打者ヒットの後、四球を出し、タイムリーヒット、スクイズなどで3失点。
3回裏、4回表とお互いに三者凡退し、4回裏、2アウトから中野がセンターへヒットで出塁するが得点に結びつかず。
5回表、2アウト2,3塁のピンチに内野ゴロをエラーし1失点。5回裏、先頭が四球を選び、連続三振で2アウトを取られるも、大山のタイムリーヒットで1得点。
6回表、先頭打者を四球で歩かせ、盗塁で3塁まで進ませ、ワイルドピッチで失点。三振で1アウトのあと2塁打を打たれ、そこから内野ゴロを連続エラーのあと、2塁打を打たれ合計4失点。
6回裏、三者凡退し、試合時間にて試合終了。

単打:大山、五十畑、中野

1回表を三者凡退で抑え、1回裏で2点を先制し、優位に試合を進めると思いきや2回表に追いつかれ、相手ピッチャーが変わると打線に勢いがなくなり、3回表には逆転を許し、そこから試合の流れは相手チームに行ってしまいました。
この日の1試合目よりか、守備では足が動き、エラーの数は半分以下になったけれど、どうも雑な印象で、次のプレイを考えていないと思われる守備がありました。試合中は来た球を取るのではなく、球を呼ぶんだよねえ。ただ黙って待っていても送球は来ない。
1試合目と同様です。練習を頑張ろう!!

○2017/11/4(土)8:00~(目白台)第5戦(vs豊島ケ丘ラークス)

モンキーズ 5 3 0 1 | 9
ラークス  0 0 0 1 | 1

1回表、先頭から5連続四球に、内野ゴロなどで一気5点を先制。2回表、先頭エラーで出塁し、大山、福原の連続ヒットで1点を追加。三振で2アウトになるものの丸井のタイムリーヒットでさらに2得点し、合計3得点。
3回表、先頭から死球、内野安打で出塁するも後続が三振とフライアウトで無得点。4回表、先頭四球で走者を出し、エラーをからめ1点を追加。
投げては、先発大山が相手攻撃の12個のアウトのうち11個を三振でとり、好調でした。

単打:大山、福原、丸井、戸田

主に大山の好投により試合を優位に進め、勝ったゲームでした。
相手攻撃での三振以外で内野外野に飛んだ打球で、アウトにできたものが1つもないのが大きな反省点です。エラーで出た走者はだいたい失点につながり、試合の流れをおかしくするものです。
最終回の失点は四球で出した走者を外野フライエラー、ノーヒットでホームインさせたものです。
2回表の攻撃は3本のヒットを放ち得点できた見事なものでしたが、3回表、4回表と先頭打者を出しておきながら、得点に結び付けられないのはもったいない。まだまだ守備練習を頑張ろう!!

○2017/11/5(日)9:00~(城北中央公園)第6戦(vs駒込チャイルド)

モンキーズ 1 0 2 0 2 0 | 5
チャイルド 1 0 0 1 2 1 | 5

1回表、先頭安藤が内野安打で出塁し、2アウト3塁で、福原のタイムリーヒットで1点を先制。1回裏、2アウト3塁で内野ゴロをエラーし同点に追いつかれる。
2回表裏は、チャンスなくお互いに無得点。
3回表、1アウト2塁で大山、福原の連続タイムリーで2得点。3回裏、4回表とお互いに三者凡退。
4回裏、先頭から四球2つと内野ゴロエラーで満塁にされ、サードゴロのバックホームアウトと三振で2アウト。しかし四球で押し出し1失点。
5回表、先頭四球で出塁し、大山の2塁打で1アウト2,3塁のチャンスに福原のタイムリーで2得点。
5回裏、先頭から2打者を内野安打で出し、1アウトを取るものの、センターへの打ち取ったと思われた打球をヒットにし1失点、さらにスクイズで合計2失点。
6回表、先頭青木がヒットで出塁するも、後続が内野フライとピッチャーゴロで得点に繋がらず。6回裏、3つの内野ゴロエラーで1失点、同点においつかれ試合終了。

単打:安藤(2)、福原(2)、青木
2塁打:大山(2)、福原、五十畑

上位打線が好調で得点を重ねるも、さらなる得点のチャンスでいくつかの走塁のまずさがありチャンスをつぶし、5得点に留まってしまい、守備では多くのエラーをし、3回までは1失点に抑えて頑張りましたが、4回以降のエラーは確実に失点につながってしまいました。その結果、同点の引き分けになってしまいました。
この3日間通して下位打線に元気がないので打撃練習をもっと頑張ろう!振りの強さとタイミングが課題かな。そして、まだまだまだま~だ守備練習を頑張ろう!!

○2017/12/17(土)14:00~(九中)第7戦(vs大塚ミスギホープ)

ミスギ   0 3 0 3 0 | 6
モンキーズ 0 0 2 0 2 | 4

1回は、お互いに無得点でしのぎ合い、2回表、先頭打者に2塁打を打たれ、タイムリーヒットなどで3点を先制される。
3回表、2回と同じように先頭打者に2塁打を打たれ、失点のピンチも後続を抑え無失点で乗り切り、3回裏、先頭が内野ゴロエラーで出塁し、相手ミスによりノーヒットで2点を返し、さらにヒットで出塁した小柴が3塁まで進むものの追加得点に結びつかず。
4回表、先頭打者を四球で出し、次打者の2塁打で1失点、さらに内野安打やパスボールで合計3失点する。
5回裏、先頭戸田がセンター前ヒットで出塁し、ワイルドピッチで積極的に2塁へ進塁を試みるもアウト、小池が四球で出塁し、次打者が三振で2アウトになるものの、出石、大山、五十畑、中野の4連打で2点を返し、2アウト2,3塁で同点の走者を2塁におくチャンスも内野ゴロで3アウト。4-6で試合終了。

単打:大山、五十畑、小柴、出石、戸田
2塁打:中野

先発大山が立ち上がりから始終制球に苦しみ6失点が最少失点と思われ、6年生中心のチーム相手に大差での敗戦を予想したが、接戦をすることができました。
試合前半戦の攻撃では、ボール球に手を出しストライクを積み重ねてしまい思うようなバッティングができませんでしたが、5回裏の攻撃でようやくストライクをスイングできるようになり、4連打し得点をすることができました。
しっかりバットを振っておけばフライでも内野の頭を超すことが実感できたと思います。もっと早い回でこのバッティングができれば結果が変わっていたかも知れません。
センター以外、4年生で構成された内外野もミスなく、しっかりアウトを取ることができていて全体的によかったと思います。ボテボテの当たりに対する俊敏性をトレーニングすれば、もっとアウトが積み上げられると思いました。

○2018/1/7(日)11:00~(戸田橋野球場)第8戦(vsキングスワローズ)

モンキーズ 0 0 0 0 0 | 0
スワローズ 1 0 2 1 4×| 8

1回表、出石、大山がヒットで出塁するも、先制点に結びつかず。1回裏、2アウトから内野ゴロエラーで出した走者が2塁へ盗塁し、2塁への送球が内野、外野と抜けていき1失点。
2回表、ノーアウト1,2塁のチャンスも後続が凡退し無得点。2回裏、エラーで走者を出すものの盗塁阻止などで無失点で切り抜ける。
3回表、出石が内野安打で出塁するも、得点に結びつかず。3回裏、先頭打者に本塁打を打たれ、内野ゴロで出した走者を盗塁で3塁まで進められ、バッテリーエラーでホームインさせ2失点。
4回表、相手ミスにより、2アウト2,3塁のチャンスにも、あと1本が出ず。4回裏、先頭打者に3塁打を打たれ、再びバッテリーミスで1失点。
5回表、1アウト3塁のチャンスも無得点。5回裏、先頭から連続ヒットを打たれ、ワイルドピッチなどで失点を重ね、4失点したところで時間切りでの試合終了。

単打:大山、出石(2)

先発福原は、前半はいいピッチングをしながら、後半、制球に苦しみました。
いくつものチャンスを作りながらも、打ち急いだり、強い打球を打つことができず、得点に結びつけることができず、反対に守備ミスで失点を重ねてしまいました。
そして前日練習したはずの走塁で、アウトになる場面もいくつかあり、チャンスをつぶしてしまうことがありました。
不慣れで広く感じる河川敷グランドのせいか、スイングの振りの鈍さ、走塁ミス、守備ミス、ワイルドピッチでの失点など、あまりいいところのない試合で残念でした。
しかし、この試合は、参加した4年生全員が試合に出場し、守備で何をしていいかわからず寒さに震えていた選手もいたけれど、いい経験ができたと思います。

○2018/1/8(月祝)9:20~(後楽公園)第9戦(vs白山サンデーボーイズ)

モンキーズ 0 0 0 0 | 0
サンデー  1 6 1 × | 8

1回表、先頭から2つの相手ミスで走者を出すもののダブルプレイなどで得点できず。1回裏、内野安打2本で1点を先制される。
2回表、三者凡退。2回裏、先頭ヒットで出し、外野フライエラー、内野ゴロエラーを続け2失点。内野安打、タイムリーヒットなどで6失点。この回の守備は三振でしかアウトを取れず。
3回表、1アウトから星野がヒットで出塁するも後続が凡退。3回裏、先頭からの2連打で1失点。
4回表、先頭大山のヒットと相手ミスで、ノーアウト1,2塁のチャンスながらあと1本が出ずに無得点。大会規程により試合終了となる。

単打:大山、星野

先発、大山は始終いいピッチングをしながら、後半に相手打者とのタイミングが合いはじめ苦しくなりました。
試合が一方的になったのは、2回裏の相手攻撃で、先頭をヒットで出し、ノーアウト1塁の場面で外野フライと内野ゴロが連続エラーになった場面。それが無ければ(「たら・れば」は無いのだけれど)無失点だった可能性が高く、この回に6失点しているけれど野球規則(記録上)ではピッチャーの自責点は0点であり、3アウトすべてを三振でしか取れず、それでは大量失点は致し方ない。
しかし前日の試合の反省点であるスイングの鈍さは解消され、しっかりバットは振れていて、6年生中心の暫定首位チームを相手に、負けていい試合はないかも知れないけれど成長を感じるという意味で、いい試合ができたと思います。。

この2試合、実質5人しかいない6年生のうち、さらに2人の6年生がいない中、頑張ったと思います。4年生にとって、失敗は成長するチャンスだし、練習10打席より試合での1打席、練習のノック10球より試合での打球1つが何よりの経験だと思う。
負けて楽しいは無いかも知れないけれど、全然話にならない試合ではなく、楽しくていい試合が出来たと思います。頑張ろう。

○2018/1/13(土)11:00~(後楽公園)第10戦(vs文京パワーズ)

モンキーズ 0 0 0 0 0 1 | 1
パワーズ  1 0 1 0 2 × | 4

1回裏、相手攻撃の先頭打者から2つのエラーで1失点。
3回裏、2アウトから連続ヒットに、エラーをからめ1失点。
5回裏、これも2アウトから3連打で2失点する。
6回表、先頭小柴がレフト前ヒットで出塁し、盗塁のあと相手エラーで1点を返すもの反撃はそこまでで試合終了。

単打:五十畑、小柴

相手6年生ピッチャーの力強い球に、外野への強い打球を打つことが難しく1得点のみにとどまりましたが、バットは振れていたと思います。しっかりボールを見て、ストライクにスイングできれば、もっとよくなるかな。
守備では大山の好投を中心に、実質上級生チームを相手に4失点にとどめることができ、よかったと思います。ただし下がってミスする場面がいくつかあったので、勇気をもって守備をすれば、もっと失点を少なくすることができたと思いました。

【低学年】
○2017/5/14(日)11:30~(六義園B)第1戦(vs大塚ミスギホープ)

モンキーズ  3 3 0 2 | 8
ミスギホープ 0 2 4 1 | 7

フラップリーグ第1戦を見事勝利で飾ることが出来ました。
1回、2回にヒット3本と2本のホームランなどで6点取り、主導権を取ったかに思えました。が、球際で後もう一踏ん張りが足りなくてヒットにしてしまうなどして同点に追いつかれる展開。しかし、最終回で2本の二塁打などで2点を取り、最後は好プレーもあり見事に1点差で勝ちきりました。
選手達は、勝っても自分のプレーでよくなかったところをミーティングでしっかり振り返ることが出来るようになりました。
これからも、ワンプレーを大切に練習していこう!

○2017/9/10(日)9:20~(六義園)第2戦(vs菊坂ファイヤーズ)

モンキーズ  0 5 2 5 |  12
ファイヤーズ 3 1 0 0 | 4

フラップ2戦目も勝利を飾ることが出来ました!
今回の試合は、日頃応援を頑張っている子供達が中心メンバーとして先発で出場しました。
一人一人がひたむきに頑張り、打席に立てばなんとか出塁しようとボールに食らいつこうとし、出塁すれば一つでも先の塁に行こうという気持ちが感じられました。
これからもっと試合を重ねることになると思いますが、今のひたむきさを忘れずに頑張ろう!

○2017/9/18(日)15時~(六義園B)第3戦(vs文京ファミリーズ)

ファミリーズ 0 0 0 0 | 0
モンキーズ 0 2 2 x |  4

3戦目も見事に勝利を飾ることが出来ました!
第2戦と同様、新しくチームのメンバーになったばかりの子も含め出場し、全員が活躍し掴みとった勝利でした。
ピッチャー陣は三人の継投で、見事完封リレーが出来ました。牽制の練習を試合前にしていた成果が出て、牽制アウトを2つ取れたことが大きな収穫でした。
また、守備陣は一個のエラーもなかったことも0点に抑えることが出来た大きな要因でした。
攻撃では、相手チームのピッチャーはコントロールが良く攻めあぐねましたが、少ないチャンスを積極的な走塁をすることで点を取ることが出来ました。
次戦もこの調子で頑張ろう!

○2017/10/9(月祝)14:30~(西新井橋B)第4戦(vs文京パワーズ)

モンキーズ 2 0 2 2 |  6
パワーズ  5 1 0 0 | 6

序盤に相手チームの強打がさえ、二回終了時に4点差をつけられましたが、一人一人がなんとか一点でもとろうと粘り、引き分けに持ち込むことが出来ました。
守りでは、序盤にエラーは2個ありましたが、回を進む毎に投手陣も含め集中力が増し、3回、4回を無失点で抑えることが出来ました。
この勢いで勝ち進んでいこう!

○2017/12/16(土)9:30~(板橋区立城北野球場)第5戦(vsキングスワローズ)

スワローズ 0 0 3 0 0 3 | 6
モンキーズ 2 0 0 0 0 0 | 2

残念ながら勝利をつかむことは出来ませんでした。
リトモンは一回裏に四球とエラーによる出塁時にヒットが1本出たことにより、2点を先制しましたが、その後はコントロールの良いピッチャーに翻弄され、追加点を奪えませんでした。
対してスワローズは三回の表に四死球でランナーが2人たまったところに本塁打が飛び出し3点とられて逆転を許しました。また五回の表にはエラーで2人のランナーが出たところにヒットを浴びるなどしてさらに3点を取られてしまいました。
敗因としてはボールを待ちきれず、ヒットが2本しか出なかった一方で7個の三振を喫してしまったことが大きかったように感じました。
この試合を糧に次戦は必ず勝とう!

○2017/12/17(日)12:30~(西巣鴨中)第6戦(vs仲町会ブルーストロング(目白スターズ合同))

ブルースターズ 0 0 2 0 | 2
モンキーズ   0 2 1 x | 3

見事勝利を飾ることが出来ました!
リトモンは二回裏にヒットとエラー、さらにバッテリーエラーなどで2点を先制。
その後三回表にヒット、ファーボール、エラーが絡み同点に追いつかれましたが、三回裏ヒットで出たランナーをエラーがらみで1点勝ち越すことが出来ました。
四回表を0点に抑え、1時間が経過したところで試合終了となりました。
今日は体調不良の選手が多く出て日頃試合に出ていないメンバーも多かったですが、選手達の声も大きく出ており、元気良かったのが印象的でした。
次戦も全力プレーで頑張ろう!

○2017/12/24(日)14:00~(西新井橋C面)第7戦(vs茗荷谷クラブ)

茗荷谷   0 7 0 0 | 7
モンキーズ 0 0 2 1 | 3

今年最後の試合でしたが、残念ながら白星をつかむことは出来ませんでした。

試合経過は下記となります。
一回表 内野ゴロ3つに抑え0点に抑える。
一回裏 二死から内野安打一本出たものの、後続が続かず0点。
二回表 先頭打者に二塁打、次打者にヒットなど連打を浴び、ランナーが溜まったところで振り逃げ、四球、外野のエラー等が続き一挙7失点。
二回裏 内野フライ2つなどで3者凡退。
三回表 内野エラーで一死からランナーを出すも0点に抑える。
三回裏 0点に抑えられればコールド負けであったが、四死球がノーアウトから連続してチャンスを作ったところでタイムリー及び相手バッテリーエラーで2点を返す。
四回表 二死から内野エラーでランナーを出すも後続を抑え0点に抑える。
四回裏 一死から内野安打で出塁し、盗塁と相手バッテリーエラーで1点を返すが、後続が続かず、時間切れとなりゲームセット。

負けはしましたが、7点差をつけられても、応援も含めて皆で何とか勝ちに結びつけようというひたむきさを、特に三回裏、四回裏の攻撃に感じことか出来ました。

また来年も元気に頑張ろう!

○2018/1/13(土)9:00~(後楽公園)第8戦(vs豊島ケ丘ラークス)

ラークス   0 0 2 0 | 2
モンキーズ 2 6 0 X | 8

新年最初の試合を見事勝利で飾ることが出来ました!
全員試合に出場し、皆の力で勝利を掴むことが出来ました!

試合経過
1回表 先頭打者にヒットを許すが、牽制で刺し無得点に抑える。
1回裏 四球で出た3人のランナーを相手のエラー、内野ゴロなど返して2点を先制。
2回表 四球を1個与えるも三振を2個取るなとで0点に抑える。
2回裏 四球2個、ヒット4本などで6点を追加する。
3回表 四球1個にエラーが3個絡み、2点を奪われる。
3回裏 相手エラーで1死からランナーを1人出したが、後続が倒れ0点に終わる。
4回表 四球でランナーを1人出したが、内野ゴロ3つをしっかり処理し0点に抑える。
4回表終了時、1時間が経過して試合終了。

この試合が最後で、4年生は低学年を完全に卒業となりました。
4年生は、今までの経験を生かし高学年で活躍することを期待しています。
3年生以下は、今まで以上に練習に楽しみながらも一生懸命に取り組んで少しでも勝利の喜びを味わっていこう!

2017年 学童低学年秋季大会

◆大会内容(予定)
◇大会期間:2017/10/8~11/12
◇出場編成:【低学年】
◇試合場所:後楽公園、六義園
◇開会式:
◇閉会式:
◇大会内容:トーナメント戦

【低学年】
○2017/10/8(日)12:30~(後楽公園)1回戦(vsみどり少年野球クラブ(川崎市麻生区))

みどり少年 0 0 1 | 1
モンキーズ 6 4 x | 10

若獅子大会一回戦を見事勝利で飾ることが出来ました!
投手はファーボールが1つだけ、ヒットも一本しか許さない非常に良い内容でした。また攻撃でも、ランナーが溜まった時にヒットがよく出て、皆たいへん集中して打席に立っていたと思います。
次回もこの調子で頑張っていこう!

○2017/11/12(日)14:00~(後楽公園1)2回戦(vs大六小ハリケーンズ(練馬区))

ハリケーンズ 2 3 1 | 6
モンキーズ  3 3 1x | 7

若獅子大会二回戦も見事勝利で飾ることが出来ました!これでベスト16、おめでとう!
逆転に次ぐ逆転という試合で最後まで目が離せない展開となりました。ボールを見極め、四球をもらい、その後ヒットでランナーを返すという形がとれたことが勝利した要因と思います。反省するところは、毎回アウトが浅い内に四球を出してしまったことが、毎回点を取られてしまった原因なので、次回の試合は特に先頭打者への四球を気をつけていこう!

○11/26(日)9:30(六義園A3)3回戦(vs稲城ブラッキーズ(稲城市))

モンキーズ  0 0 2 0 7 | 9
ブラッキーズ 0 0 0 0 2 | 2

若獅子大会三回戦も見事勝利で飾ることが出来ました!これでベスト8、おめでとう!
お互いにエラーが少ない締まった試合展開となりました。
バッティングは、中盤から相手ピッチャーの球をよく見極め、ヒットを6本打つことが出来た結果9点取ることができました。
守りでは、5回迄という、今まであまり経験していないイニング数ということもあり四球は6個を出しましたが、大事なところでナイン達の好守備があったこと、またヒットを1本しか許さなかったことで2失点に抑えることが出来ました。 また、ベンチの応援含めてよく声が出ていました。
次回の準々決勝も元気よく戦っていこう!

○12/3(日)9:20(後楽公園3)準々決勝(vs品川レインボーズ(品川区))

モンキーズ  0 0 4 0 0 3 | 7
レインボーズ 1 3 0 0 0 2 | 6

若獅子大会準々決勝を、見事勝利で飾ることが出来ました!これでベスト4、おめでとう!
リトモンは一回、二回とヒットが出るも、盗塁失敗があり、結果どちらかの回も三人で終わってしまいました。
かたやレインボーズは一回にヒット1本で1点、さらに二回にはヒット2本にエラー、死球が絡み3点。合計4点を先制されました。
相手のピッチャーの制球力、球威は素晴らしく、この4点はかなり重たく感じましたが、3回に1人1人が球に食らいつき四球を絡めてヒット4本の鮮やかな集中打で同点に追いつきました。
その後は両チームとも後一歩のところで点を奪えず、延長戦に突入。
先攻のリトモンはヒット1本を放ち、3点奪取。
裏の回は押し出しファーボールを2個出し、苦しみながらも、その2点に抑え勝つことができました。
白熱したゲームでベンチからの声援も力強くたいへんたのもしかったです。
次回の準決勝も力を出しきり悔いのない野球をしよう!

○12/10(日)9:30~(後楽公園1)準決勝(vs富士見台ウルフ(川崎市宮前区))

モンキーズ 0 0 0 0 0 | 0
ウルフ    1 1 0 0 x | 2

若獅子大会準決勝は残念ながら0-2で惜敗しました。
リトモンは一回にエラーによる出塁、二回にもヒットにより出塁するも、後続が倒れて得点することは出来ませんでした。
三回は三者凡退、四回はヒット一本出るも、後続が倒れ得点出来ず。五回は皆なんとかバットに当てて塁に出ようという必死さがありましたが、残念ながら三者凡退で得点できず、結果0点に抑えられました。
対してウルフは一回に2本のヒットで1点、二回にも2本のヒットで1点を奪われました。
三回は四死球3つあり満塁のピンチがありましたが、ファインプレーで凌ぎ、四回もヒット一本打たれるも見事に抑えました。
リトモンの守備はエラー0とたいへんしっかりしており、引き締まった試合となりました。
点差が少なく、常に緊迫感があることもあり、ベンチからの声援もいつもより大きな声が出ていました。
負けたとは言え、若獅子杯でベスト4という成績はたいへん素晴らしいことだと思います。
また次のステージに向け前を向いて頑張ろう!

プロフィール

Little Monkeys

Author:Little Monkeys
東京都文京区で活動する
軟式少年野球チームのリトルモンキーズです。
随時、新規メンバーを募集しています。まず体験参加からどうぞ(月間予定表をご確認いただき、見学・練習体験に来てください!)。
チーム紹介・指導方針
入会案内ページはこちら!
事前の質問等は以下のメールフォームよりご連絡ください。

練習試合のお申込みも随時受け付けています。
ご連絡よろしくお願いします。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Copyright © Little Monkeys