2009年本富士大会

大会期間:2009/9/21(月祝)~10/12(月祝)(予定)
出場編成:高学年
開会式:なし
閉会式:2009/10/12(土)13:30~(後楽公園)
試合場所:後楽公園
結果・成績:3勝3敗2分

【更新履歴】
※2009/9/25:大会期間(予定)が、~10/12(月祝)になり、レッドサンズ戦が10/11(日)に変更
※2009/10/5:10/10(土)菊坂ファイヤーズ戦9:00~が13:30~に変更

2009/9/21(月祝) 12:00~(後楽公園)本富士大会第1戦(vs駒込チャイルド)△1-1
2009/9/22(火祝) 9:00~(後楽公園)本富士大会第2戦(vs上動ファイターズ)☆4-3
2009/9/23(水祝) 13:30~(後楽公園)本富士大会第3戦(vs西千タイガース)☆7-1
2009/9/26(土) 13:30~(後楽公園)本富士大会第4戦(vsストロングジュニア)★3-7
2009/10/3(土) 13:30~(後楽公園)本富士大会第5戦(vs文京ファミリーズ)☆13-3
2009/10/10(土) 13:30~(後楽公園)本富士大会第6戦(vs菊坂ファイヤーズ)★5-6
2009/10/11(日) 13:30~(後楽公園)本富士大会第7戦(vsレッドサンズ)★0-7
2009/10/12(月祝) 12:00~(後楽公園)本富士大会第8戦(vs礫川)△1-1

●10/12(月祝)12:00~(後楽公園)vs礫川 △1-1
モンキーズ 0 0 0 0 0 0 1 | 1
礫川     0 0 0 0 0 1 0 | 1


3位入賞をかけた最終戦。1回表、リトモンの攻撃は3三振での三者凡退。その裏、ヒットで走者を一人出すも、負けじと相手攻撃を4人で終了させる。
2回表、内野ゴロエラーで出塁し、無死2塁の先制のチャンスをものにできず。お互いに5回まで先制のチャンスを作るも先制できず、リトモン守備は相手走者をスコアリングにすすめながらの集中力の高い守備を見せ、先発石井も見方攻撃の援護まで踏ん張りの投球。
6回表、1死から泉野、田島の連続ヒットで、1死1,2塁とし、絶好の先制のチャンスであったが、後続にタイムリーが出ず、無得点。
6回裏、2死から内野安打で出塁した走者が2盗し、2死2塁。5番打者が打席中に、その2塁走者が大きく飛び出したのを見て、2-3塁間にはさむと思われたが、2塁から3塁への送球がワンバウンドになり、ゲーム終盤での先制を許す。
7回表、3位入賞するためには、勝利しかない最後の攻撃で、先頭菊川が相手失策、輿石が内野安打、逆転の走者を出し、無死1,2塁。ここで後続2打者がKで倒れ、2死1,2塁となるが、9番中島が四球を選び、1番泉野へつなぎ、レフト前タイムリーを放ち同点にするも惜しくもここまで。7回裏は、難なく三者凡退で、引き分けでのゲーム終了。
ここで自力での入賞はなくなり、直後の礫川の最終戦で、礫川が勝利し、惜しくも入賞を逃す。

単打:泉野、田島、菊川、輿石
2塁打:泉野

先発石井は、相手打線を3安打1失点に抑える好投。6回、7回の攻撃で、わずかあと1本出ていれば。ああいう場面で、打席に立った場合、自分が一番厳しい立場や気持になったと思うけど、相手投手や守備も同じように厳しいのだよ。普通の内野ゴロが案外エラーになったりするんだから。
そのような場面は、経験が重要になると思うけど、何より自分自身の気持の強さが基礎になるからね。『絶対打ってやる!』って、思うんだよ。どうだったかな?
自分たちの力で、メダルを引き寄せ、ものにする良い機会だったけど、もう少しだったね。前戦と同様に、非常に気持に入っていた良い試合だった。グランドに立っている選手、ベンチで声を出している選手、全員がかっこよかったよ。できればずっとその姿を見せて欲しい。

●10/11(日)13:30~(後楽公園)vsレッドサンズ ★0-7
モンキーズ 0 0 0 0 | 0
レッドサンズ 0 1 3 3 | 7


1回表、先頭泉野がヒットで出塁し、相手失策を絡め2死満塁の先制のチャンスもあと1本が出ず、無得点。1回裏、先頭打者を四球で出し、2盗と牽制エラーにより、1死3塁のピンチで、相手スクイズをウエストボールで阻止し、無失点。
2回表、相手失策と輿石の2塁打により、無死2,3塁とするも、後続が連続三振、四球により、2死満塁とするも、タイムリーが出ず、惜しくも先制ならず。2回裏、先頭打者の四球、2塁打により、無死2,3塁とされ、1死のあと、サードゴロの間に1点を先制される。さらにレフト前ヒットを打たれ、2失点目かと思われたが、レフト辻の1塁への好送球でレフトゴロにとり、1失点のみで切り抜ける。
3回表、好守備のあと、流れを持ってこれるかの攻撃で、粘ったすえにヒット性の当たりながら相手ショートの好守備で三者凡退。
3回裏、先頭打者のセンターヒット性のあたりを田島が好捕するも、惜しくも一塁への送球が逸れ、無死2塁とし、1死を取るも、ワイルドピッチで1死3塁とし、相手スクイズ。このスクイズがあまり転がらず、捕手輿石が処理しかなく2失点目、打者走者も1塁への悪送球でアウトにできず。その後センター前を打たれ、1死2,3塁とピンチが続き、次打者のサードゴロで二塁走者を刺し2死とするも、三塁走者が還り3失点目。続けてライトフェンスへのヒットで、4失点目の走者をバックホームするも間に合わず。
4回表のリトモンの攻撃は三者凡退し、4回裏、2死まで内野ゴロで簡単にとるも、打順が1番の戻り、2塁打、四球、ダブルスチールで2死2,3塁とされ、左中間タイムリーと2塁打を打たれ、試合規定の4回7点差のコールドゲーム。

単打:泉野
2塁打:輿石

今回の試合の選手たちの気持、集中力は素晴らしいものだった。特に2回裏の2失点目を阻止するレフト辻のレフトゴロアウトは、その象徴たるプレイである。できれば1回表、2回表での先制のチャンスをものにして、先に相手にプレッシャーをかけたかった。
結果こそ、4回0-7でのコールド負けであり、その差は、特に走塁(盗塁)の速さと上手さ、(球場の形状に影響されたが)打線のパワーであり、それ以外は互角に戦った試合だった。
試合内容としては、今期1番と言えるほどのものであり、選手たちは、この試合での気持や取り組み姿勢を忘れないでほしい。負けても、やるべきことはやったという満足感あるいは達成感が残るでしょ?こういう試合をしていれば、近いうちに良い結果が得られると思うよ。


●10/10(土)12:30~(後楽公園)vs菊坂ファイヤーズ ☆5-6
ファイヤーズ 3 0 1 1 1 | 6
モンキーズ 2 0 1 0 2 | 5


1回表、ショート内野安打、レフト2塁打で先制点を許したあと、内野フライエラーにより、合計3失点。ミスによる余計な失点。
1回裏、小林のタイムリーで2得点し、さらに同点のチャンスながら、後続3打者が凡退し、同点にできず。
以降、3回表、本塁打で1失点、4回表、エラーにて1失点、5回表も四球で出した走者をワイルドピッチで1失点、与える必要のない失点を積み重ねる。
2回以降の打撃では、3回裏、先頭が四球で出るも牽制死、その後1死満塁のチャンスも1得点のみ、最終回の攻撃は、相手エラーにて1死満塁のチャンスを作り、1点差まで追い上げるも、追いつけず敗戦。

単打:小林、石井、亀山
※小林が6試合連続ヒット

6失点のうち、守備ミスにより与える必要のない失点は4失点。それを考えれば、5-2で勝つゲーム。再三の守備陣のエラーに動じない石井の投球と、1回裏の小林のタイムリー以外は、全くいいところがないゲーム。
失点をしていけない場面では、失点をしないように集中し、努力し、精一杯やる!状況に応じた守備や走塁をすること!チャンスでは積極的に打ちにいくこと!勝負どころをきちんと理解し、集中すること!
本当に残念な結果です。楽しく野球をやることと、いい加減に野球をやることは違うよ。野球というスポーツは、状況を捉え、判断をするスポーツだよ。昨日や今日に始めた遊びの野球なの?
君たち次第ですからね。それとも悔しいとも思っていないのかな?どうなの?

●10/4(土)14:00~(後楽公園)vs文京ファミリーズ ☆13-3
ファミリーズ 0 0 3 | 3
モンキーズ 2 7 4×| 13


1回表、空模様がはっきりしないせいか、先発石井は、無失点ながら先頭2打者を四球で出塁させるピリッとしない立ち上がり。
1回裏、泉野、田島、小林が四球を選び、相手失策を絡め、無安打ながら2得点。2回表、三者凡退させ2回裏、先頭代打稲田が三振で1死後、中島が2塁打、泉野、田島の四球のあと、小林、山崎のタイムリー等で、7得点を追加し、9-0とする。
三回表、相手攻撃は、先頭2打者をライトへのヒットで出し、その後、ワイドピッチ、四球押し出し、走者位置を勘違いしたプレイ等により3失点。
3回裏、リトモンも先頭2打者が四球を選び、相手失策と石井のタイムリーで4点を追加し、コールドゲームで勝利する。
相手投手は、制球にやや苦しむも、集中力を切らさない、懸命な投球は立派でした。

単打:小林、石井、山崎
2塁打:中島
※小林が5試合連続ヒット

初回の攻撃、追加点のチャンスでまたしても3塁走者が刺されたり、走者位置を勘違いしたプレイをしたり、四球を連発したり、どうにも集中力に欠けるプレイが目立ち、勝ったとはいえ、後味の悪いゲーム。最終回のライトへの2つの打球は、もう少し勇気を出せば取れたと思われる。
残り3試合は、いずれも強豪チーム、この2試合の内容ではとても勝利は望めない。残り少ない大会を、是非とも悔いのない戦いをしよう。

●9/26(土)13:30~(後楽公園)vsストロングJr ★3-7
ストロング 6 1 0 0  | 7
モンキーズ 2 0 1 0  | 3


初回の相手攻撃で、3つのエラーとフィルダースチョイスにより、わずか2安打ながら6失点。
1回裏、小林のタイムリー等で2点を返し、さらにスコアリングに走者をおく追加点のチャンスも三振とフライで走者を進めることすらできず、2点止まり。
2回表、スコアリングに相手走者を置き、ワイルドピッチでさらに1失点。
2回裏、5点差の場面で、ノーアウト満塁のチャンスを作るも、三塁捕手牽制で2人の走者が刺され、自ら追撃のチャンスをつぶし、なんと無得点。
3回以降は、選手交代や守備位置の変更もあり、ようやく守備のどたばたがおさまり、相手攻撃を無失点。
3回表の攻撃、先頭菊川から4連続ヒットで1点返すが、後続が続かず、わずか1点。最終回攻撃は三者凡退でゲームセット

単打:泉野、小林、菊川、辻、亀山、輿石
2塁打:泉野
※小林が4試合連続ヒット、泉野がマルチヒットを記録。

初回、しかも1回表で決まったゲーム。守備では再三のミスで相手に得点を与え、反撃のチャンスでは走塁ミス、三振等によりチャンスをつぶし、対戦相手というよりも、自分たち自身に負けた試合。
ミスはあるけど、今回の試合のミスはどうなの?同じようなミスを繰り返すのはどうなの?
今回のように、大きな得点差で負けているゲームは、塁を貯めて、1点づつ確実に返すものだよ。『ランナー大事にいくぞ!』の意味が理解できなかったかな。
本富士大会は半分を終了。残り半分は、どうか必死にがんばってください。絶対に勝てとは言わないけど、必死なプレイを期待する。

●9/23(水祝)13:30~(後楽公園)vs西千タイガース ☆7-1
モンキーズ  4 0 2 2 0 0 | 7
タイガース 1 0 0 0 0 0 | 1


1回表の攻撃、1番泉野が四球、2番田島が内野安打で無死2,3塁、小林の内野ゴロで1点、石井のタイムリーなどで3点を先制。1回裏の相手攻撃、2死からの2塁打の後、打ち取ったと思われる内野ゴロがセーフになり1失点。
3回表、小林の内野安打、石井四球のあと、菊川のタイムリーで2点の中押し点、4回表、泉野センター前、田島の四球のあと、石井のタイムリーで2点のダメ押し点で、得点差を6点とし、ゲームの主導権を握る。
2回以降、先発石井は連戦の疲れか、スコアリングに走者を進める再三のピンチにも踏ん張りを見せる投球で、内外野守備陣の好プレイにも助けられ、失点を許さない守備を展開し、初回の1失点以降は追加点を許さない。中でも5回1死三塁でのレフトフライをレフト辻が、タッチアップダブルプレイするファインプレイ!6回を7-1で勝利する。

単打:泉野、田島、小林、石井(2)、菊川
※小林が3試合連続ヒット、石井がマルチヒットを記録。

連戦の疲れで、各選手とも集中力を欠く守備、打撃がところどころで見られたが、追加点を取りにいく場面での好走塁と、ピンチの場面での守備の踏ん張りで、どうにかゲームの流れを維持し、勝利をすることができた。
今回のゲームは、上位から中軸打線までに元気があり得点を重ねたが、中軸から下位打線に元気がなく、3~4人で攻撃を終了する回もあった。簡単な攻撃終了はゲームの流れを相手に取り返される可能性があるので、気をつけないといけないよ。
この3連戦を負けなしで切り抜けたことは大きな成果だと言える。次からも1試合1試合、集中力を高め、良い結果が得られるようにがんばろう。

●9/22(火祝)9:00~(後楽公園)vs上動ファイターズ ☆4-3
ファイターズ  0 0 3 0 0 | 3
モンキーズ 4 0 0 0 × | 4


1回表の相手攻撃、2死1,2塁のピンチをしのぎ、1回裏リトモンの攻撃、泉野、田島の連続四死球、小林のセンター前で無死満塁。これを菊川、柳沢のタイムリーで4点を先制。
先発石井は、昨日に引きつづき、安定感のある立ち上がりながら、3回表に先頭打者を四球で出すと、2塁打と本塁打を浴び3失点、なおも1死3塁の同点のピンチながら、後続を取り、1点のリードを維持する。やはり四死球は失点のきっかけになる可能性が大きいよ。
3回裏以降は、投手戦で1点差のリードのまま、5回表、最終回の相手攻撃は3番打者から。石井の気持ちが上回ったか、打者が気負ったか、みごとに3、4番を打ち取り、最後はライトゴロでゲームセット。1点差の接戦を勝利する。

単打:小林、菊川、柳沢、泉野
※小林は、2試合連続ヒットを記録。

昨日に引き続き、先発石井の安定感が勝利の大きな要因。3回表にゲームの流れを変えられてしまうピンチがあったけど、集中力を維持し、よく凌ぎきった。
また初回の攻撃では、1,2番が出塁したことが、その後のタイムリーを呼んだとも言えるので、どんな形でも各回の先頭打者の出塁は勝敗に大きな影響力があるよね。打線の勢いが違ってくるよね。
今回の大会は、活躍をしている選手は、いい顔をしている。顔つきが全然違うよ。思うように結果がでていないと思う選手は、顔つきを意識してごらん。必ず活躍できるよ。
チームとしても非常にいい雰囲気が出来ているので、今後の対戦もがんばろう。

●9/21(月祝)12:00~(後楽公園)vs駒込チャイルド △1-1
チャイルド  0 0 0 0 1 0 | 1
モンキーズ 0 0 0 0 1 0 | 1


4回まで相手攻撃で、スコアリングに走者を置きつつも、先発石井と捕手輿石も含めた内野陣の守備の集中力は乱れず、再三の先制点のピンチをしのぎ(特に4回表のセカンドゴロ⇒ホームブロックアウト、キャッチャーフライ(スクイズ)⇒ダブルプレイは見事!)、リトモンの攻撃も、無死または1死からの走者を出し、再三の先制点のチャンスも得点できず、4回まで0-0の凌ぎ合い。
5回表、消極的な守備から先制点を奪われ、さらに追加点のピンチも1失点のみでしのぎ、5回裏1死2塁から田島のタイムリーで泉野が返り、すぐさま同点においつく。
最終回6回、相手攻撃を三者凡退で抑え、1死2,3塁のサヨナラのチャンスも、後続が凡退し、引き分けでのゲームセットとなる。

単打:田島、小林(2)、亀山(2)
※小林、亀山がマルチヒット、田島が貴重な同点タイムリーを記録。

今日の試合では、先発石井の集中力は大変よく、今後の本富士大会に期待ができる内容と出来であった。
しかし、守備では気の抜けていると思われるプレイがあり、そこから失点をし、攻撃では勝ち越し、サヨナラのチャンスをものにできず、悔やまれる場面がいくつかあった。
打線は中軸から下位打線に勢いがあったが、上位打線には元気がなく、次の試合での奮起を期待する。
打撃も守備も『失敗を恐れず全力プレイ!』だよ。君たちのゲームを通しての全力プレイが見てみたい。よろしくね。

2009/10活動予定

・本富士大会:9/21~10/12
・三区親善大会:10/25~

【更新履歴】
※2009/9/25:大会期間(予定)が、~10/12(月祝)になり、レッドサンズ戦が10/11(日)に変更
※2009/10/1:三区親善大会予定追記
※2009/10/5:九中練習日変更(10/17→10/31)
※2009/10/5:10/10(土)高学年練習試合の予定を追加
※2009/10/13:三区親善大会予定変更(11/1(日)開会式~11/15(日)予定)
※2009/10/16:10/18、10/25練習試合予定追加

10/3(土)
高学年:8:00~12:00(神明)練習/13:30~(後楽公園)本富士大会第5戦(vs文京ファミリーズ)
低学年:8:00~12:00(神明)練習
10/4(日)
高学年:8:00~12:00(神明)練習
低学年:8:00~12:00(神明)練習
◆昭和小:運動会

10/10(土)
高学年:8:00~(小石川)練習試合(vs世田谷のチーム)/13:30~(後楽公園)本富士大会第6戦(vs菊坂ファイヤーズ)
低学年:8:00~12:00(神明)練習
10/11(日)
高学年:8:00~12:00(神明)練習/13:30~(後楽公園)本富士大会第7戦(vsレッドサンズ)
低学年:8:00~12:00(神明)練習
10/12(月祝)
高学年:8:00~10:00(神明)練習/12:00~(後楽公園)本富士大会第8戦(vs礫川)/13:30~(後楽公園)本富士大会閉会式
低学年:8:00~12:00(神明)練習

10/17(土)
高学年:8:00~12:00(神明)練習
低学年:8:00~12:00(神明)練習
10/18(日)
高学年:9:00~11:00(王子中央公園)練習(F)
低学年:9:00~11:00(後楽公園)練習試合(vs西千タイガース)

10/24(土)
高学年:8:00~12:00(神明)練習
低学年:8:00~12:00(神明)練習
10/25(日)
高学年:8:00~12:00(神明)練習
低学年:8:00~12:00(神明)練習
◆5年以下:時間未定(東大野球場)練習試合(vs西千タイガース)
◆千駄木小:音楽会保護者鑑賞日

10/31(土)
高学年:13:00~17:00(九中)練習
低学年:13:00~17:00(九中)練習
◆昭和小:公開授業

プロフィール

Little Monkeys

Author:Little Monkeys
東京都文京区で活動する
軟式少年野球チームのリトルモンキーズです。
随時、新規メンバーを募集しています。まず体験参加からどうぞ(月間予定表をご確認いただき、見学・練習体験に来てください!)。
チーム紹介・指導方針
入会案内ページはこちら!
事前の質問等は以下のメールフォームよりご連絡ください。

練習試合のお申込みも随時受け付けています。
ご連絡よろしくお願いします。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Copyright © Little Monkeys