2010/6活動予定

・夏季大会:6/13~

[更新履歴]
5/24更新:夏季大会予定記入(変更)、6/6練習試合追加

6/5(土)
高学年:13:00~17:00(九中)練習
低学年:13:00~17:00(九中)練習
6/6(日)
高学年:8:00~10:30(神明)/10:45~12:45(駒本小)練習/15:00~17:00(後楽公園)練習試合(vs菊坂ファイヤーズ)
低学年:9:00~11:00(後楽公園)練習試合(vs菊坂ファイヤーズB)

6/12(土)
高学年:9:00~11:00(後楽公園)練習/13:00~15:00(後楽公園)練習
低学年:9:00~11:00(後楽公園)練習/13:00~15:00(後楽公園)練習
6/13(日)
高学年:8:00~11:00(神明)練習/9:20~(六義園)夏季大会開会式/12:00~(六義園)夏季大会1回戦(vs上動ファイターズB)
低学年:9:20~(六義園)夏季大会開会式/10:45~12:45(駒本小学校)練習

6/19(土)
高学年:8:00~12:00(神明)練習
低学年:8:00~12:00(神明)練習
6/20(日)
高学年:8:00~12:00(神明)練習
低学年:8:00~10:30(神明)練習/10:45~12:45(駒本小学校)練習

6/26(土)
高学年:8:00~10:30(神明)練習/11:20~(六義園)夏季大会2回戦(vs豊島ヶ丘ラークス)
低学年:8:00~9:00(神明)練習/11:00~(後楽公園)夏季大会1回戦(vs豊島ヶ丘ラークスB)
6/27(日)
高学年:8:00~12:00(神明)練習(/10:45~12:45(駒本小学校)練習※低学年の1回戦結果次第)
低学年:8:00~10:30(神明)練習/10:45~12:45(駒本小学校)練習(9:30~(後楽公園)夏季大会2回戦予定(vs未定))

※7/10(土)12:20~(小石川)ジャビットカップ区予選1回戦(vsストロングJr)
※7/11(日)15:00~(六義園)夏季大会閉会式
※7/18(日)11:20~(六義園)ジャビットカップ区予選2回戦予定(vs大塚ミスギホープ)

2010/5活動予定

・区民大会:GW中期間中
・三区親善大会:5/8~

[更新履歴]
・4/19更新:5/9,5/22,5/30(後楽公園)追加・変更
・4/27更新:5/1~5/5予定変更
・5/17更新:5/29(土)練習グランド変更(九中運動会のため)
・5/18更新:毎週日曜日の低学年練習は、基本、駒本小で駒込チャイルド合同練習
・5/24更新:5/30後楽公園時間変更

5/1(土)
高学年:13:00~17:00(九中)練習
低学年:13:00~17:00(九中)練習
5/2(日)
高学年:お休み
低学年:お休み
5/3(月祝)
高学年:10:00~14:00(江北橋左岸グランド)練習
低学年:10:00~14:00(江北橋左岸グランド)練習
5/4(火祝)
高学年:8:00~12:00(神明)練習/区民大会閉会式(六義園)
低学年:8:00~12:00(神明)練習
5/5(水祝)
高学年:お休み
低学年:お休み

5/8(土)
高学年:7:30~(小石川運動場)三区親善大会開会式/12:30~(小石川運動場)三区親善大会1回戦(vs上野クラブ)
低学年:お休み
5/9(日)
高学年:9:00~11:00(後楽公園)練習/~12:45(駒本小)練習/13:30~(文林中)練習試合(vs上動ファイターズ)
低学年:9:00~11:00(後楽公園)練習/~12:45(駒本小)練習

5/15(土)
高学年:8:00~12:00(神明)練習
低学年:8:00~12:00(神明)練習
5/16(日)
高学年:8:00~12:00(神明)練習
低学年:8:00~10:30(神明)練習/10:45~12:45(駒本小)練習

5/22(土)
高学年:8:00~10:00(神明)練習/11:00~13:00(後楽公園)練習
低学年:8:00~12:00(神明)練習
5/23(日)
高学年:8:00~12:00(神明)練習
低学年:8:00~10:30(神明)練習/10:45~12:45(駒本小)練習

5/29(土)
高学年:8:00~12:00(神明)練習
低学年:8:00~12:00(神明)練習
5/30(日)
高学年:9:00~11:00(後楽公園)練習試合(vs文京パワーズB)
低学年:8:00~10:30(神明)練習/10:45~12:45(駒本小)練習

スポーツと食事

これから暑い季節になりますが、野球活動中の水分補給については先日掲載しましたが、当日の適切な水分補給だけでは、ベストパフォーマンスが得られるかというと、そういうものではないことはご存知のことだと思います。
強くなる(上手くなる)ためには、練習メニューや、練習への取り組みが、直接的な大きな要素であることは間違いないと思いますが、気候に左右されず、筋力・持久力・集中力、そしてコンディション維持と、すべてに渡り高いレベルを求めるとしたら、毎日の食事がとても大切になると思います。
体格の大小や成長スピードは、それぞれの子供により異なると思いますが、体の大きさに関係なく、スポーツをするうえでは、強い体作りが土台(基礎)になり、そのうえで、実際の練習、活動中の水分補給ということになると思います。食事は、まさに家作りの基礎工事、屋台骨作りになると思います。ここでいう体とは筋力だけに限定するものではありません。

トップアスリートの食事は、管理栄養士が管理するなど、スポーツをする人たちにとって、食事の重要性は言うまでもない常識となりつつあります。
その食事というのも、試合前の数日前や当日だけではなく、毎日の食事ということになります。(毎日の食事のうえで、大会スケジュールにより細かく・・・という食事もあると思いますが、プロではないので、そこまでは・・・)
では、何を食べればいいのか。専門家でない私たちが適切な食事(栄養摂取)をすることや、プロスポーツ選手のようにストイックに取り組むことは難しいと思いますので、今までの知識を再確認することにしたいと思います。

摂取する栄養(カロリー)は、【基礎代謝分+日常生活分+成長分+スポーツに必要な分】と考えることができ、スポーツをしている子供には、スポーツに必要な分が、プラスアルファになると思われます。
9~11歳の子供でも、その父母と同程度のカロリー摂取が必要と言われます。とはいうものの、大人と同様のメニューでの食事(高カロリー、高脂質等)というわけでありません。

学校給食で、食品が色分けされているグループ分けがあります。エネルギーになるものが黄、体づくりの材料になるものが赤、体の調子を整えるものが緑のグループに分けられています。
●黄のグループは、穀物、すなわちご飯やパン、麺類(炭水化物=エネルギー源)
●赤は、肉、魚、卵、大豆から作られた食品(たんぱく質=体(血液、筋肉)を作るもの)
●緑は、野菜、海藻、きのこなど(ビタミン、ミネラル=体の調子を整えるもの)
3つのグループから、それぞれ選んで食べると、栄養素をバランスよく摂取できるといわれます。同じ色のグループの食品ばかり食べていると栄養素のバランスが悪くなります。
これに加え、食後あるいは間食として果物を食べ、乳製品を摂るとさらに良くなります。乳製品は日本人に不足しやすいカルシウムをとることができます。

『暑い季節に、1試合あるいは2試合の集中力(気力)、持久力、筋力を維持できる体を作る』ことが目的であり、これだけでは、もちろん野球は上手くなりませんが、上手くなるため、つよくなるためのベースになります。

基本バランスよく食事をすることが大切ですが、仮に大切な試合当日の直前、直後の食事をどうするか・・・

・試合前:エネルギー源となり、消化によいものを摂取する(要するに黄のグループが主体)。試合中は筋肉に血液が必要になるので、それまでに消化吸収しておくことが大切です。朝早い試合の場合、バナナは消化がよく、エネルギーになるのが早いようです。試合の2時間以上前なら、大体のものは消化吸収されるようですので、普通のバランスのよい食事でいいようです。ゲン担ぎでのカツ(油もの)は避けたほうが懸命のようです。
・試合後:スポーツ後は、バランスの良い食事をし、すみやかに体のダメージを回復する必要があります。運動により消費された糖分を摂取し、運動による筋肉疲労(損傷)回復のために、たんぱく質の摂取が大切になるようです。

スポーツをする子どもたちの食事におけるコーチは、お父さん、お母さんです。
食事は、毎日できる(する)練習メニューで、毎日の食事をきちんとしているという自覚が子供たちにあれば、少なからず、それも試合のときに心理的に良いほうに作用するのではないかと思います。

2010年 三区親善大会(文京・台東・中央)

◆大会内容(予定)
大会期間:2010/5/8(土)~
出場編成:高学年
試合場所:小石川運動場
開会式:5/8(土)7:30~(小石川運動場)
開会式:5/16(日)(入賞チームのみ)
結果・成績:
※大会期間、試合日程は期間中の天候により、試合開始時刻は当日の試合進行状況により、変更になる可能性があります。

●1回戦:5/8(土)12:30~(vs上野クラブ)at小石川運動場

モンキーズ 2 2 0  1 | 5
上野クラブ 4 0 9 × | 13

初回2点を先制するも、その裏にエラー出塁⇒タイムリー、エラー出塁⇒タイムリーを2回繰り返して、ミスからの失点で逆転される。
2回表、泉野の2ランで追いつくも、3回裏、またしてもエラーからのタイムリーで失点し、そのままズルズルと9失点し、ミスで試合の勝敗をほぼ決定づけ、そのまま4回コールドゲームで敗戦。

単打:田所
2塁打:山崎
本塁打:泉野

第一の反省点は守備。記録上6エラー(実質8~9つ)。1回裏、3回裏の相手攻撃は、エラーがなければ、ともに無失点のはず。エラーはあると思うけど、エラーの仕方が問題なんだよ。前に出られなかったり、正面で取らなかったり、状況判断を間違ったり、雑にプレイした結果のエラーは、その時点で相手に負けを認めている行為に等しいと思うんだよ。練習のノックの時みたいに、投球ごと、毎回、自分のところに打球が来るんだ!と覚悟し、打球が来たら正面に入りなよ。
そして攻撃。チャンスの打席でストライクを振りに行かなかったり、走塁ミスをしたりと、これまたチグハグとした攻撃。
勝てるチャンスがあった試合だけに、悔しい結果でした。

水分補給について

水分補給について

インターネットで調べることはできますが、これから暑い季節になりますので、水分補給についてお話します。
『のどが渇いた』と自覚した時点で、すでに体の脱水状態は始まっており、運動機能(パフォーマンス)は、低下し始めています。のどの渇きを自覚する前に、水分補給することが大切です。
水分補給することで、血液の流れがスムーズになり、汗をかき、体温を調整することが可能になり、正常な運動機能が維持されます。

<<水分補給の目安>>

●運動開始前:250mlを数回に分けて
●運動中(20分前後ごと):200ml程度(コップ一杯程度)
●運動後:250mlを数回に分けて
※一度に大量に飲むと胃腸への負担が多くなり、吸収も悪くなるので、時間を決めて、分けて飲みましょう。

上記の場合、4時間の練習だとすれば、練習前後、練習中を含め、『1,500ml以上』の水分補給が必要になります。

飲むものは、運動時に失われるミネラルや塩分、運動中のエネルギーとなる糖分を含み、吸収のよい(浸透圧の低い)、気温/季節により、5℃~常温(真夏の暑い季節は、温度が低いものの方が飲みやすい)のもの。
市販のスポーツドリンクには、味覚を優先するため糖分が多いものもありますので、水で2倍程度に希釈したものでも良いと思われます。また体質により、スポーツドリンクに含まれる人工甘味料を多量に摂取すると、おなかがゆるくなる場合もあるので、注意する必要があります。

季節に関係なく、水分補給は大切ですが、特に暑い5月~10月までの間は、子供には十分な水分を持たせて、練習や試合に送り出すようにお願いします。
水分補給は、子供の命を守る大切なことです。

プロフィール

Little Monkeys

Author:Little Monkeys
東京都文京区で活動する
軟式少年野球チームのリトルモンキーズです。
随時、新規メンバーを募集しています。まず体験参加からどうぞ(月間予定表をご確認いただき、見学・練習体験に来てください!)。
チーム紹介・指導方針
入会案内ページはこちら!
事前の質問等は以下のメールフォームよりご連絡ください。

練習試合のお申込みも随時受け付けています。
ご連絡よろしくお願いします。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

カレンダー

04 | 2010/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Copyright © Little Monkeys