2010夏季合宿

例年通り、場所は東大検見川総合運動場にて、2010/8/20(金)~2010/8/21(土)での夏合宿でした。
今年は子供たち全員電車での移動。金曜日(平日)朝の通勤時間での電車移動で不安でしたが、難なくグランドまで到着することができました。
夏合宿は主に新人戦に向けて、5年生以下での練習が中心です。1日目は幸いにも曇りがちの天気で、太陽パワーを直接うけることなく助かりました。
今年は金曜日からの合宿なので、コーチの人数が少なかったのですが、そこは中学1年のOBが4人も来てくれて、熱心に後輩たちを指導してくれ助かりました。
守備の練習(シートノック)を繰り返し、繰り返し行いました。途中途中、集中力が切れる場面がありましたが、頑張りました。大会の試合ではミスが勝敗を分けたりするから、集中力は大切だよ。
低学年4年以下は、石井コーチを中心に練習。コーチvs子供たちで試合もして、同点で終了。勝負は明日に持ち越しとの約束で終了。やっぱり試合が楽しいよね。もっと学校の友達を誘ってきて、早く沢山の大会に出られるようにしようよ。
1日目の練習が終わったあとは、子供たちは、夕食、お風呂、ビンゴ、自由時間と楽しみにしていた事ばかり。今年の子供たちの食事の食べっぷりは、良く食べている子が多かったと感じました。スポーツをする子にとって、食事も大切な練習の1つです。昨年あまり食べていない子が、今年は良く食べているので立派だなと関心しました。好き嫌いなく(少なく)沢山食べないと野球は上手くなりません(持論でごめんなさい)。ましてや検見川グランドの食堂の食事は、栄養士の方がきちんと栄養バランスを考えて下さるものですので、残さず食べると練習中のパフォーマンスが変わってくる。かも。
ビンゴゲームでは、チームの将来を担う3年生がバットを当てていたので良かった。本人たちもうれしそうな顔をしていました。5,6年生はさすがにお兄さんたちだね。毎年君たちの先輩が遠慮していたことをキチンと見ていておぼえていたのかな・・・?
3年生は、お父さんとお母さんがいない初めて泊まりの子が多く、不安だったと思いますが、実際にはチームのみんなと一緒の楽しさで、寂しい思いをしている子はいなかったようなです。ただし、楽しすぎて、夜遅くまでおきていたようですが。
2日目は、朝食前にサッカー場で馬とびと素振りです。一人10回づつで、合計240回ぐらい振ったでしょうか。手にマメが出来て、大人に見てもらっている子もいましたが、野球をする子の勲章みたいなものです、とっておきなさい。
午前は、昨日を同じような守備練習を中心に練習です。昨日よりかは動きがよくなっていたかな。
午後は、2チームに分かれての紅白戦です。お母さんたちも特別ルールにて攻撃(打撃)に参加しました。なかなかバットにボールが当たらず、困惑していました。実際に体験してみると子供たちはすごいでしょ?大会の試合で、指導者、チームメート、父母、祖父母の目前でのバッターボックスなんてどんなにプレッシャーがあるか想像できましたか?大会の試合の最中、監督/コーチに怒鳴られているときは、暖かい言葉、声援を送ってあげてくださいね。チームメートや父母、祖父母の暖かい声援が試合中の彼等の救いのヒーローです。
紅白戦では、お仕事柄か、びっくりするほど走塁が早いお母さんや、スライディングをして泥だらけになっているお母さんがいました。慣れないスライディングは怪我をするので、あまりお勧めできません。またスライディングと尻餅は似て非なりです。
最後は、中島キャプテンの一言『残りの大会、1つでもメダルを取りたい。』、三本締めで打ち上げました。
ご参加、ご協力いただいた指導者、父母のみなさん、OBのみんな、ありがとうございます。そして施設のスタッフのみなさんには、大変お世話になりました。今年も無事、充実した夏合宿を終えることができました。
子供たちは、毎年の夏合宿を楽しみにしていますが、厳しい練習をすることが目的の夏合宿では、お母さん方の準備とご協力、バックアップがなければ成り立ちません。今年、合宿参加されたお母さんは、初めての参加の方が比較的多く、わからないことや、なれない準備と段取り等で、聞いたことと実際にやるとでは異なることもあり、戸惑うこともあったと思います。お疲れ様でした。選手の子たちの充実した顔が何よりの成果だと思います。

※夏合宿の風景は、若色さんに撮影いただき、リトルモンキーズ写真館にUPされています。暑いなかの撮影ありがとうございました。

2010年 合宿の荷物について

●合宿の荷物について

毎年、忘れ物が出ますので、持ち物、荷物には名前を記入してください。

[荷物の分け方・詰め方]
宿泊の場合、グランド用(練習用)荷物と宿泊用荷物とにバックを2つに分けてください。
日帰りの場合は、グランド用(練習用)荷物だけになります。

・グランド用(練習用)荷物
 いつもの練習で使っているリュックやバックに、練習に必要な荷物を積めます。
 バット、グローブ、スパイク、ハンドタオル2枚※1、ヘルメット
 ※1:グランド練習中、冷水バケツにハンドタオルを入れて、休憩時に体を拭き、冷やします。

・宿泊用荷物
 グランド用荷物以外の宿泊用の荷物は、別のバックにつめます。(グランドへは持ち込みません)
 宿泊用着替え、2日目練習用着替え、パジャマ、タオル大小、洗面用具、入浴道具、常備薬
 ハンカチ、ティッシュ、ビニール袋(スーパー袋)数枚※2、雨具(、必要により宿泊棟内のサンダル)
 ※2:汚れもの入れ、2日目夕方の練習後入浴の着替え・タオル等を入れます。

・練習着について
 合宿練習中、ユニフォーム上は必要ありません。上は半袖アンダーシャツやTシャツで構いません。
 2日目の練習用ユニフォーム下(ズボン)ですが、パンツやストッキングは履き替えますが、特に気にならないのであれば、1日目に使ったものでもいいと思います。(わざわざ、このために購入する必要はないと思います。毎年そういう子がいます。)

[荷物の運搬]
いずれのバックも、行きかえりとも車に積めるだけ積んで、電車で移動する子供たちは出来るだけ手ぶらで電車に乗車します。

[その他]
・水筒は持たせても構いませんが、グランド練習中の飲料水は同行の母たちが用意しますので、練習中に利用することはありません。(長い電車移動中はトイレの心配がされますので、電車内では不要です)
・電車移動の乗車運賃は合宿費用に含まれていますので、別途持参する必要はありません。
 ただし現地にて好みのジュース等を購入するお小遣いはもたせてください。

2010/8活動予定

・駒込大会:7/31~8/1

[更新履歴]
8/12(木):8/29(日)六義園練習→8/28(土)に変更
8/17(火):8/22(日)練習→お休みに変更


8/1(日)
高学年:(駒込大会2回戦)8:00~10:30(神明)/10:45~12:45(駒本小)練習/14:30(六義園)集合・大会閉会式
低学年:(駒込大会2回戦)8:00~10:30(神明)/10:45~12:45(駒本小)練習/14:30(六義園)集合・大会閉会式

8/7(土)
高学年:13:00~17:00(九中)練習
低学年:13:00~17:00(九中)練習
8/8(日)
高学年:8:00~10:30(神明)/10:45~12:45(駒本小)練習
低学年:8:00~10:30(神明)/10:45~12:45(駒本小)練習

8/14(土)
高学年:お休み
低学年:お休み
8/15(日)
高学年:お休み
低学年:お休み

8/20(金)
高学年:合宿(東大検見川グランド)
低学年:合宿(東大検見川グランド)
8/21(土)
高学年:合宿(東大検見川グランド)
低学年:合宿(東大検見川グランド)
8/22(日)
高学年:お休み
低学年:お休み

8/28(土)
高学年:9:00~13:00(六義園)練習(西千タイガースと練習試合予定)
低学年:9:00~13:00(六義園)練習
8/29(日)
高学年:8:00~(神明)練習/9:30~(六義園)新人戦開会式/12:00~(六義園)1回戦(vs文京ファミリーズ)
低学年:8:00~10:30(神明)/10:45~12:45(駒本小)練習予定

2010年 駒込大会

◆大会内容
大会期間:2010/7/31(土)~2010/8/1(日)
出場編成:高学年、低学年(駒込チャイルドとの合同チーム)
試合場所:六義園
開会式:7/31(土)9:15~(六義園)
閉会式:8/1(日)15:00~(六義園)
結果・成績:1回戦敗退(高学年・低学年とも)
※大会期間、試合日程は期間中の天候により、試合開始時刻は当日の試合進行状況により、変更になる可能性があります。

2010komagome

【高学年】
○1回戦 7/31(土)12:10~(vs茗荷谷クラブ)at六義園B ★8-10

リトモン 2 3 1 1 1 | 8
茗荷谷  5 0 3 2 × | 10

1回表、泉野四球後、小西の三塁打、若色の内野ゴロの間に小西が還り、2点を先制。しかし1回裏、先頭2打者を四球で出した後、タイムリーと本塁打を浴びて逆転され、さらに四球、内野安打等で合計5失点。せっかくの先制点が・・・
2回表、タイムリーはないものの四球とエラー、スコアリングでの内野ゴロ等などで、同点に追いつき、2回裏、ノーアウト3塁のピンチで、右中間に上がった犠牲フライを表が取り、本塁へ送球し、タッチアップ走者をアウトにとる。
3回表、鶴岡の右中間を抜く3塁打のあと、田所のレフトフェンス直撃の2塁打で逆転に成功。
3回裏、先頭を死球で出すも、2死までとり、ここが本日のゲームの踏ん張りどころ(重要ポイント)!
しかし、さらに四球を1つ、次打者の打ち取ったと思われるセカンドゴロを1塁セーフとし同点。さらにレフトへタイムリーを打たれ、3失点し、再逆転される。ここをせめて同点で凌がないと・・・
4回表、表の本塁打で1点をとるも、4回裏、1死からまたしても四球のあと、打ち取ったと思われるレフトフライをヒットとし、四球を絡め、またしても打ち取ったと思われる内野ゴロを内野安打とし2失点。点差は3点差。
5回表の最終回、2死満塁まで攻め立てるも、打ち切れず1点のみで攻撃終了。

単打:小西、田所(2)、水上、菅野
二塁打:田所
三塁打:鶴岡、小西
本塁打:表

攻撃面では随所によいところが。
泉野が出塁、盗塁したあとに、小西がタイムリーで返す上位打線らしい攻撃。実にいやらしい(褒め言葉だよ)。
田所は、投打に渡り、ゲームを引っ張り、特に打撃は、中軸の仕事をきっちりこなす3安打の猛打賞。打球スピード、強さがよかった。あれなら内野手正面でもヒットになるよ。
表は大会ごとに本塁打1本、恐怖の9番打者。

なかなかいいゲーム内容ではあったが、勝てるチャンスがあっただけに素直には喜べない。あの展開のゲームを勝ちにすることができれば、どれだけチームに勢いと自信がつくことか。
ここぞ!というところで、守りきれない(肝心なところでの消極的な守備で、逆転され、点差を広げられる)し、打ち切れない。
そこはね、技術ではなく、心なんだよ。今日みたいなゲームは、我々と同じように、相手もきついんだよ。我慢くらべ、度胸試しなんだよ。
勝つんだ!の思いが強いほうが勝つんだよ。もういいやと思ったら、そこで負けなんだよ。君たちも勝ちたいのだろうけど、それは相手を上回っていないのだよ。
勝敗の分かれ目では勝利をもぎ取るように前へ出ろ!!投げ出さないで、最後まで集中しろ!!

【低学年】
○1回戦 7/31(土)10:50~(vs上動ファイターズ)at六義園B ★1-21

ファイターズ 8 5 9 | 21
チャイモン  1 0   | 1

大会初先発の輿石は、1回表、2死まで簡単に取るも、四球を出したあとタイムリー、続けて守備エラー、四球、タイムリーで8失点。
1回裏、先頭から3連続四球で無死満塁とするも、押し出しによる1点のみで、抑えられる。2回表も四球のあと2死までとるも、タイムリー→四球→タイムリーで5失点。3回表、同じような展開で、20点差を付けられ、規定によりコールドゲーム。

先発輿石は、途中で諦めることなく、3回を投げきることができました。
大竹は暑いなか、防具をつけて長い守備を頑張っていました。こんど牽制球の投げ方、きちんと教えてあげるね。
鈴木はライトから大きな声、田口は内野手からの送球に懸命に食らいつき、平井は初めての試合でどきどきしながらもレフトを守りました。ベンチのみんなも応援していたよね。
チャイルドの子では、ショートが勇気を持って、強い打球でも正面に入っていたのが、ひときわよかったです。
今回は、4年生チームが相手だから、このような結果でも仕方がないと思う。
思わぬ点差で、みんな途中から頭の中は真っ白になっていたのだ思うけど、最後まできちんと野球をし、頑張ったと思います。
駒込チャイルドの選手たち、指導者の方々、お母様方、夏季大会に引き続きありがとうございました。

プロフィール

Little Monkeys

Author:Little Monkeys
東京都文京区で活動する
軟式少年野球チームのリトルモンキーズです。
随時、新規メンバーを募集しています。まず体験参加からどうぞ(月間予定表をご確認いただき、見学・練習体験に来てください!)。
チーム紹介・指導方針
入会案内ページはこちら!
事前の質問等は以下のメールフォームよりご連絡ください。

練習試合のお申込みも随時受け付けています。
ご連絡よろしくお願いします。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

カレンダー

07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Copyright © Little Monkeys