2013年10月14日 低学年練習試合の様子

2013/10/14(日)低学年練習試合(vs西千タイガース)の画像をご提供いただきました。

その1
その2

2013年10月予定

※高学年/低学年とも、大会期間(雨天日程変更も考慮し)につき、大会を最優先とし、足立区グランドでの活動は低優先度とします。

【大会予定】
●9/16(月祝)~未定:本富士大会(高学年(リーグ戦))
●10/12(土)~11月上旬:若獅子大会(低学年)
※11月大会予定
高学年:城北大会、三区(荒川文京千代田)大会、豊島交流試合、東武杯
低学年:東武杯、荒川竹の子育成年少野球大会

【更新履歴】
9/24更新:10/13若獅子大会1回戦(低学年)予定追加
9/27更新:10/5,6本富士大会第4~6戦(高学年)予定追加
10/2更新:駒本練習時間変更
10/3更新:10/5本富士大会(高学年)予定変更
10/5更新:10/14低学年(3年以下)練習試合追加
10/6更新:10/14高学年予定変更
10/8更新:10/14高学年予定再変更
10/17更新:10/20高学年本富士大会第6戦追加
10/21更新:10/265年生練習、低学年河川敷練習追加
10/23更新:10/26低学年河川敷中止(台風接近のため施設利用不可)

10/5(土)※雨天中止
高学年:7:30~(神明)練習/15:00~(後楽公園1)本富士大会第4戦(vs西千タイガース)
低学年:9:30~12:00(神明)練習
10/6(日)
高学年:7:00~(神明)練習/9:20~(後楽公園1)本富士大会第4戦(vs西千タイガース)/12:20~(後楽公園3)本富士大会第5戦(vsレッドサンズ)
低学年:8:30~10:15(神明)練習/10:30~12:00(駒本小)練習

10/12(土)
高学年:8:00~12:00(神明)練習※本富士大会/千駄木登校日
低学年:8:00~12:00(神明)練習
10/13(日)
高学年:8:00~10:15(神明)練習/10:30~12:00(駒本小)練習※本富士大会
低学年:9:40~(後楽公園)若獅子大会1回戦(vs千川少年ベアーズ(武蔵野市))
10/14(月祝)
高学年:8:00~12:00(神明)練習/13:50~(後楽公園3)本富士大会第6戦(vsストロングJr)
低学年:9:00~12:00(汐見小)練習試合(西千タイガース)※3年以下

10/19(土)
高学年:13:00~17:00(九中)練習※本富士大会
低学年:13:00~17:00(九中)練習
10/20(日)※雨天中止
高学年:8:00~10:15(神明)練習/10:50~(後楽公園)本富士大会第7戦(vs上動ファイターズ)
低学年:8:00~10:15(神明)練習/10:30~12:00(駒本小)練習

10/26(土)
高学年(6年生):休み(豊島交流大会台風により中止)※昭和登校日
高学年(5年生):休み
低学年:休み※昭和登校日
10/27(日)
高学年:8:00~12:00(神明)練習※本富士大会
低学年:8:00~12:00(神明)練習

MLB中継を見ていて

2013年アメリカMLBナショナルリーグ優勝決定戦カージナルスvsドジャース、カージナルス3勝王手で、ドジャースの本拠地で行われた第5戦でのこと。
6-2とドジャースリードの9回表、カージナルス先頭打者の打球はライト前へのフライ。前へ出れば普通に捕球できるフライながら、デーゲームで三塁方向にある太陽に打球が入ったらしく見失い、グローブに当てることなく打球を後ろへそらし、なおかつ、そのそらした打球をダラダラと追いかけた。
それを見逃さない打者走者は、一気に2塁へ進塁。次打者はセンター前へタイムリーを打ち、1失点し6-3。このタイムリーヒットを処理するセンターの守備が、これまたもたついていて、急いで打球の正面に入り、急いでバックホームすればアウトかも知れないタイミング。結果、この回、その先頭2打者のホームインで合計2失点したが、6-4でドジャースが勝ち、ドジャース2勝3敗とする。
この試合中継の解説者は「今日は結果的に勝ったけど、あれらの緩慢なプレーにより(スキを見せて、と言っていたかな)2失点し、明日以降のこの優勝決定シリーズそのものに影響を与える可能がありますね。」と。同感。野球は失敗をするスポーツ(あるいは失敗が少ないチームが勝つスポーツ)であり、このライトやセンターの選手の失敗で重要なのは3つの失敗を重ねたこと。ライトの1つ目の失敗(記録上ヒット)は仕方がないことだとしても、2つ目の失敗は、すぐに打球を追わず、余計な進塁をさせてしまったこと。エラーや抜けた打球を懸命に追い処理することは野球のうまい下手にはあまり関係ない。3つ目の失敗は、そのプレイ直後に再びセンターのだらしないとも言える打球処理。チームの誰かが失敗をしたら、それをチームのみんなで(本人が一番いいのだけど)挽回しないといけない!はずなのに。これらのプレイは、一緒にグランドで戦っている仲間(ベンチも含め)に対する裏切り行為とも思え、この最終回の2失点は、それらのプレイがピッチャーの気持ちへ悪い影響を及ぼしたことが原因と言ってもいいくらいである。
モンキーズの練習では、いつも「ミスした後!後!」と大きな声でみんなに言っているつもりだけど聞こえているかな?懸命に取りに行ったゴロ、フライはエラーしてもOK!エラーした後が大事!プレイは続いているんだ。そのエラーした後の振る舞いや行為はチームメイトに伝わり、さらには明日以降の試合に続くんだ。さきほど言った通り、エラーした後の球をすばやく拾うことは野球のうまい下手は関係ない。そして野球に限らず、ミスした後!が大事なんだよ。
話は戻るけど、明日以降、このリーグ優勝決定戦の流れは楽しみである。

2013年 若獅子大会

◆大会内容(予定)
大会期間:2013/10/12(土)~
出場編成:【低学年】
試合場所:後楽公園
開会式:なし
閉会式:
大会内容:トーナメント戦

○10/13(日)9:40~(後楽公園)1回戦(vs千川少年ベアーズ(武蔵野市)))

モンキーズ 2 1 0 | 3
ベアーズ  10 2 ×| 12

1回表、2点を先制するも、その裏ヒット6本エラー4で10失点チェンジ。2回表に1点を返すも、さらに2失点し、3回表無得点にて、大会規定での試合終了。

単打:望月

相手チームの強力打線に加え、エラーが連鎖し、守備でのアウトがなかなか取れませんでした。そんな中でもリリーフ三浦は2回を2失点に抑える好投ができました。

試合後の反省会で思うこと

試合後の反省会は、本当はあまり得意ではない。立派な野球経験があるわけでないし、自分自身も試合中などで間違った指示や判断をしたりすることがあるし。また大人子供関係なく、相手を叱ったり、相手のミスを指摘するのは、土台として信頼関係がないと、それにより関係がもっとギクシャクしてしまうから。
いい試合をした後の反省会では、子供たちをもっと具体的にほめてあげないといけないな、と毎回思いながらなかなかできていない。反省会では子供たちはその目つきや顔つきから食い入るように指導者の話を聞いている。応援に来てくれた父母やチーム関係者も食い入っていたりするので気負ってしまうけど、そこは子供たちと話をするんだ!と割り切って。
まだまだうまくなれる(目指せる上がある)ので、本当は反省点や課題(ダメ出し)は多くある。ここ2,3試合の反省会での反省点は、子供たちに手をあげさせて自分から言わせるようにしていて、指導者が考えている反省点と課題は、自分たちでハッキリと自覚し理解をしているものなのだ、と関心させられている。わかっているのねえ。試合経験のせいか何を反省点とするべきなのかわからない子もいるけど、反省点を発言している子の話を聞くことも大切な経験。なのであえてこちらから反省点や課題、ダメ出しをする必要はないのかなあ、と思い始めている。
試合前と試合中にいかに試合に集中させ、試合中のいいプレイをその場で大げさにほめて、まずいプレイをその場で冷静に指導して、試合後の反省会ではいかにほめるか。指導者も子供たちに勉強させてもらっている。まだまだだな。

プロフィール

Little Monkeys

Author:Little Monkeys
東京都文京区で活動する
軟式少年野球チームのリトルモンキーズです。
随時、新規メンバーを募集しています。まず体験参加からどうぞ(月間予定表をご確認いただき、見学・練習体験に来てください!)。
チーム紹介・指導方針
入会案内ページはこちら!
事前の質問等は以下のメールフォームよりご連絡ください。

練習試合のお申込みも随時受け付けています。
ご連絡よろしくお願いします。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2013/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Copyright © Little Monkeys