2013年 第1回TCN杯決勝の様子

5年生石田くんのお母さんから提供していただいた11/24(日)に行われたTCN杯決勝の画像です。

TCN杯決勝(vsファーストオリオン)

2013年 第1回TCN杯優勝おめでとう!

【安藤監督から】
優勝おめでとう。
あと一歩でメダルを逃し続けてやっと手に取る事ができました。この大会を振り返ってみると、準決勝、決勝ともに先制してから、なかなか点がとれなかったのを、みんなが晃太の踏ん張りに答えて、勝ちきった見事な勝利でした。準決勝では気持ちの弱い所が出てしまったけど、決勝ではみんなが強い気持ちを持って戦っていたのが大きな勝因だね。
またこの大会では、みんなが声を出し合って全員の気持ちが一つになれたのが、優勝よりもっと嬉しかった。
これからも、この気持ちを絶対に忘れないでいこうね。

本当によく頑張りました。
感動しました。

【田所コーチから】
高学年のみんな、TCN杯優勝おめでとう!
特に熊谷君は、楽天のマー君ばりの大車輪の活躍でしたね。
2日間、3試合で250球以上は投げたんじゃないかな? お疲れ様です。
この大会は、決勝戦も素晴らしい内容でしたが、キーになる試合は準決勝だと思います。苦手意識のある河川敷、しかも相手のホームで2×1の僅差を制したことで、ホームの六義園での決勝は、伸び伸びと戦うことができたのではないかと思っています。
来週から、フェニックス杯が始まります。次も優勝できるよう頑張りましょう!

【中島コーチから】
優勝おめでとう。
高学年チームの全員が参加し、それぞれが自分の役割を自覚し、果たし、チームのみんなで勝ち得た勝利だと思います。
試合に入ってしまうと監督やコーチが手助けできることはたいへん少なく、気持ちを高ぶらせるために声をかけたり、ミスをしたら励ますだけで、実際に試合をするのは君たち自身であり、君たちの自信です。試合中、勝敗の行方を左右するいくつかのチャンスとピンチがあったけど、君たちはそれを自分たち自身の力でものにして、乗り越えました。
この優勝は、君たちの努力で勝ち取ったものです。そのおかげで、僕はたいへん嬉しく、幸せな気持ちを味わうことができました。ほんとうにありがとう。
まだ僕との約束(僕の勝手な目標?)は途中であり、通過点だと思っています。またこの大会に参加したチームや対戦したチームのためにも、君たちは活躍しつづけないといけません!これからも頑張ろう!

2013年 三区大会(荒川文京千代田)

◆大会内容(予定)
大会期間:2013年11/23~24
出場編成:【高学年】
試合場所:六義園、荒川区荒川河川敷グランド
開会式:2013/11/23(土)9:15~(六義園)
閉会式:2013/11/24(日)15:30~(六義園)
大会内容:トーナメント戦
※今回の大会の開会式選手宣誓は、田口くんが行います。

第1回 TCN杯<文京・荒川・千代田 三区親善少年野球大会>
※大会の様子は、平成25年12月18日(水)~24日(火)18時~21時(予定)にあらぶんちょ10チャンネル【地デジ10ch】で放送されます。

○2013/11/23(土)12:40~(六義園B面1)1回戦(vs番町エンジェルス)

モンキーズ 3 0 3 1 0 1 | 8
エンジェルス 0 0 1 0 0 0 | 1

初回、先頭から連続四死球で走者をため、大山の内野ゴロの間に1点、森永の三塁打で合計3点を先制。3回にも大谷の三塁打、森永の2塁打で3点を追加。3回裏、守備がばたつき1失点するも、4回表、ヒットの輿石、田口を塁に置き熊谷の2塁打で1点を追加、6回にヒットで出塁した内田を、熊谷のライトへのあたりでダメ押し点。1回戦を勝利しました。

単打;田口、輿石、内田
2塁打;熊谷、森永
3塁打:大谷、森永

先発熊谷は2安打無四死球の好投。4回表、1アウト満塁の突き放すチャンスを1得点しかできなかったのが少し残念でしたが、スコアリングでタイムリーを打ち、得点を重ねることができ、始終試合の流れを保ち、1回戦を快勝することができました。エンジェルスは、守備エラーがなく、守備が上手なチームでした。

○2013/11/24(日)9:00~(荒川区少年運動野球場)準決勝(vs荒川パレス)

モンキーズ 0 0 0 0 0 1 1 | 2
パレス  0 0 0 0 0 0 1 | 1

緊迫するゲームは、3回表までお互いに四球での出塁すらない投手戦。3回裏、先頭から2連打でノーアウト2,3塁のピンチに、先発熊谷は2三振、ショートフライで無失点で踏ん張る。6回表、ヒットの熊谷を塁におき、大谷の右中間を抜く2塁打で先制、7回表にも茜優太郎のタイムリーで2点目を追加。7回裏、内野ゴロエラーで2人の走者を出し、1点を返されるものの、同点の走者を3塁におく大ピンチを切り抜け、準決勝を勝利する。

単打:大山、熊谷、茜優太郎
2塁打;大谷

守備ではいくつかのピンチを切り抜け、無失点で踏ん張ると、6回に2連打で1点、7回にも内野ゴロ2つで3塁に送った走者をタイムリーでほんとに数少ないチャンスを得点することができました。最終回の守備は、僅差のリードゆえに、少々あわてたけれど、先発熊谷はあわてることなく、制球乱れることなく、2得点を守りきることができました。パレスは、守備エラーのない、フライアウトの少ない粘り強いチームでした。

○2013/11/24(日)13:10~(六義園A3)決勝(vsファーストオリオン)

モンキーズ 1 0 2 0 0 0 0 | 3
オリオン  0 0 1 0 0 0 0 | 1

1回表、ヒットで出た熊谷を大竹の犠牲フライで先制。3回表には、1アウト満塁で大山の打ったファーストゴロ、まず本塁がフォースアウトのあと、ダブルプレイを狙った1塁への送球が逸れ、2走者が生還し、2得点する。3回表、連打をされるなかで、3塁でアウトを狙った送球が逸れて、1失点。5回以降、毎回スコアリングに走者を送るものの追加点を奪うことができない歯がゆい試合展開ながら、先発熊谷は相手攻撃を4回以降、3塁を踏ませないピッチング。3回までに取り合った得点のままゲームセット。優勝を勝ち取ることができました。

単打;田口、熊谷(2)、大谷、森永
3塁打:茜優太郎(2)

4回以降、なかなか追加点が奪えず、苦しい試合展開ながらも常に試合の流れは相手に渡すことはありませんでした。唯一の守備ミスが失点につながってしまったものの、3回裏の相手先頭打者の左中間を抜いたホームラン性のあたりを8-6-4-2とつなぎ、ホームランを阻止する見事な中継プレイを見せてくれました。あのプレイは試合の勝敗を決める、印象に残る、練習の成果が出たプレイでした。見事に優勝できました。本当に強くなりました。オリオンは、中軸打線に迫力があり、守備は固く、ピッチャーの球が速いチームでした。

大会を通じて、3試合でわずか3失点が優勝への大きな要因になっていると思います。
2日間、全員休むことなく参加し、ベンチの声もよく出ていて、6年生5年生の全員で勝ち取った優勝です。
全員がそろって、みんなで声を出し合い、ベンチの雰囲気がいいと、いい試合になることが実感できた大会だったと思います。
高学年のみんなおめでとう!

2013年 東武杯

◆大会内容(予定)
大会期間:2013年11月上旬~
出場編成:【低学年】※高学年は三区大会と日程が重なるため辞退
試合場所:足立区・埼玉県南東部
開会式:なし
閉会式:なし
大会内容:トーナメント戦

○2013/11/17(日)12:00~(竹ノ塚グランドA面)1回戦(vs東伊興シャインズ)

2-3のロースコア僅差で敗退(詳細後日)

2013年 本富士大会の様子

2013年 本富士大会の様子を5年生石田くんのお父さん、お母さんから画像ファイルで提供いただきました。

第1戦 vs駒込チャイルド
第2戦 vs礫川
第3戦 vsファミリーズ
第5戦 vsレッドサンズ
第6戦 vsストロングJr
第8戦 vs菊坂ファイヤーズ

2013年 本富士大会

◆大会内容(予定)
大会期間:2013/9/16(月祝)~
出場編成:【高学年】
試合場所:後楽公園
開会式:なし
閉会式:未定
大会内容:9チーム総当たりリーグ戦
※試合時間70分。70分を超えて新しい回に入らない。
※大会期間中の雨天などにより、随時予定が変更になり、大会期間中は(例年10月いっぱい~11月中旬ぐらいまで)、予定をキチンと確認し、大会試合に参加してください。

○9/21(土)13:50~(後楽公園3)第1戦(vs駒込チャイルド)

モンキーズ 2 0 1 2 | 5
チャイルド 1 0 0 2 | 3

初回、先頭田口が2塁打で出塁し、熊谷、大竹のタイムリーで2点を先制。1回裏、2アウトから四球で出した走者をタイムリーで返され1失点。3回表、大竹ヒット、エラーで出た走者を置き、田戸のタイムリーで1点中押し。4回表にも、2アウトから熊谷、大谷、大竹の連打で2点のダメ押し。守備では、先発熊谷は、2回、3回と相手打者を1人も出さない好投。しかし、最終回裏、先頭2打者を四球で出すと、タイムリーで、その走者を返され2失点したが、5-3での大会初戦を勝利する。

単打:熊谷、大谷、大竹(3)、田戸
2塁打:田口、熊谷、

先発熊谷が好投し、ゲームを作り、打線では上位中軸が打ち、先制→中押し→ダメ押し点を取り、試合を優位に進めることができました。あえての反省点は、最終回の先頭2打者の四球。これを除けば、時間制限で勝敗が決まる大会ルールで、初回からリードすることが大変重要になるので、そういう意味ではナイスゲームでした。

○9/23(月祝)15:20~(後楽公園1)第2戦(vs礫川)

モンキーズ 2 0 0 3 0 | 5
礫川     0 2 0 0 0 | 2

初回、2アウトから大谷がフェンス直撃のライナーで出塁し、相手ミスと輿石のタイムリーで2点を先制。2回裏、先頭打者を内野安打で出すと、2つのエラーで2失点し、同点においつかれる。3回は、お互いにエラーでスコアリングに走者を送るも、お互いに踏ん張り、4回表、田戸の内野安打、エラーで走者をため、大谷のタイムリーと田口の好走塁で2点、さらに相手内野ゴロエラーで合計3点を追加。以降、4回、5回と6人で相手攻撃を終了させ、5-2で開幕2連勝する。

単打:田口、熊谷、大谷(2)、森永、輿石、田戸

今回のゲームも熊谷の好投が最大の勝利要因であるが、攻撃陣(打線)も三振はわずか3つでよく打ちました。これは子供たちの練習の成果と勝ちたい!気持ちによるものだと思います。2回裏に、エラーが2つ続き、試合の流れが相手チームに行く大きなピンチがあった・・・試合後のミーティングでも言ったけれど、エラー直後の守備は、強い気持ちをもって、エラーするなとは言わないけど、絶対に後ろにはそらさない、前に出る確実な守備をしないと行けないよ!
開幕2連勝!この後も一切油断することなく、1試合1試合(1球1球、一瞬一瞬)を「集中」して、勝っていこう。

○9/29(日)9:20~(六義園B3)第3戦(vsファミリーズ)

ファミリーズ 4 2 0 2 | 8
モンキーズ  0 1 1 0 | 2

1回表、先発大竹は立ち上がり制球に苦しみ4失点。その裏、足の重い走塁でチャンスをつぶすと無得点で攻撃終了。2回表にはレフトオーバーの当たりを2本打たれ、さらに2失点。2回裏、4つの四球で押し出し1得点、3回裏、内田の右中間を抜いた当たりは本塁打かと思われたが、3塁踏み忘れのアピールプレイでアウト。4回表、セカンド横を転がったゴロが本塁打となり、ダメ押し点を奪われ、万事休す。

単打:田口(2)、大山、
2塁打:内田

打線は淡泊に散発3安打、四死球を7つもらうものの、それをタイムリーにつなげることができず、打って取った得点は1点のみ。そして先発の立ち上がりとチャンスをつぶす走塁。メンバーがそろわない不運があったが、どうにもそれとは関係なく、打てない/守れない、そして、どうも勝ちたい気持ちで向かっていくものが伝わってこない・・・声だし(応援)と気持ちを前面に出すことは、野球の上手い下手にはいっさい関係ないからね。次の試合から気持ちを入れ替えて取り組もう。選手たち次第ですからね。

○10/6(日)9:20~(後楽公園1)第4戦(vs西千タイガース)

モンキーズ 3 3 0 4 | 10
タイガース 2 0 0 0 | 2

1回表、田口ヒットと四球で出た走者をスコアリングにおいて、大谷のタイムリーで先制。その裏、先頭2打者ヒッと四球でノーアウト満塁、次の打者のショートゴロをアウトにできず、2失点し、その後もピンチが続くが、バックホームアウトなどで1点リードを守りきる。2回表、大谷の2ランホームランとヒットで出た大竹を大山のタイムリーで3得点。2回、3回の守備はスコアリングに走者を置くも、無失点でしのぎ、4回熊谷ヒットのあと大山のタイムリー、森永のタイムリーで4得点し、そのまま10-2で勝利する。

単打:田口、熊谷、大谷(2)、大竹、大山、田戸
2塁打:森永
本塁打:大谷

先発大谷の立ち上がりはイマイチだったが、打撃で本塁打を含む3安打で打ってそれを取り返す活躍。チーム全体でも合計9安打で10得点することができました。守備は、1回裏、試合を通して唯一の守備失策で失点した以外は、よく守ることができました。いつも言うけど前に出た守備でのエラーはOKだからね!あのエラーはどうだったかな?
前回の敗戦からは切り替えができていて、1点差に詰められた後に、すぐに中押し点を取ることができ、いい試合内容でした。

○10/6(日)12:20~(後楽公園3)第5戦(vsレッドサンズ)

モンキーズ 1 0 0 0 0 | 1
レッドサンズ 3 0 0 1 0 | 4

初回、ヒットで出塁した田口を大竹のタイムリーで返し1点を先制。1回裏、エラーと四球で出した走者を塁におき、高く上がったフライが柵をこえ、3ランホームランで逆転される。4回裏、四球で出した走者をスクイズで返され1失点し、1-4で敗戦。

単打:田口、熊谷、大竹(2)、大山、

先発熊谷は気迫あふれるピッチングで相手打線を4安打におさえゲームをつくり、守備はわずか1つのエラーのみ。攻撃は相手打線より多くのヒットを打ち、特に1回表は、きちんと打って先制することができました。課題はやはり四球かな。四球のあと失点しているからね。しかし試合全体は、君たちの成長が感じられ、次の試合につながる大変いい試合でした。残り3試合、ひきつづき精一杯がんばろう。

○10/14(月祝)13:50~(後楽公園3)第6戦(vsストロングJr)

モンキーズ 1 8 8 | 17
ストロング 0 0 0 | 0

1回表、2塁打で出塁した熊谷を、大竹のタイムリーで先制。2回表、輿石、内田、田口、熊谷などの4つの長短打と四死球を5個、相手エラーも絡み8得点、3回表にも、田口、熊谷、大谷、大竹、大山の5連打のあと、森永の柵越え本塁打、さらに熊谷のこの回2順目のタイムリーで再び8得点。投げては熊谷が被安打2与四死球2の好投、守備もノーエラーで相手打線を0点に抑える。

単打:田口(2)、熊谷(2)、大谷、大竹(2)、大山、輿石、内田
2塁打:熊谷(2)
本塁打:森永

打席ではみな集中しストライクを狙いうち13安打17得点と打線が爆発、守備でもノーエラーのとてもいい試合で、今後の残り2試合に弾みをつける勝ち方ができたと思います。まだまだ油断せずに、残り2試合を自信をもって戦おう。試合後のミーティングで約束した通り、少しでも上の順位を目指して、精一杯やろう!

○11/4(月祝)14:20~(後楽公園1)第7戦(vs上動ファイターズ)

モンキーズ 3 0 1 0 1 4 | 9
ファイターズ 0 0 0 0 0 0 | 0

1回表、大谷の本塁打で3点を先制。3回表にも大谷のソロ本塁打で1点、5回表はヒットで出た大竹を森永のタイムリーで返し1点、6回表には、田口、大竹、大山のヒットで4点をダメ押し。投げては、先発熊谷が1四死球2安打無失点の好投にて、9-0での勝利。

単打:田口(2)、大竹(3)、大山(2)、森永(2)
本塁打:大谷(2)

11安打9得点と打線が好調なように見えるが、毎回スコアリングに残塁を記録しているので、あともう1本打てれば、もっと得点できたものと思われる。守備では、先発熊谷は3ボール前までに2ストライクまで、カウントを作れるようになってきました。相手チームの2つの盗塁を捕手森永の好送球とセカンド輿石の上手いタッチプレイで、阻止することができました。いよいよ、次は自分たちの順位を決める最終戦です。まったく油断することなく頑張ろう!どうか自分たちの力で決めてください!

○11/9(土)14:20~(後楽公園3)第8戦(vs菊坂ファイヤーズ)

ファイヤーズ 1 0 1 0 | 2
モンキーズ 3 2 1 0 | 6

1回表、先頭2打者のヒットで1失点。1回裏、先頭田口ヒットから2連続四球のあと、大山、輿石のタイムリーで3得点し、逆転に成功。さらに2回裏、先頭2打者が四球で出塁し、再度大山のタイムリーで2得点。3回表、エラーで出した走者をタイムリーヒットで返され2失点目。3回裏、茜優太郎、内田の連続ヒット、四球で満塁とし、大竹が四球を選び押し出しで追加点。最終回お互いに無得点、4回裏終了時点で時間制限での6-2で勝利し、自力にて今大会準優勝を勝ち取ることができました。

単打:田口、大山(2)、輿石、茜優太郎、内田
2塁打:森永

1回裏にすぐさま逆転し、2回、3回と追加点を取れた攻撃がたいへん良かった。1回、2回とも大山のタイムリーが勝利へ大きく貢献。あの瞬間は、君たちの強さを本当に実感、誰かが打てなくても、代わりに誰かが打つ!試合中に何度見直しても切れ目のない、どこからでも打てる打線でした。守備では、2盗アウトを取ったり、2塁牽制アウトを取ったり、失点へつながる大きなピンチをそんな小技でとることができ、相手に攻撃の流れを作らせませんでした。今回の大会はすごく強い君たちを見ることができ、うれしかった。堂々の準優勝です。だけどね、試合前後のミーティングで言ったけど、まだまだ今後いくつかの大会があるよ。クリアするべき目標は、はっきりしているはずだよね!必ず目標を達成しよう!君たちならできると信じています。

2013年 低学年練習風景

こちらには、低学年の練習ならびに練習試合の様子を掲載していきます。

2013/11/2荒川河川敷
2013/11/4駒本小学校

2013年 秋季城北大会

◆大会内容(予定)
大会期間:2013年10月下旬~
出場編成:【高学年】
試合場所:板橋区荒川河川敷他
開会式:なし
閉会式:なし
大会内容:トーナメント戦

○2013/11/2(土)10:30~(新荒川大橋少年B面)1回戦(vs前野ファイターズ)

モンキーズ  0 0 0 0 0 2 0 | 2
ファイターズ 2 0 0 3 0 2 × | 7

初回、ノーアウトでランナーを出すも熊谷の痛烈な打球は野手正面のライナーで、ランナーが飛び出しダブルプレイで先制のチャンスをつぶす。1回裏、エラーと四球で出した走者をタイムリーで返され2失点。4回表までお互いに無得点で試合の流れはどちらにもなかったが、4回裏、四球→内野安打→エラー→スクイズで3失点。6回表、大谷、大竹、大山の3連打で2点を返すも、その裏、内野安打のあと、連続四球、そのあと2ランスクイズを決められ2失点し、2-7で敗戦。

単打:熊谷、大谷、大竹、大山(2)
2塁打:大谷

四球やエラーのあとに、必ず失点がある。ならば四球、エラーを少なくすればいいのであるが、それはなかなかね。では少なくても、エラーしても相手走者を、そのエラーで進塁させないように工夫することはできるのでは?要するに後ろにそらないエラーをするように。野手の前にボールが転々としていれば、走者は走らないから。打撃では、1回表、4回表、5回表とノーアウト走者を出しながら、早いストライクカウントで打つべきではない球を打ったり、サインミスをしたりで、それを得点に結びつけることができず。久しぶりの野球(試合)なので、なんとも調子が出ないのはわからないではないけど、それは相手も同じ。

2013年11月予定

※高学年/低学年とも、多くの大会(雨天日程変更も考慮し)があるので、足立区グランド(練習)は基本無しとします。

【大会予定】
高学年:城北大会(11月上旬~)、三区(荒川文京千代田)大会(11/23~)
低学年:東武杯(11/17~)

【更新履歴】
10/18更新:高学年東武杯への参加は辞退(三区大会と日程が重なるため)
10/21更新:足立区グランド練習追加(11/2,11/23)
10/25更新:高学年城北大会1回戦日程決定(11/2)
11/1更新:低学年東武杯1回戦日程決定(11/17)

11/2(土)
高学年:7:30~(神明)練習/10:30~(新荒川大橋少年B面)城北大会1回戦(vs前野ファイターズ)※前審判
低学年:8:00~10:00(江北橋左岸)練習/14:00~16:00(西新井橋)練習
11/3(日)
高学年:8:00~10:15(神明)練習/10:30~12:00(駒本小)練習
低学年:8:00~12:00(神明)練習
11/4(月祝)
高学年:8:00~12:00(神明)練習/14:30~(後楽公園)本富士大会第7戦(vs上動ファイターズ)
低学年:8:00~10:15(神明)練習/10:30~12:00(駒本小)練習

11/9(土)
高学年:8:00~12:00(神明)練習/13:30~(後楽公園)本富士大会第8戦(vs菊坂ファイヤーズ)
低学年:8:00~12:00(神明)練習
11/10(日)
高学年:8:00~12:00(神明)練習
低学年:8:00~10:15(神明)練習/10:30~12:00(駒本小)練習

11/16(土)
高学年:13:00~15:00(六義園)/15:00~17:00(九中)練習※千駄木・駒本・昭和登校日
低学年:13:00~17:00(九中)練習※駒本・昭和登校日
11/17(日)
高学年:8:00~10:15(神明)練習/10:30~12:00(駒本小)練習
低学年:12:00~(竹ノ塚グランドA面)東武杯1回戦(vs東伊興シャインズ)

11/23(土祝)
高学年:7:30~(神明)練習/9:15~(六義園)三区大会開会式/12:40~(六義園B)三区大会1回戦(vs番町エンジェルス)
低学年:10:00~16:00(江北橋左岸)練習
11/24(日)
高学年:8:00~12:00(神明)練習/15:30~(六義園)三区大会閉会式※三区大会(準決勝・決勝)
低学年:8:00~12:00(神明)練習

11/30(土)
高学年:8:00~14:00(西新井J面)練習※千駄木登校日
低学年:8:00~12:00(神明)練習

プロフィール

Little Monkeys

Author:Little Monkeys
東京都文京区で活動する
軟式少年野球チームのリトルモンキーズです。
随時、新規メンバーを募集しています。まず体験参加からどうぞ(月間予定表をご確認いただき、見学・練習体験に来てください!)。
チーム紹介・指導方針
入会案内ページはこちら!
事前の質問等は以下のメールフォームよりご連絡ください。

練習試合のお申込みも随時受け付けています。
ご連絡よろしくお願いします。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

カレンダー

10 | 2013/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Copyright © Little Monkeys