2014年 夏休み前後の大会・イベント予定

8/16(土)、8/17(日)の週末以外は、大会もしくはイベントが予定されています。

○東武杯【低学年】:7/27(日)2回戦
○駒込大会【高学年・低学年】:8/2(土)~8/3(日)
○東京都少年親善野球大会(6区大会)【高学年】:8/3(日)~8/10(日)
○夏合宿【全学年】:8/23(土)~8/24(日)
○新人戦都大会代表決定戦【高学年(5年以下)】:8/30(土)
○秋季新人戦【高学年(5年以下)、低学年(4年以下)】:8/31(日)~9/15(月祝)

2014年 ジャビット大会決勝の様子

7/21(月祝)に行われたジャビット文京区大会の決勝戦の様子が、ジャイアンツ公式HPに掲載されました。

ジャビット文京区大会決勝戦

改めて・・・立派な成績を残しました!

2014年 ジャビットカップ文京区大会

◆大会内容(予定)
◇大会期間:2014/6/8(日)~(適宜実施)
◇出場編成:【高学年】
◇試合場所:六義園
◇開会式:(夏季大会開会式と同時実施)
◇閉会式:7/21(月祝)14:40~
◇大会内容:トーナメント戦(8月本大会の文京区予選大会)(トーナメント表

○7/5(土)12:20~(目白台西面1)1回戦(vs豊島ケ丘ラークス)

ラークス  3 0 0 0 2 0 | 5
モンキーズ 2 3 0 0 2 × | 7

1回表、先発森永は、雨のせいか先頭から3連続四球を出し、タイムリーは打たれないが、内野ゴロとエラーなどで3失点。1回裏の攻撃、勝田内野安打のあと森永3塁打で1点、続く田戸の内野ゴロで1点追加し、2得点する。2回表、相手攻撃を三者凡退させると、四球、エラー、石田のセンター前ヒットがセカンドフォースアウトになるも、2アウト2,3塁とし、勝田の高いサードフライがエラーとなり同点、続く森永タイムリーとワイルドピッチさらに2点追加し、5-3と逆転に成功。4回まで、お互いに無得点で、5回表、先頭打者を振り逃げで出塁させ、続く打者にバントヒットで走者をためられ、1アウト2,3塁の場面で、サードゴロバックホームがタイミングアウトながら、エラーとなり、2走者が返り、同点に追いつかれる。5回裏、1アウトから代打望月は三塁線をライナーで抜くヒットで出塁。次打者が内野ゴロアウトで、2アウト2塁で、宗田のセンター2塁打タイムリーで1点、さらに姜のセンター前で合計2点を追加し、ゲームを決めることができました。

単打:勝田、森永、望月、姜
2塁打:宗田
3塁打:森永

1回表の3連続四球で3失点したことが試合を難しくしてしまいましたが、その後の先発森永は立ち直り、相手打線を2安打に抑えました。打撃は、得点のほとんどを打って返すことができ、いつも通りよく打ちましたが、4回裏の攻撃で、ノーアウトで出た走者が2盗死したり、緩慢な走塁で、外野フライがダブルプレイになったり。その直後の5回表の相手攻撃で、ミスやセーフティーバントで出した走者で同点にされ「もしや?」と思われた・・・が、その裏の攻撃で、5年生の3本のヒットで2点を追加し、6回表はしっかり三者凡退で、勝つことができました。接戦を落とさない粘り強さはたいへん良いことだと思います。2回戦も頑張ろう!

vsラークス

○7/12(土)11:20~(六義園B1)2回戦(vsストロングJr)

モンキーズ 5 3 2 11 | 21
ストロング  1 0 0 -  | 1

1回表、石田内野安打のあと2連続四死球で満塁とし、ワイルドピッチで先制、なおも田戸の犠牲フライ、宗田の2塁打、中筋のヒットで合計5得点。その裏、先頭にセンターフライが、目測を誤り3塁打となり、内野ゴロの間に1失点する。
その後、2回表の攻撃、四球の走者を塁におき、岸、中筋のタイムリーで3点を追加。3回表、四球で出した走者を内野ゴロで返し2得点。守備では1回表の1アウト以降、一人の走者を出すことなく、安定した投球と守備で切り抜け、4回表、森永、田戸の連続本塁打、宗田の内野安打、姜の3塁打、望月の3塁打などで一挙11得点し、大会規定により、2回戦を勝利しました。

単打:石田、中筋(2)、三浦、岸、宗田、森永
2塁打:宗田
3塁打:望月、姜
本塁打:森永、田戸

先発森永は、四死球なく出した走者は1人のみの好投、守備もエラーなくできました。打撃では、本塁打2本を含む、12本のヒットを記録し、打って得点することができました。次は準決勝、打線の好調を維持しつつ、気を引き締めて、試合に臨もう。

vsストロング

○7/20(日)11:20~(六義園A3)準決勝(vs菊坂ファイヤーズ)

モンキーズ 1 0 0 0 3 0 0 | 4
ファイヤーズ 0 0 0 0 0 0 1 | 1

1回表、森永の本塁打で先制。先発森永は、1回~4回まで3塁を踏ませない好投。5回表、1アウトから石田、岸、森永、田戸の4連打で3点を追加し、スコアを4-0として一気に流れをつかむ。5回裏、先頭打者を2塁打で出塁させ、1失点も仕方がないかと思われたが、この日の森永は絶好調、後続を内野フライと2連続三振でとり、相手に得点を与えません。6回表、先頭望月が四球で出塁し、2盗クロスプレイがアウト、続けてサードゴロエラーで出塁した走者を1塁において、次打者のショートゴロがダブルプレイで、ゲームの流れがおかしくなってもいいところを、6回裏、きちんと三者凡退。7回表、逆転を信じる相手投手も踏ん張り、モンキーズ打線を三者凡退に抑え、7回裏、相手先頭打者を打ち取ったと思われた打球が内野安打となり、3塁まで盗塁で進塁され、ショートゴロで1点を返されるも、走者がなくなったところで後続をとり、準決勝をナイスゲームで勝利することができました。

単打:石田、岸
2塁打:森永、田戸
本塁打:森永

4回までわずか1点のリードで我慢しつづけ、5回表の4連打で一気に流れをつかみ、勝利することができました。この日の勝利の大きな要因は、先発森永の快投。7回を10奪三振0四死球散発3安打で、スコアリングに走者をいても、集中した投球で、相手打線を抑えゲームを作りました。今年の1番の試合だったと思います。こんなに強い君たちを見ることができて、ほんとうにうれしいです。

○7/21(月祝)11:00~(六義園A3)決勝(vsレッドサンズ)

モンキーズ 0 0 0 0 | 0
レッド    3 2 1 2× | 8

1回裏、外野へのヒット1本ながら、四球で出した2走者をワイルドピッチなどで返され3失点。2回表、1アウトから宗田がヒットで出塁するも後続が凡退し無得点。2回裏、1アウトから2人を四球で出し、2ランスクイズが1塁への悪送球となり、2失点。3回裏、先頭打者に3塁打を打たれ、次打者の内野ゴロで追加点かと思われたが、バックホームタッチアウトで追加点を阻止。しかしその打者走者をスクイズで返され、1失点。4回表、2アウトから田戸がヒットで出塁するも得点に結びつかず。4回裏、先頭打者をセカンドゴロで取るも、そこから3連続四死球で走者をためた後、右中間へ2塁打を打たれ、2失点し、大会規程により、試合終了。

単打:田戸、宗田

連日連投の先発森永は前日の疲れが残っていたが、ストライクゾーンの左右上下を広く使う丁寧な投球ができ、強い打球は打たれず、外野へのヒットは2本だけと踏ん張りました。守備陣もよく足を動かし、いい守備をしていました。攻撃は、バットはよく振れていたが、相手投手の打たせて取る緩い球に、打つべき球、手を出すべき球を絞りきれず、内野ゴロを打たされてしまいましたが、2本のヒットは、しっかり打ったいい打球のヒットでした。慣れない決勝戦の大舞台で緊張し、本来の力を出し切ることができず、小技を主体に、こつこつと点を重ねられてしまいました。今日の試合は、選手たちには、よい経験であり、次への目標がはっきりしました。次の目標に向かってまた頑張ろう!

vsレッドサンズ(by若色さん)
※お忙しいところ撮影に来ていただき、そして画像を提供していただき、ありがごうございます。子供たちは、もう少しかっこいいところを撮ってもらいたかったと思いますが。

vsレッドサンズ(by石田哲也くんのお母さん)

堂々の準優勝で、メダルを手にすることができました!ほんとうによく頑張りました!

2014年7月予定

【大会予定】
夏季大会(高学年・低学年):6/15(日)~7/13(日)
ジャビット大会(高学年):6/8(日)~(適宜)
新人戦都大会予選(5年生以下):7月下旬
東武杯(低学年):7月下旬~

【更新履歴】
6/23更新:6/22(日)夏季大会雨天中止による大会日程変更
6/25更新:河川敷練習追加(7/5,7/6,7/12)
6/29更新:(高学年、低学年)大会日時変更
7/7更新:(高学年)ジャビット2回戦追加(7/12)
7/7更新:(低学年)東武杯大会予定追加(7/21,27)
7/15更新:(高学年)ジャビット準決勝・決勝・表彰式追加(7/20,7/21)
7/15更新:(全学年)夏季大会閉会式追加(7/19)
7/18更新:(低学年)7/20,7/21予定変更
7/22更新:(低学年)東武杯2回戦予定追加(7/27)

7/5(土)
高学年:9:00~11:00(六義園)練習/12:20~(目白台西面1)ジャビット大会1回戦(vs豊島ケ丘ラークス)
低学年:9:00~11:00(六義園)練習/15:00~(後楽公園1)夏季大会1回戦(文京パワーズ)
※14:00~18:00(江北橋右岸)練習
7/6(日)
高学年:8:00~10:15(神明)練習/10:30~12:00(駒本小)練習
低学年:8:00~10:15(神明)練習/14:00~(後楽公園)夏季大会2回戦(vs茗荷谷クラブA)

7/12(土)
高学年:8:00~10:00(神明)練習/11:20~(六義園B1)ジャビット大会2回戦(vsストロングJr)
低学年:10:00~14:00(日の出CD)練習
7/13(日)
高学年:8:00~10:15(神明)練習/10:30~12:00(駒本小)練習
低学年:8:00~10:15(神明)練習/10:30~12:00(駒本小)練習

7/19(土)
高学年:9:00~11:00(神明)練習/14:30~(六義園)夏季大会閉会式
低学年:9:00~11:00(神明)練習/14:30~(六義園)夏季大会閉会式
7/20(日)
高学年:8:00~(神明)練習/11:20~(六義園A3)ジャビット大会準決勝(vs菊坂ファイヤーズ)
低学年:9:30~(神明)練習/13:00~15:00(東大グランド)練習試合
7/21(月祝)
高学年:8:00~(神明)練習/11:00~(六義園A3)ジャビット大会決勝(vs未定)※準決勝結果次第/13:00~(六義園)表彰式
低学年:7:00(神明)集合/9:30~(竹ノ塚グランド)東武杯1回戦(vsスマイル太陽)/13:00~17:00(上野公園野球場)練習

7/26(土)
高学年:8:00~12:00(神明)練習
低学年:8:00~12:00(神明)練習
7/27(日)
高学年:8:00~(神明)練習/11:00~13:00(後楽公園)
低学年:8:00~(竹ノ塚グランドA3)東武杯2回戦(vs早稲田少年野球クラブ)※後審判
※15:00~17:00(後楽公園)

2014年 第2回TCN杯出場決定!

文京区少年軟式野球連盟からの連絡で、高学年チームの第2回TCN杯への出場確定しました。

●日程:11/23(日)~11/24(月振休)
●場所:六義園、目白台、荒川河川敷グランド

ディフェンディングチャンピオンにふさわしい、勇気と元気あふれる試合をしたいですね!

2014年 夏季大会

◆大会内容(予定)
◇大会期間:2014/6/15(日)~7/13(日)
◇出場編成:【高学年】、【低学年】
◇試合場所:六義園、後楽公園
◇開会式:6/15(日)9:30~(六義園)
◇閉会式:7/13(日)14:30~(六義園)予定
◇大会内容:トーナメント戦(トーナメント表

【高学年】
○6/15(日)10:40~(六義園A3)1回戦(vs豊島ケ丘ラークス)

モンキーズ 1 0 0 1 4 | 6
ラークス 1 0 0 2 0 | 3

1回表、先頭打者四球の後、岸、森永の連続ヒットで1点を先制。しかし、その裏、四球で出した走者を3塁に置き、ボテボテの内野ゴロが内野安打となり、同点。4回表、2アウトから、三浦、中筋の連続3塁打で1点を返すも、その裏、またしても、2アウトまで取るものの、ヒットで出した走者をタイムリーで返され、さらに相手走者の3塁盗塁を阻止しようとした送球が1バウントし、レフトへ抜け、ミスで逆転される。4回表、2塁打で出塁した森永を3塁におき、同点のチャンスに後続打者が三振し、そこまでかと思われたが、ワイルドピッチに判断よくスタートを切り、再び同点に追いつく。その後、四球と三振振り逃げで走者をため、姜が決勝点となるタイムリー2塁打を放ち、その姜がさらに走塁で本塁に生還し、6-3とする。5回裏、ピッチャーフライエラーで走者を出し、いやな雰囲気になりかけ、2アウトまでこぎ着けるも、相手4番右打者の打球はライトライン際へのライナー性で、長打かと思われた・・・が、ライト中筋が見事にランニングキャッチし、ゲームセット、1回戦を再逆転で勝利することができました。

単打:岸
2塁打:森永(2)、姜
3塁打:三浦、中筋

この日の先発森永は1四球のみの好投。ベンチから見ていて、その表情からたいへん集中していることがわかりました。何人かチャンスで思うように打てない選手、打席でボール、ストライクの見極めができない選手がいました。次の試合では、とにかく1球1球に集中することと、打つんだ!という強い意志を持って、打席に立つことだと思います。足りないのはそれだけだと思います。
ちなみに、最後のライトライナーを好捕した中筋に試合後、どうしてあの打球が取れたの?と聞いたら「夢中で足を動かしたら、追いつけた!」と。中筋のその勇気が、あのファインプレイを生んだのだと思います。それに右打者なので、自分のところ(ライト)へは来ないと気を抜く場面ですが、よく集中もしていたのだと思います。打球へ向かう足運びやキャッチする瞬間などのグラブさばきなど、言い出せば細かい技術があるけれど、それ以前に、自分のところに来るぞ!と集中して、来たら目一杯足を動かして、くらいつけば、ヒット性の打球でも取れる!というお手本のようなプレイでした。他のみんなもできるんだよ。2回戦も頑張ろう。

1回戦(vsラークス)

○6/29(日)14:40~(六義園A3)1回戦(vs茗荷谷クラブ)

モンキーズ 0 0 0 0 0 | 0
茗荷谷   1 3 0 0 4 | 7

1回表、森永がヒットで出塁するも、得点できず。1回裏、相手攻撃はセンター前ヒットのあと、ライトへ2塁打を打たれ、1点を先制される。2回裏、まだ動きの固い守備で、内野の間を抜かれるヒットと四球のあと、犠牲フライとタイムリーで3点を追加され、0-4となる。一方、モンキーズの打線は、相手投手のスピードボールと緩急をつけた投球に、2回、3回と6連続三振。3回裏の相手攻撃でも失点を予感させる流れであったが、無失点で抑え、4回表、2アウトから田戸が右中間を抜く3塁打で出塁し、後続の宗田が1,2塁間を抜いたものの、打球が早くライトゴロとなる。5回裏、先頭レフト前の後、四球で走者をためるも、2アウトまでこぎつけ、またも無失点で切り抜けると思われたが、右中間への三塁打で2失点。その後、四球を出し、2アウト2,3塁の場面で、レフト前ヒットを打たれ、合計4失点し、大会規定によりゲームセット。

単打:森永
3塁打:田戸

春大会優勝チームを相手に、スコアは一方的ながら、内容は点差ほど一方的だとは感じませんでした。
先発森永は、今回もマウンド上で集中でき、その球威は、相手打者を苦しめていました。間々で失点につながる四球を出していたのが少しもったいなかった。
守備は、内野外野ともゲーム開始早々からもっと足が動いていれば、1回、2回にアウトにできたと思われる打球がいくつかあり、ようやく足が動きだした3回、4回は無失点に抑えることができました。その中でも、センター石田は、広い守備範囲でヒット性のフライもアウトにするファインプレイを見せ、この日の試合で慣れない捕手に起用された中筋は今後の成長を感じさせるものでした。この6年生のセンターラインができれば、もっと強くなれる予感がしました。
打撃は、2回、3回と6連続三振で少し残念でしたが、全員、相手投手の速球に臆することなく、バットが振れていたのでよかったと思います。特にボールカウント3-1から右中間を抜いた田戸のバッティングは、四球を待つのではなく、ストライクを取りにくる球に集中し、それを振りにいった勇気の成果で、見事なバッティングでした。

2回戦(vs茗荷谷戦)

【低学年】
○7/5(土)15:00~(後楽公園1)1回戦(vs文京パワーズA)

モンキーズ 3 0 6 | 9
パワーズ  1 0 0 | 1

1回表、先頭2打者が四球で出塁した後、黒岩の2塁打などで、3点を先制。1回裏、四球で出した走者を返され、1失点。2回はお互いに無得点で、3回表の攻撃は、相手エラーや四球、浜谷のタイムリー2塁打などで6得点し、1回戦を勝利しました。

2塁打:黒岩、浜谷

先発矢後の速球は始終相手打者を苦しめ、1失点のみでしっかりゲームを作ることができたことが、大きな勝因だと思います。2回戦も頑張ろう!

○7/6(日)14:00~(後楽公園)2回戦(vs菊坂ファイヤーズA)

ファイヤーズ   3 2 1 4 | 10
モンキーズ 0 2 0 0 | 2

相手打線に、ストライクを確実に打ち返され、少ない失点ながらも毎回失点し、回を追うごとに点差を広げられました。モンキーズ打線は、2回裏、稲垣、浜谷の連打で1点、ヒットで出塁した黒岩が盗塁とワイルドピッチで生還し1点の合計2得点のみでした。

2014年 夏合宿のお知らせ

2014年の夏合宿の予定ですが、以下の通りにて決定しました。

●日時:8/23(土)~8/24(日)
●場所:東大検見川グランド

※参加調整をお願いします。
※詳細は別途案内します。

プロフィール

Little Monkeys

Author:Little Monkeys
東京都文京区で活動する
軟式少年野球チームのリトルモンキーズです。
随時、新規メンバーを募集しています。まず体験参加からどうぞ(月間予定表をご確認いただき、見学・練習体験に来てください!)。
チーム紹介・指導方針
入会案内ページはこちら!
事前の質問等は以下のメールフォームよりご連絡ください。

練習試合のお申込みも随時受け付けています。
ご連絡よろしくお願いします。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

カレンダー

06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Copyright © Little Monkeys