2016年 三区親善野球大会(文京・台東・中央)

※南さんから提供いただいた集合写真を追加しました。
◆大会内容(予定)
◇大会期間:2016/5/8~5/15
◇出場編成:【高学年】
◇試合場所:六義園、目白台
◇開会式:5/8(日)9:30~六義園
◇閉会式:5/15(日)六義園
◇大会内容:トーナメント戦

【高学年】
○5/8(日)13:40~(六義園B)1回戦(vs台東レインボーズ)

モンキーズ  1 4 0 0 0 10 | 15
レインボーズ 1 2 0 2 0 5 | 10

1回表、大山のツーベースと稲垣のタイムリーツーベースヒットで先制。1回裏、3塁打の後、外野フライタッチアップで同点にされる。
2回表、ノーアウトでエラーと四球で走者をため、熊谷のタイムリースリーベース、伊藤のタイムリー、鶴岡のツーベースで4点を追加。2回裏、エラーで先頭を出し、連続三振で2アウトまでこぎ着けるものの本塁打を打たれ2失点する。
3回表、先頭黒岩のヒットとエラーでノーアウトの走者を出すものの得点に結びつかず。3回裏、2アウトから四球を出すものの無失点で、2点リードで前半戦を折り返す。
4回表、2アウトから稲垣が3ベースで出塁するものの得点ならず、4回裏、先頭をヒットで出し、タイムリー2ベースを打たれ、さらに長打を打たれ、逆転を許すかと思われたが、打者走者をバックホームでアウトにし同点で切り抜ける。
5回表、四球で2走者を出すものの勝ち越し点をとることができず。5回裏、2アウトからヒットで走者を出し、盗塁で得点圏に走者を進められるも、追加点を許さず。
5回終了時点で大会規程の試合時間を過ぎたので特別ルールでの延長戦に突入。6回表、無得点で2アウトになるものの、そこから連続四死球とエラーにより得点し、阿部、大山、鶴岡のヒットにより合計10得点し、5回裏、先頭打者から連続ヒットと死球などで5失点するものの、なんとか逃げ切り1回戦を勝利しました。

単打:伊藤、大山、黒岩、阿部
2塁打:大山、鶴岡(2)、稲垣
3塁打:稲垣、熊谷

2回表の4得点にて、試合を有利に進めるかと思われたが、じりじりと点差を詰められて、決着は特別ルールでの試合となりました。2回は先頭打者をエラーで出し失点に結びつき、4回もヒットの走者をエラーでスコアリングに進め失点に結びつきました。
しかし、ここのところの試合での課題であった「ミスを続けない、ミスを切り替えること」ができ、大量失点には結びつくことはありませんでした。2回戦も頑張ろう!
レインボーズは、スコアリングに走者を置くものの中押し点、勝ち越し点を許さない粘り強いチームでした。

○5/15(日)11:00~(六義園A3)準決勝(vs日本橋ファイターズ)

モンキーズ  0 0 0 0 | 0
ファイターズ 1 0 3 3×| 7

1回裏、レフトへのライナー性の打球が抜けて本塁打で1点を先制される。3回裏、エラーと四球で走者をため、ワイルドピッチでランナーをすすめ、ライトへの強烈なライナーを浜谷が好捕するも犠牲フライとなり1失点、さらに左中間を抜く本塁打を浴び合計3失点。4回表、先頭打者がヒットで出塁するも、内野フライで飛び出しダブルプレイとなる。4回裏、1アウトから3連続四球で満塁とし、高いバウンドのゴロが外野へ抜け1失点。そこから2連続四球で押し出し2失点したところで、大会規定により試合終了。

単打:伊藤

相手ピッチャーの速球に1安打に抑えられてしまい、スコアリングに走者を送るチャンスを何度か作るものの得点に結びつけることはできませんでした。
2回~4回では1イニングに必ず2つ以上の四球で走者を背負い、それに加えて消極的な守備もあり、得点を許してしまいました。
何より投手陣の四球の多さが試合の大きな流れを決めてしまいました。それに加え負けている場面での消極的な守備や走塁ミスにより、ゲーム流れを戻すことはできませんでした。むしろ相手チームの主導権を確実にしてしまいました。ミスをしてもそれを切り替えることが大事。負けている場面では点差により慌てないことが大事。打ち急いで無理に打ちにいかない、判断ミスをした走塁としない。次の大会に向けて、また練習を頑張ろう。
ファイターズは、打線に迫力があり、どこからでもチャンスを作れるチームでした。

201605三区

2016年5月予定

【大会・イベント予定】
4/3(日)~年内:(高学年・低学年)フラップリーグ
4/17(日)~5/4(水祝):(高学年・低学年)春季区民大会
4/29(金祝)~:(高学年)西新井リーグ杯争奪学童軟式野球大会
5/8(日)~5/15(日):(高学年)三区親善大会

【更新履歴】
5/1更新:5月九中利用不可・河川敷練習追加(5/7,5/14,5/21)
5/2更新:西新井リーグ2回線予定追加(5/3)
5/10更新:三区親善大会予定追加(5/15)
5/17更新:5/28後楽公園時間変更、5/29ポップアスリート大会1回戦追加

5/1(日)
8:00~10:15(神明)練習/10:30~12:00(駒本小)練習
※(高学年)11:00~(西新井みどりグランド)西新井リーグ杯大会1回戦(vs西日暮里グラフィティーズ)

5/3(火祝)
8:00~10:15(神明)練習/10:30~12:00(駒本小)練習
※(高学年)12:10~(西新井橋E)リーグ杯大会2回戦(西伊興若潮ジュニアB)※後審判
5/4(水祝)
8:00~10:15(神明)練習/10:30~12:00(駒本小)練習/14:30~(六義園)区民大会閉会式
※区民大会決勝/(高学年)西新井リーグ杯争奪学童軟式野球大会
5/5(木祝)
※大会試合および行事がない限り休み

5/7(土)
10:00~14:00(西新井橋J面)練習
※フラップリーグ
5/8(日)
8:00~10:15(神明)練習/10:30~12:00(駒本小)練習
(高学年)9:30~三区親善大会開会式/13:40~(六義園B)1回戦(vs台東レインボーズ)
※フラップリーグ

5/14(土)
8:00~12:00(江北橋左岸)練習
5/15(日)
9:00~11:00(後楽公園)練習(10:30~12:00(駒本小)練習)
(高学年)11:00~(六義園A3)三区親善大会準決勝(vs日本橋ファイターズ)

5/21(土)
14:00~18:00(江北橋左岸)練習※昭和小登校日
5/22(日)
8:00~(神明)練習/11:00~13:00(六義園)練習(10:30~12:00(駒本小)練習)

5/28(土)
8:00~12:00(神明)練習/13:00~17:00(後楽公園)練習
5/29(日)
8:00~10:15(神明)練習/10:30~12:00(駒本小)練習
(高学年)午後(吉右衛門堀公園内グランド)ポップアスリート大会1回戦(vs花畑ツバサクラブ)

2016年 西新井リーグ杯争奪少年軟式野球大会

◆大会内容(予定)
◇大会期間:2016/4/29~
◇出場編成:【高学年】
◇試合場所:西新井橋野球場
◇開会式:4/29(日)西新井橋野球場
◇閉会式:未定
◇大会内容:トーナメント戦

【高学年】
○4/29(金祝)時間未定(西新井橋グランド)1回戦(vs西日暮里グラフィティーズ)

グラフィティーズ 0 0 0 0 | 0
モンキーズ   2 2 0 3× | 7

1回裏、2アウトから鶴岡ヒット、四球を挟んで稲垣の2塁打で2点を先制。2回裏、先頭大山ヒットのあと、伊藤のタイムリ2塁打、加藤のタイムリー2塁打で2点を追加する。先発大山は、2回までをパーフェクトピッチングで立ち上がり、ゲームの流れをしっかりつかむ。
4回裏、先頭大山ヒット、伊藤ヒット、鶴岡2ベース、加藤ヒットで2得点し、さらに福原のセンターへのヒットで、走者が生還し、大会規定により1回戦を勝利する。

単打:伊藤、鶴岡、加藤、大山(2)
2塁打:伊藤、鶴岡(2)、加藤、稲垣

上位、中軸打線がよく打ち、先発大山が1与四球、1ヒットのピッチングで、投打がかみ合い、着実に得点し勝利できた試合でした。グラフィティーズは、外野からの返球が早い、守備のうまいチームでした。

○5/1(日)12:10~(西新井橋グランドE面)1回戦(v西伊興若潮ジュニアB)

ジュニア     0 0 2 6  | 8
モンキーズ   0 1 0 0 | 1

1回表お互い無失点。2回裏、四球を選んで、走者を押し出し1点を先制。3回表、先頭打者をヒットで出し、その走者を3塁まで進められ、内野ゴロで同点。さらに内野安打出した走者を外野フライタッチアップで逆転される。さらに4回表、先頭ヒット、四球のあと、ピッチャーフライで1アウトにするも、内野ゴロフィールダースチョイスで満塁にされ、ヒット、四球、エラーで4失点し、三振で2アウトととし、ライトへの早いゴロがライトゴロと思われたが、後ろに下がって捕球し、タイムリーになり、合計6失点。4回裏、三者凡退し、大会規定により試合終了。2回戦敗退しました。

単打:伊藤

1回、2回と素晴らしい守備とピッチングにより、相手攻撃を無失点に抑え、2回裏、無安打で先制点をもぎとり、試合の流れをつかみかける。しかし直後の3回表に、エラーなども絡み逆転をゆるしてしまい、4回表にも、ランダウンプレイをアウトにできなかったり、エラーや消極的な守備で6失点してしまいました。あの試合を勝つとすれば、おそらく僅差で勝ち抜けるしかないと思うので、主にミスにより多量失点しまったことは少し残念でした。
試合後のミーティングでコーチから言われた通り、キャッチボールができていなかったり、考えたプレイができていなかったり、反撃の場面でボールに手を出し三振してしまったり。次の大会ではこれらの失敗、反省点は生かすようにしよう。
だけれども、強いチームを相手に2回までリードし、流れをつかみかけ、ベンチの声もよく出て、雰囲気がよく試合できたことは、たいへんよかったです。
若潮ジュニアは、打線に迫力があり、たいへん早い走塁で、チャンスを一気に得点に結びつける力強さと、内野ゴロダブルプレイする守備力のあるチームでした。

2016年 春季区民大会

◆大会内容(予定)
◇大会期間:2016/4/17~5/3(予備5/4,5/5)
◇出場編成:【高学年】【低学年】
◇試合場所:六義園、後楽公園、小石川運動場
◇開会式:4/17(日)9:30~
◇閉会式:5/3(日)15:00予定
◇大会内容:トーナメント戦(詳細は連盟HP:春季区民大会

【高学年】
○4/29(金祝)13:00~(六義園A1)1回戦(vs白山サンデーボーイズ)

モンキーズ  0 2 0 0 0 0 | 2
サンデー   1 0 0 1 2 × | 4

1回裏、四球で出した走者を外野フライエラーで先制点を取られるものの、2回表、四球とエラーで走者をため黒岩のタイムリー2ベースで逆転に成功。4回裏、レフト前ヒットと思われたゴロを後逸し、ホームランとし同点にされる。
5回裏、先頭打者を内野安打で出し、送りバントのあと、タイムリーで1失点、さらに左中間へのホームランで2失点し、2-4とされ、6回表、三者凡退で1回戦を敗退する。

単打:金森
2塁打:黒岩

さらなる追加点を狙う、中押し点の走者が走塁ミスでアウトになったり、同点の走者がけん制でアウトになったりと、攻撃、反撃の流れを止めてしまい、なんでもない外野ゴロを後ろにそらし同点にされて、試合の流れを自ら失ってしまいました。失点のほとんどがミスに起因し、ミスが絡み、残念な試合でした。考えたプレイをすれば、もう少し防げたミスではなかったかな。失敗は一番の勉強。次回以降の大会で同じミスをしないように頑張ろう!

【低学年】
○4/24(日)15:00~(後楽公園3)1回戦(vs大塚ミスギホープ)

モンキーズ 0 0 0 | 0
ミスギ   10 2 × | 12

1回表のモンキーズの攻撃では、エラーなどによりスコアリングまで走者を進めるものの先制点を取ることできず。
1回裏、先頭2打者を四球で出し、エラーなどで先制点を奪われ、1アウトを取るものの10失点し、大会ルールによりチェンジ。
2回表、三振振り逃げや四球などで、2走者を出すものの牽制でアウトになり、得点に結びつかず。2回裏、わずか2失点で3アウトを取り、攻守交代。
3回表、小柴の内野安打、四球で2走者を出し、1アウト2,3塁のチャンスを作るものの、あと1本が出ず、攻撃終了し、大会規程により1回戦を敗退。

ヒット:小柴

守備では、練習の成果が十分に出ていたと思います。内野、外野への打球は各選手ともきちんと見えていて、グローブに当てたり、打球によったりと、反応をしていたので、取れるようになるまで、アウトにできるようになるまではもう少しだと思います。特に感心したのは、外野に抜かれた打球を必死に追いかけ、懸命に内野に返していたプレイ。たいへんすばらしいと思いました。
打撃でも積極的にスイング出来ていました。走塁においては、4つの盗塁を全て成功させ、練習の成果がでていました。しかし、その走者をけん制でアウトにしたことは、少しもったいなかったかな。走塁は鬼ごっこの要領で、ベースという安全地帯を離れたら鬼に見つかって捕まらないように、一瞬も気を抜いたり、ボールから目を離してはいけないんだ。
野球は失敗するスポーツ(3つの打撃失敗(アウト)を重ねると攻撃が終了になる)と言われるので、失敗はありき。その失敗やピンチを仲間と乗り越えて、再び元気を出すことが大切なスポーツです。
次の大会に向けて、また練習を頑張ろう。

プロフィール

Little Monkeys

Author:Little Monkeys
東京都文京区で活動する
軟式少年野球チームのリトルモンキーズです。
随時、新規メンバーを募集しています。まず体験参加からどうぞ(月間予定表をご確認いただき、見学・練習体験に来てください!)。
チーム紹介・指導方針
入会案内ページはこちら!
事前の質問等は以下のメールフォームよりご連絡ください。

練習試合のお申込みも随時受け付けています。
ご連絡よろしくお願いします。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

カレンダー

04 | 2016/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Copyright © Little Monkeys