FC2ブログ

2015年度 卒業生に贈る言葉

卒業おめでとうございます。

君たちの学年はほとんどの子が1~2年から入部し、早くからチーム編成が出来て歴代の学年の中で一番試合をした学年だったと思います。
その結果いろいろな大会で結果も残せた学年でした。
また5年の時は当時の6年に混じってレギュラーで活躍もしました。
最後はケガ、塾などでなかなか全員がそろって試合をすることが出来ませんでしたが、勝っても負けてもみんな楽しそうな顔で試合をしてたのがとても嬉しく思いました。

リトモンの野球はもちろん勝利を目指して練習しますが、それよりも大事なことは楽しく野球をすること、仲間と一緒に目標に向かって行動すること、相手に対する思いやりをもつことなどです。みんなは確実にそれらに事が出来ていたと思いますし、その気持ちをこれから先も忘れないでください。

これから中学、高校へ行ってもぜひ野球を続けてください。高校野球は本当に素晴らしい場です。これはやったものだけにしかわからない世界ですが、必ず君たちの人生の柱となる経験になると思います。
ただこれからの野球は楽しいだけの野球ではなく、厳しい練習、ライバルとの競争、上下関係、などいろんな問題がありますがそんな問題もあとになれば楽しい思い出に変わるのでぜひ頑張ってください。
一つ重要な事ですが、これから先、君たちが、野球だけでなくその他の事でもいろいろと監督、コーチ、先生などからあれこれ指導されると思います。その時にはただ教わるのではなく、必ずまず自分で考えてください。
教える側は自分の知っている知識を細かくすべて教えたがる人が多いです。自分に合わない指導もいっぱいあります。その時に自分でまずやってみて、考えて自分に合わないと思ったら聞かないことも大切です。さもないと自分を見失ってどうしていいかわからなくなってしまいます。
まず自分で考えて自分のスタイルを確立してください。中学、高校になればそれが出来るようになりますよ。勉強でも他のスポーツでも何でも、まず考えて自分のスタイルを確立した子はどんどん伸びていきます。

以前の卒業生も伝えたのですが「バットは振らなきゃ当たらない」という言葉を覚えていてください。
この先の人生において、ただバッターボックスにバットを持って立っているだけでは何も起こりません。来た球を打ち返す、思い切り空振りすれば振り逃げもあります。転がせば何かが起こります。ただバットを持って立っているだけでは何も起こらず、下手したらデッドボールで大けがしちゃうかも知れません。
そのためには、いつもいい球が来たら打つという積極的な姿勢が大事です。せっかくこの先の人生においてチャンスが来ても呆然と見逃したら大損です。いつもいい球を狙って確実にホームランにしましょう。

リトモンには、たくさんのOBがいます。いまでも顔を出してくれる子がいっぱいいます。
みんないい思い出として、リトモンを愛してくれています。
今年の卒業生も必ずリトモンを思い出して遊びに来て、キャッチボールをしていってください。いつでも大歓迎で待っています。
これからも頑張ってください。野球を絶対に嫌いにならないでください。
一緒に野球が出来て本当に楽しかったです。

リトルモンキーズ 安藤

プロフィール

Little Monkeys

Author:Little Monkeys
東京都文京区で活動する
軟式少年野球チームのリトルモンキーズです。
随時、新規メンバーを募集しています。まず体験参加からどうぞ(月間予定表をご確認いただき、見学・練習体験に来てください!)。
チーム紹介・指導方針
入会案内ページはこちら!
事前の質問等は以下のメールフォームよりご連絡ください。

練習試合のお申込みも随時受け付けています。
ご連絡よろしくお願いします。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
Copyright © Little Monkeys