2017年 夏季大会

◆大会内容(予定)
◇大会期間:2017/6/4~7/2
◇出場編成:【高学年】【低学年】
◇試合場所:六義園、後楽公園
◇開会式:6/4(日)9:30~(六義園)
◇閉会式:7/2(日)14:30~(六義園)
◇大会内容:トーナメント戦

※開会式での選手宣誓は、大山くんが行います。

【高学年】
○6/4(日)10:40~(六義園A3)1回戦(vs豊島ケ丘ラークス)

ラークス  9 0 3 5 | 17
モンキーズ 3 0 2 3 | 8

1回表、先頭2打者を内野ゴロエラー、バントヒットで出し、そこから5連続四球で4失点。そこからいくつかの外野フライがアウトにできず合計9失点。
1回裏、先頭から連続四死球で出た走者を2人置き、大山の3ランホームランで3得点し反撃。2回表、内野ゴロエラーで2走者を出すピンチを切り抜け無失点。
3回表、先頭から四球と送りバント悪送球で1失点し、さらに本塁打で合計3失点。3回裏、1アウトから大山のヒットとエラーで走者を出し、五十畑の内野安打、飛騨のタイムリーヒットで2得点。
4回表、ヒット、三塁打、ホームランのあと連続エラーで5失点。4回裏、先頭2打者で2アウトとなり、ここまでかと思われたが、死球で走者が出て、そこから大山、福原、五十畑の6年生の3連打で3得点することができました。

単打:大山(2)、五十畑、飛騨
2塁打:五十畑
3塁打:福原
本塁打:大山

ゲームは取られたら取り返す展開でたいへん良かったですが、1回表の9失点が重過ぎ、接戦に持ち込むことはできませんでした。
1回表の守備は、4年生が緊張で本来の力が発揮できず、そこに連続四球が絡んでしまい、典型的な大量失点パターンにはまってしまいました。しかし1回裏、四死球で出た2走者をおき大山のスリーランホームランで3点を返し、4年生の緊張もほぐれ、2回表の守備は先頭2打者をミスで出すものの無失点で抑えることができ、チーム、ベンチの雰囲気がよくなりました。
ゲーム中盤まで6年生の活躍が見ることができず不満だったけれど、3回裏の五十畑、飛騨のタイムリーヒット、最終回の2アウトから大山、福原、五十畑の3連打で3得点を上げ、6年生らしさ、意地を見ることができ、うれしかったです。守備でも6年生外野の2人がバックアップに走ったり、ヒット性の打球をポジショニングよくフライアウトにしたり、よかったです。
4年生も試合終了までに、内野の子は自分への打球を1つ以上のアウトにできたし、外野の子も素早く落下点に入り(打球に寄り)グローブに当てることができていたし、抜かれた打球を懸命に追い3塁打で止めることができていたし、たいへんうれしかったです。外野はあまり細かく言うことはないと思いました。内野は試合後のミーティングで1つだけアドバイスしたよね。もっと外野からの中継練習する時間があればよかったかな。
試合は全員が出場し、全員が何らかの形で打球処理や得点に絡み(走塁し)ました。常に負けてはいる展開ながら、多くの選手が始終笑顔でプレイし、監督、コーチに強く言われることなく走塁コーチャーにも出て、いい雰囲気で試合に取り組むことができ、よかったと思います。
次はジャビット大会、頑張ろう。

【低学年】
○6/11(日)11:20~(六義園B3)1回戦(vs豊島ケ丘ラークス)

ラークス   0 0 2 | 2
モンキーズ 4 1  x | 5

一回戦を見事勝利で飾ることが出来ました。
この試合は今までで最少失点の2点で抑えることができましたが、牽制、中継プレーでアウトを取るなど、日頃の練習の成果が出た試合でした。
投手陣も先発・抑えとたいへん良く頑張りました。ファーボールがひとつもなく締まった試合の大きな要因でした。
応援も、大きな声が出てチームの士気を大きく上げていました。
鶴岡低学年監督、コーチから何も言われることなく4年生が中心となりお互い声を出し合い、仲間を励ましあい勝利をもぎ取ることができたと思います。
また次回の勝利に向け、慢心することなく日頃から気合いを入れていこう!

○6/24(土)15:00~(後楽公園1)2回戦(vs西千タイガース)

タイガース  6 3 2 3| 14
モンキーズ 2 1  8  4x| 15

準々決勝も見事、サヨナラで勝利で飾ることが出来ました。
初回にエラーがらみで6失点し、それが重くのしかかり、最終回と思われた三回に8点差となってしまいましたが、一人一人が塁に出ようと必死になり、追いついたのはたいへん立派でした。
ノーアウト満塁からはじまる延長戦でも、3点の失点で防ぎ、最後に大逆転をする子供たちにの姿にはたいへん感動しました。

鶴岡低学年監督の教えである、ワンプレーに全力に!仲間を大切に!を胸に明日も全力プレーて行こう!

○7/1(土)15:00~(後楽公園3)準決勝(vs菊坂ファイヤーズA)

ファイヤーズ 0 6 1 | 7
モンキーズ  4 1 0 |  5

準決勝は残念ながら勝利を掴むことが出来ませんでした。
相手は春季大会で優勝している強豪チームのファイヤーズでしたが、一時は大きくリードを奪い、非常に惜しいゲームでした。
特にバッティングについてはファイヤーズが2本のヒットに対し、モンキーズは4本と、互角以上の力を発揮していました。
二回の6失点はファーボールが3個、とエラー3個が原因でした。日頃からワンプレーを大切に、次こそ優勝するように頑張っていこう!
また、菊坂ファイヤーズさんは3つの感謝(仲間及び対戦相手への感謝、保護者への感謝、用具及びグラウンドへの感謝)を大事にしているチームです。
君達も相手チームのよいところはどんどん取り入れて、より強いチームにするよう切磋琢磨していこう!

プロフィール

Little Monkeys

Author:Little Monkeys
東京都文京区で活動する
軟式少年野球チームのリトルモンキーズです。
随時、新規メンバーを募集しています。まず体験参加からどうぞ(月間予定表をご確認いただき、見学・練習体験に来てください!)。
チーム紹介・指導方針
入会案内ページはこちら!
事前の質問等は以下のメールフォームよりご連絡ください。

練習試合のお申込みも随時受け付けています。
ご連絡よろしくお願いします。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Copyright © Little Monkeys