2017年 小西杯

◆大会内容(予定)
◇大会期間:2017/12/2~12/10
◇出場編成:【高学年】
◇試合場所:竹ノ塚5丁目グランド他
◇開会式:なし
◇閉会式:なし
◇大会内容:トーナメント戦

【高学年】
○2017/12/3(日)10:30~(竹ノ塚5丁目グランド1)2回戦(vs竹ノ塚ファイヤーズ)※後審判

モンキーズ  0 0 0 0 6 | 6
ファイアーズ 1 1 2 0 3×| 7

1回表、先頭田村(F)がレフト前ヒットで出塁するも無得点。1回裏、1アウトからセーフティバントで出た走者を2盗で2塁におき、内野ゴロが送球エラーとなり1点を先制される。
2回表、三者凡退し、2回裏、先頭打者を四球で出し、その走者が3盗を企図の3塁への送球がエラーとなり1失点。
3回裏もまったく同じパターンで、先頭打者を四球で出し、同じように3盗企図の3塁送球がエラーとなり1失点、さらにヒットで出した走者をライトへの犠牲フライで生還させ、この回2失点する。
4回裏、この試合、初めて相手攻撃を無失点で抑え、5回表、先頭五十畑ライト前ヒット、亀山(F)、村山(F)と3連打で満塁とし、上田(F)が四球を選び、押し出し1点。そこからワイルドピッチなどのミスで4点を追加し、2アウトになるものの四死球で再度走者をため、五十畑のタイムリーヒットでこの回6得点し、逆転に成功する。
5回裏、先頭を四球で出し、2回、3回とまったく同じ、3盗の3塁送球がエラーで1失点。その後ヒット2本でサヨナラの走者を出し、三振で2アウトまでこぎ着けたが、その次の打者が打った内野と外野の間のフライを譲り合い、2走者が返りサヨナラ負けとなる。

単打:田村(F)、五十畑(2)、亀山(F)、村山(F)、

最終回の守りで、1点差まで詰め寄られ、相手チームの最後の打者がフライを打ち上げた瞬間に勝利したと思われたが、譲りあい捕球できなかったことが負けた理由かと思われるけれど、実際には試合を通じて、7失点のうち4失点はタイムリーヒットではなく、エラー絡みの失点であることがほんとうの敗因と思われる。その中でも3盗阻止のための3塁への送球エラーで、その走者を本塁へ生還させている場面が3回あった。しかもタイミングがアウト。
では作戦として、3塁送球をやめてしまう(3盗をスルーする)!というのも考えられるが、それは選手たちの野球成長にならないので出来ません。練習中「3塁への送球は逸らしたら1点になる!セーフでもいい、捕れなくてもいい、最悪ボールを止めるんだ!」ってずっと言って来たつもりなんだよねえ。上手さはあまり求めていません。勇気あるプレイをしようよ。
戦前は大敗するのでは?と思っていたけれど、思わずの接戦の楽しい試合で、ミスを少なくするというよりも、もう少しの勇気と元気を出せば、結果が違っていたかも知れなかった試合でした。

プロフィール

Little Monkeys

Author:Little Monkeys
東京都文京区で活動する
軟式少年野球チームのリトルモンキーズです。
随時、新規メンバーを募集しています。まず体験参加からどうぞ(月間予定表をご確認いただき、見学・練習体験に来てください!)。
チーム紹介・指導方針
入会案内ページはこちら!
事前の質問等は以下のメールフォームよりご連絡ください。

練習試合のお申込みも随時受け付けています。
ご連絡よろしくお願いします。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Copyright © Little Monkeys