FC2ブログ

2019年 本富士大会

◆大会内容(予定)
◇大会期間:2019/9/15~年内
◇出場編成:【高学年】
◇試合場所:後楽公園その他
◇開会式:なし
◇閉会式:未定
◇大会内容:リーグ戦(参加8チーム総当たり)

○2019/9/15(日)13:50~(後楽公園)第1戦(vsストロングジュニア)

ストロング 0 1 1 0 =2
モンキーズ 1 2 1 0 =4

1回表 先発は熊谷。三番打者のセンターに抜けそうなゴロをセカンド福沢が俊足を生かして見事に追いつき、三者凡退で切り抜ける。1回裏 先頭の福澤が中前安打で出塁すると、1死となってから三番藤原の内野安打で1点を先制する。
2回表 1死から左中間を破られる安打。バッテリーエラーでランナーは三塁へ。スクイズで同点に追いつかれる。二、三塁のピンチが続くが、三振とサードゴロでチェンジ。2回裏 1死から熊谷が四球で出ると、金子が右中間フェンスに当てるエンタイトル二塁打。二、三塁から宮部の内野ゴロが相手のエラーを誘い、走者2人が一気に生還。勝ち越しに成功する。
3回表 投手は加藤凱に。振り逃げで出た走者がバッテリーエラーでホームイン、1点差に迫られる。ここから踏ん張り、最後はセカンドへの高いフライを福沢がしっかりつかんで1失点で切り抜ける。3回裏 相手エラーなどで出たランナーを熊谷の内野安打でかえして、4-2に。再び2点差に広げる。
4回表 中野が途中からマウンドに立ち、三振二つを含む無失点で終える。4回裏 打者2人を終えたところで、70分の時間制限でゲームセット。

投打がかみあって、本富士大会初戦を勝利で飾ることができました。同点で迎えた2回裏に下位打線がつながり、2点を取ったことが大きかったです。登板した3投手とも、ランナーを背負いながらも6奪三振で要所を締め、バックも無失策でもり立てたことが勝利につながりました。今後の課題は無駄な暴投・パスボールをなくすことでしょう。
ストロングジュニアさんは小技も駆使し、粘り強い攻撃が印象的でした。

単打:福澤、藤原、加藤凱、熊谷
二塁打:金子

○2019/9/22(日)10:50~(後楽公園)第2戦(vs西千タイガース)

タイガース 2 4 2 1 =9
モンキーズ 0 0 0 1 =1

1回表 先発ピッチャーは熊谷。ランナー1人を置いて、いきなり本塁打で2点を失うが、落ち着いて後続を断つ。1回裏 三者凡退で反撃はできず。
2回表 四球を出したところでピッチャーは藤原へ。ランナー2人を置いて、タイムリーで2失点。さらに再び同じ打者に2点本塁打を浴びる。2回裏、再び三者凡退に終わる。
3回表 3連打で1点を失い、内野ゴロでもう1点。その後は締めるが、0-8とリードを大きく広げられる。3回裏、またも三者凡退に。1人も走者を出せないまま3回を終える。
4回表 ピッチャーは加藤凱に交代。四球と安打で1点を失うが、その後を抑えて0-9となる。4回裏、先頭の青木がヒットで出塁。ようやく待望の走者を出す。2死となるが、中野の内野安打で青木が生還。1点を返して、ゲームセット。

ミスは少なかったものの、じわじわと点差を広げられ、大差となりました。春にこの2倍の点数を取られ、2度大敗した経験を踏まえると、少し差を縮めることができた、という受け止めもできます。3回までランナーを出せなかったので、打線の奮起も必要です。西千タイガースさんは本塁打2本など攻撃力の高さが光っていました。

単打:青木

○2019/9/29(日)9:20~(後楽公園)第3戦(vs文京ファミリーズ)

ファミリーズ 4 0 0 2 0  = 6
モンキーズ  5 0 1 0 1× = 7(サヨナラ勝ち)

1回表 先発投手は藤原。立ち上がりに二塁打、バントヒット、単打でいきなり無死から1点を失う。さらに内野ゴロやスクイズなどが絡んで、計4点を先制される。1回裏、エラーと四球で走者を出すと、藤原の内野ゴロでまず1点。続く中野は左中間二塁打で2点目。熊谷の内野ゴロで3点、田中のバントヒットで同点に追いつく。さらに福沢の内野ゴロの間にもう1点入り、計5点を挙げて逆転に成功する。
2回表 連続三振を含む三者凡退で締める。2回裏 2死から藤原が四球で出る。二塁に進んだ後、相手バッテリーのミスに乗じて本塁を狙ったがタッチアウト。
3回表 再び三者凡退。藤原は制球力があって安定。3回裏 再びバントで出た田中が盗塁で三塁まで進むと、細川の安打で生還。追加点を挙げる。
4回表 エラーと四球で走者を背負うと、ボークで1失点。さらにスクイズを決められ、同点に追いつかれる。4回裏 2死から青木が二塁打で出るが、あと1本が出ず。
5回表 投手は中野に交代。2死から安打を許すが後続を断って無失点。5回裏 先頭の中野が安打で出塁し、無死二塁から熊谷の安打でサヨナラ勝ち。

気の緩みから失点につながる場面がありました。エラーと記録されないプレーのミスもありました。小さなプレーの積み重ねが大事ということを肝に銘じましょう。文京ファミリーズさんは集中力のある攻撃でした。
単打:田中、細川、中野、熊谷
二塁打:中野、青木

○2019/9/29(日)12:20~(後楽公園)第4戦(vs駒込チャイルド)

モンキーズ  1 0 0 0 = 1
チャイルド   1 0 1 0 = 2(時間により4回裏途中で終了)

1回表 1死から四球二つで走者が三塁まで進むと、中野のセンターへの犠飛で1点を先制する。三塁走者福沢が好走塁。1回裏
先発投手は福澤。四球で出した走者をバッテリーエラーで生還を許し、同点に追いつかれる。
2回表 2死から金子が内野安打で出塁し、三塁まで進むが得点にはならず。2回裏 投手は加藤に、2死から安打と死球で満塁のピンチを招くが、内野ゴロで切り抜ける。
3回表 追加点を取りたいところだが、三者凡退。3回裏 四球で走者を出した後。バッテリーエラーで1点を勝ち越される。
4回表 1死から藤原のライトへのライナーは相手の好捕で安打とならず。四球で走者が出るが。得点はならず。4回裏
安打と四球でピンチを招く。1死を取ったところで、70分のタイムアップ。試合終了となる。

ライバルチームとの対戦は1点を争う接戦でした。ランナー2人を出した1回表、ランナーが三塁まで進んだ2回表の攻撃をもっと生かすことが必要でした。安打は2回の内野安打1本のみ。全体的に攻撃に厚みがなかったです。投手陣は踏ん張りましたが、悔しい敗戦となりました。駒込チャイルドさんはピッチャーが伸びのある球を力強く投げ込んでいました。

単打:金子

○2019/11/17(日)12:30~(六義園)第5戦(vs菊坂ファイヤーズ)

モンキーズ  0 0 0 = 0
ファイヤーズ 7 5 × = 12(3回コールド)

一回表、先頭の熊谷が四球で出る。盗塁と暴投で三塁まで進むが、残塁で終わる。一回裏、先発は熊谷。2死三塁となるが、内野ゴロなどに絡んだ失策が続いて2失点。すると、ここから本塁打を含む4長短打を浴び、一気に7点を失う。
二回表。田中が三遊間への内野安打で出塁し、二つの盗塁で再び走者を三塁まで進めたが、あと1本が出ず。二回裏、投手は加藤凱へ。制球が定まらず、四球で走者をためたところで、再び外野に連打を放たれる。この回に5失点となる。
三回表、3者連続三振。大会規定により3回コールドで試合終了となる。

初回に2死まで取りながら、失策が出たことで流れが相手に傾きました。最初の失策の後に次のアウトを取っていれば、と悔やまれます。それを含めて、1試合で5失策と守備の乱れが目立ちました。この試合の出場選手は5、6年生で固めていただけに、残念です。
菊坂ファイヤーズさんは下位打線からも外野の頭を越す打球を連発し、脱帽の打力でした。

単打:田中

○2019/11/17(日)14:00~(六義園)第6戦(vs上動ファイターズ)

モンキーズ  0 4 3 0 = 7
ファイターズ 1 1 2 ×  = 4

一回表、先頭の熊谷が四球で出るが、内野へのフライで帰塁できずに併殺。青木が内野安打で出たが、得点はならず。一回裏、先発は宮本。先頭を内野安打で出し、暴投で1点を先制されるが、反撃を断つ。
二回表、宮本が右前に運んで出塁。三塁に進んだところで、田中の中前適時打で1―1の同点に。福澤が四球を選び、二、三塁となってから加藤隆のレフトへのヒットが2点適時打に。ここで相手エースが登場するが、落ち着いて四球を選んで走者をため、青木の押し出し四球で4―1となる。二回裏、内野安打で出た走者が失策と暴投で生還し、4―2と2点差に迫られる。
三回表、3四球で無死満塁となってから、細川が右中間に運んで3点三塁打。7―2とリードを広げる。三回裏、投手を藤原へ。先頭にいきなり柵越え本塁打を放たれ、続く打者も安打。さらに暴投で失点して7―4と3点差に詰め寄られたが、内野ゴロとフライで3アウトに至る。
四回表、打者1人がアウトになったところで、時間制限で試合終了。

二回と三回に制球の乱れに乗じて得点を重ねたことで、試合を優位に進めることができました。チャンスに放った4年生の適時打2本が大きかったです。主将藤原の気迫の救援も光りました。
上動ファイターズさんは「取られたら取り返す」という気迫のこもった追い上げでした。

単打:青木、田中、宮本、加藤隆
三塁打:細川

○2019/12/15(日)14:00~(文京三中)第7戦(vsレキセン)

礫川     0 1 0 1 1 | 3
モンキーズ 0 0 0 0 1 | 1

1回表、先頭打者をヒットで出塁させるも後続を打ち取り無失点。1回裏、三者凡退。
2回表、先頭を四球で出し、盗塁で進塁され、内野ゴロで先制点を取られる。2回裏、三者凡退。
3回表、再び先頭を四球で出すものの後続を2三振などで取り無失点。3回裏、三者凡退。
4回表、1アウトからエラーで走者を出し、タイムリー2塁打で1失点。4回裏、1アウトから熊谷が2塁打で出塁するも、3盗がアウトになり無得点。
5回表、先頭を四球で出し、ワイルドピッチで2塁へ進み、2塁へのけん制球が外野も抜けて3失点目。5回裏、先頭中野が左中間を抜く2塁打で出塁し、1アウトのあと、藤原のタイムリー2塁打で1点を返し、細川がセンター前ヒットで1アウト2,3塁。細川2盗の時、3塁走者が飛び出しアウトになり、そのまま1得点のまま試合終了。

単打:細川
2塁打:熊谷、中野、藤原

相手チームよりヒットを多く打ちながら、走塁でチャンスをつぶしたことで攻撃のリズムを失い、守備ミスで失点をし試合の流れをつかむことができませんでした。
レキセンさんは、守備がとても鍛えられたチームでした。


プロフィール

Little Monkeys

Author:Little Monkeys
東京都文京区で活動する
軟式少年野球チームのリトルモンキーズです。
随時、新規メンバーを募集しています。まず体験参加からどうぞ(月間予定表をご確認いただき、見学・練習体験に来てください!)。
チーム紹介・指導方針
入会案内ページはこちら!
事前の質問等は以下のメールフォームよりご連絡ください。

練習試合のお申込みも随時受け付けています。
ご連絡よろしくお願いします。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
Copyright © Little Monkeys