FC2ブログ

2010年高学年練習試合

●2/27(日)15:00~(後楽公園)vs白山サンデーボーイズ 0-11
 初回、先頭2打者を四死球で出し、ノーヒットで2点を先制され、合計3失点。2回にも3失点、3回にも5失点。(公式試合ではコールドゲーム)
 4回のうち2回の守備で先頭打者を四死球で出し、それが失点につながり、走者を出せば、必ず盗塁で3塁まで走者を進められ、2ランスクイズを2回決められ(それだけで4点)、鋭い打球も何球かあり、相手チームのソツがない、積極的な攻撃に11失点。それに加え、打ち取った打球やフライも鈍い動きの守備でアウトにできない。
 攻撃では、せっかく出た走者が2度も牽制アウトをとられ、2アウト満塁のチャンスを作る場面もあったが、得点をできず、モンキーズの攻撃は、ほぼ完全に抑えられる。
 守備の時間が長く、多くのピンチの守備のとき、グランド選手、ベンチから元気な声が聞こえず、いいところがほとんど見当たらなかった試合。どうしたの?
 仮にどんな強力打線を持っていたとしても、この日2試合で21点も取られているような野球をしているうちは、なかなか勝つことは難しいよ。練習のときには守備に強い意識(キャッチボールから)をもって取り組んだほうがいいね。

●2/27(日)9:00~(夢の島東野球場)vs深川レッドソックス 7-10※5年生以下

(スコアがないので詳細不明。主観と客観が入り混じっていると思われる聞いた話だけで記述するわけにもいきませんので。)

●2/20(日)12:00~(柏第八小)vs柏ビクトリー 3-10

ビクトリー 3 2 0 3 2 0 0 |10     
モンキーズ 0 0 0 1 2 0 0 | 3

1回表、先発は菅野。先頭打者を四球で出し、送りバント、スクイズでの攻撃に積極的な走塁と内野エラーが絡み、ノーヒットで3失点。2回表は、反対に3本のヒットで2失点。
モンキーズの攻撃は、1回裏、2回裏とも、2塁へ走者を進めることさえできない。
3回表、田所がリリーフ。相手攻撃を三者凡退させ、反撃に転じたい3回裏、菅野がヒットで出塁するも得点に結びつけることができず。
4回表、1アウト後、四球を出したあとのタイムリーヒットと相手の積極的な走塁によりさらに3失点。ヒット1本なんだけど・・・
4回裏、先頭打者の田所がエラーで出塁し、若色の二塁打でようやく1点。
5回表、投手を鶴岡に交代。ノーヒットながら、四球と盗塁とワイルドピッチで2点を献上。
5回裏、菅野がエラーで出塁し、田所の本塁打で2点を返す。続けて鶴岡レフト前ヒット、若色四球で出塁し、2アウトながら追加点のチャンスも追加点を奪えず。
6回表、1アウトからレフト前ヒット、四球でピンチになるも、無失点でこらえる。
6回裏、水上と菅野が四球で出塁するも、泉野のショートフライへのインフィールドフライがダブルプレイとなり、せっかくのチャンスを自らつぶす。。。
7回表、四球→バントオールセーフでランナーを出すも(またしても)、内野ゴロ、内野フライダブルプレイでどうにかピンチを切り抜ける。
7回裏、三者凡退にて攻撃が終了し、3-10での敗戦。

1回表の守備は、バント処理やスクイズ処理できちんと打者走者をアウトにしていれば、3点も取られていない。四死球→バント→スクイズと同じ攻撃パターンの繰り返しで、同じように失点。初回にこのような点の取られ方では、相手投手の立ち上がりも助けてしまうよね。
1回、2回の攻撃は、ゴロは1つだけで、三振と内野フライばかり、せっかく出た走者も盗塁アウトなど、ますます相手チームの流れにをつくり、5回裏や6回裏の攻撃では、ランナーをためるも、フライを打ち上げては何もおこらず、それによるダブルプレイまでも取られる。
守備の不安定さにより無駄な点を相手に与え、自らチャンスをつぶす攻撃では、なかなかゲームになりません。

●2/20(日)14:30~(柏第八小)vs柏ビクトリー 0-5

(第2試合は、スコアなしのため、詳細内容はわかりません)

○11/21(月)12:30~(小石川)vs文京パワーズ・茗荷谷クラブ合同チーム 11-8(5年以下)

初回、消極的な守備で打ち取った打球をセーフにし、一挙7失点。
しかし、2回以降、小西の満塁ホームランを皮切りに、打線が爆発し、11点を挙げる。
2回以降の守備は、安定し、1失点のみで、11-8で勝利。
公式戦なら、1回の7失点でゲームの勝敗は決しているよ。1回の守備こそ、集中力を高め、積極的に守備しようよ。
攻撃では、ランナーが出たら、必ずアウトカウントの確認をしあうこと。またフォースプレイなのか、そうじゃないかを確認しあうべき。走塁の判断の仕方が違ってくるのだよ。
また、実際には盗塁しないけど、どの走者も走る雰囲気を出して、相手投手にプレッシャーをかけないと。

●11/7(日)13:30~(小石川)vs上動ファイターズ 4-6(5年以下)

攻撃では、田所の本塁打以外は、ヒット性のあたりなく、寂しい限りの打線。素振りは毎日自分でしてよね。
その成果は必ず試合ででるからさ。
守れなければ勝てないけど、打てないもの勝てない。

●4/11(日)15:00~17:00(六義園)vs西千タイガース 1-16

●5/9(日)13:30~15:30(文林中)vs上動ファイターズ 3-12

 3回表までは、良いゲーム展開ながら、3回裏に8失点し、流れは一方的に。
 前日の三区大会の疲れが若干残っているものの、せっかくの試合なんだから、最後まで集中してやろうよ。

○5/30(日)9:00~11:00(後楽公園)vs文京パワーズB 10-6
 1回に守備のミスから3点を先制されるも、3回に逆転し、勝利する。
 6失点するような内容ではないし、まだまだ集中力にかける部分がある。大会の試合では、こうはならないよ。
 1点でも失点を少なくするように守備は集中しよう。走塁は判断よく、思い切りよく、全力疾走しよう。

●6/6(日)15:00~17:00(後楽公園)練習試合(vs菊坂ファイヤーズ) 0-10

 守備では、肝心なところのでの守備ミスで、ノーヒットもしくは数本のヒットで毎回失点の合計10失点。
 攻撃では、6本のヒットを打ち、得点のチャンスがあったものの得点できず、0-10での大敗。
 来週からの大会に向けて、負けて反省するのがよかったのか、勝って自信をつけるのが良かったのか・・・
 とにかく、大会の試合は、簡単には勝てないからね。がんばろう。

△7/3(土)15:00~17:00(後楽公園)練習試合(vs駒込チャイルド)8-8

 初回、相手先頭打者を四球で出し、送りバント、タイムリーで1失点。
 1回裏に、同点にするチャンスも、タイムリーが出ずに、無得点。2回裏の攻撃、1死一塁から菅野、表、泉野、小西、山崎、田所の6連続ヒットで、5得点で一気に逆転。しかし、走塁ミスや消極的な走塁があったので、あと3~4点は取れた・・・取れるところで取っておくのは、重要!
 4回裏の攻撃も、泉野、山崎、中島のヒット、途中に相手失策、四球もからめ、さらに3得点し、8-1とする。
 しかし5回表、幾つかの守備ミスで、アウトを逃し、相手本塁打2本で、一気に同点とされる。
 消極的な守備やうっかりミスは、必ず失点として、自分たちに返ってくるので、大会の試合ではそれが負けの原因になる。実際に5回表の相手攻撃は、ミス⇒四球⇒本塁打と同じことを2回繰り返した。
 今回の試合の成果は、自分たちの打撃で得点できたことが大きかった。
 控えの選手たちに一つだけ、攻撃時のコーチャーには積極的に行かないといけないよ。
 そういったことで、ゲームに関わろう!、参加しよう!とした姿勢を監督、コーチに見せないと、起用してもらうことはなかなか難しいかも知れないよ。走塁コーチャーは大切なんだよ。
 来週からのジャビット大会、今度こそ入賞を狙っていこう!

プロフィール

Little Monkeys

Author:Little Monkeys
東京都文京区で活動する
軟式少年野球チームのリトルモンキーズです。
随時、新規メンバーを募集しています。まず体験参加からどうぞ(月間予定表をご確認いただき、見学・練習体験に来てください!)。
チーム紹介・指導方針
入会案内ページはこちら!
事前の質問等は以下のメールフォームよりご連絡ください。

練習試合のお申込みも随時受け付けています。
ご連絡よろしくお願いします。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Copyright © Little Monkeys