2016年 フラップ大会

◆大会内容(予定)
◇大会期間:2016/4~2016年内
◇出場編成:【高学年】【低学年】
◇試合場所:六義園その他
◇開会式:4/2(土)9:00~(目白台グランド)
◇閉会式:未定
◇大会内容:参加チーム総当たりリーグ戦

【高学年】
○2016/4/23(日)13:00~(六義園A3)第1戦(vs大塚ミスギホープ)

モンキーズ 0 11 1 4 | 16
ミスギ   1 1 0 0 | 2

1回表、三者凡退し、1回裏、四球で出した走者を内野ゴロエラーで先制点を奪われる。
2回表、2つの四球と伊藤のヒットでノーアウト満塁のチャンスに、三振と内野フライで2アウトとなるものの、四球押し出しで同点とし、エラー、四球、福原、鶴岡、伊藤、丸井のタイムリーで合計11得点し逆転に成功。
2回裏、センターへの速い打球が外野の間を抜けて、ホームランで1失点。
3回表、先頭鶴岡が2塁打で出塁し、内野ゴロの間にホームインし1得点。3回裏、2つの四球でピンチになるものの無失点。
4回表、先頭2打者が三振で2アウト、しかしそこから安藤、福原の内野安打に鶴岡のタイムリー2塁打で2得点、さらに黒岩が内野安打でつなぎ、内野ゴロエラーと浜谷のタイムリーで合計4得点する。
4回裏、先頭打者に2塁打を打たれるものの無失点で切り抜け、初戦を勝利することができました。

単打:安藤、福原(2)、鶴岡、黒岩、伊藤、浜谷(2)、丸井
2塁打:鶴岡(2)、伊藤

攻撃は2アウトから打線をつなげて得点することができました。特に2回表の攻撃は、ノーアウト満塁が得点できずに2アウトになり、あのまま無得点で攻撃が終了していたら、勝つことは難しくなっていたと思います。
バッティングで良かったことは、チャンスにボール球に手を出さず、タイムリーを打ったり、四球を選び、つないだことです。チャンスの場面にボール球に手を出し、ストライクカウントを上げてしまうと、相手ピッチャーを楽にし、自分のバッティングができなくなってしまうからね。
守備は、2つのエラーで、その1つが先制失点に絡み、それがこの試合の最大の反省点だけれど、反対に別の失点のピンチの場面で2つのファインプレイなどがあり、全体的には良く守ることができました。
走塁でも、セカンドリードがよくできていて、相手ピッチャーにプレッシャーをかけることが出来ていたと思います。
試合そのものは、2回の大量得点で良い流れを作ることができ、勝利できました。
少し前から言われないと出られなかったチェンジの後のランナーコーチャー。この試合では早めにコーチャーに出ていくことができていました。これを続けていこう。引き続きの課題は、試合に集中できていない、試合に入っていない選手がいること。試合に入っていない選手は公式戦での出場機会を得ることは難しい。もう高学年なので、そういうところで怒られないようにしよう。

○2016/7/23(土)13:00~(六義園)第2戦(vs白山サンデーボーイズ)

モンキーズ 0 0 0 0 0 0 | 0
サンデー  0 1 1 0 1 × | 3

2回裏の相手攻撃で、先頭打者を三振振り逃げで出塁させ、ヒットと死球で満塁とし、打ち取ったピッチャーゴロがエラーとなり、先制点を与える。
3回裏、先頭打者から三塁打、タイムリーヒットで1失点。5回裏、2アウトながら2塁打で出した走者をセンター前ヒットで3失点目。
モンキーズ打線は無得点で、0-3でゲーム終了。

単打:鶴岡、大山

ミスで出した走者をミスで先制点を与え、その後もヒットでコツコツと得点され3失点。モンキーズ打線は、外野へのヒット1本に抑えられ、三振7つと沈黙してしまいました。
ジャビット大会準優勝チームを相手に、3点差のいい試合とも言えるが、その内容は完敗とも言えるものでした。
バッターボックスにて、ストライクに手を出さず、ボールをスイングし追い込まれていては、自分のスイングはできません。今日みたいな(走者がいない場面での打席が多い)試合では、ベンチから待てのサインはでません、出しません。自分で考えて、集中して、勇気をもってストライクを強くスイングしよう。自分の力で打ったヒットはうれしいはずだ!

○2016/07/24(日)10:30~(六義園B3)第3戦(vs西千タイガース)

モンキーズ 0 0 0 1 0 0 0 | 1
タイガース 0 0 0 0 3 0 × | 3

1回表、2アウトから鶴岡がヒットで出塁するも先制点に結びつかず。その後3回までは、お互いにチャンスらしいチャンスなく無得点。
4回表、先頭が四球で出塁し、相手エラーで先制し、さらに2アウト満塁のチャンスも1得点とまり。5回裏、先頭2打者の連打で同点とされ、四球で走者を貯められ、三振で2アウトまでこぎ着けるものの。レフトへのタイムリーヒットで2点を追加され、逆転を許す。
その後、お互いにチャンスらしいチャンスなく、1-3のまま敗戦。

単打:鶴岡、熊谷、阿部

打線に元気なく、3安打9三振で、三振も半分ぐらいが見逃しの三振でした。また逆転されたイニングの守備では、勝ちたい気持ちを強く持って、集中していれば、アウトにできた打球があったと思われます。逆転されずにすんだと思います。
選手たちにあまり元気がなかったようです。しっかし試合に集中し、大きな声で、元気よく野球をしよう。
よかった点は、守備で三振ダブルプレイが取れたことと、先発大山が1四死球のみのナイスピッチングしたことでした。

○2016/7/24(日)13:00~(六義園B3)第4戦(vs文京ファミリーズ)

ファミリーズ 5 2 0 1 | 8
モンキーズ  1 0 8 × | 9

1回表、先頭を内野ゴロエラーで出塁させ、レフト前タイムリーヒットで1失点。その後も四球、エラーのあとタイムリーを打たれ、わずか2安打で5点を先制される。1回裏、先頭大山がヒットで出塁し、盗塁とワイルドピッチでノーアウト3塁とするも、打線がつながらず、相手エラーで1点を返すのみ。
2回表、先頭ヒットで出塁させ、四球とタイムリー、ワイルドピッチでさらに2失点する。2回裏、2アウト3塁で得点できず。
3回表、先頭2打者のセンターへ抜けるかという当たりと、レフトへぬけようかという当たりをショート大山がファインプレイし、相手攻撃を三者凡退させる。3回裏、先頭鶴岡、稲垣、加藤の3連打で1点、1アウトのあと安藤がスリーラン本塁打。内野ゴロで2アウトになるものの、相手エラー、大山ヒット、四球で、再度満塁のチャンスを作り、鶴岡の走者一掃の2塁打で逆転し、さらに稲垣の3塁打でこの回の攻撃で8得点し、逆転に成功。
4回表、リリーフの鶴岡は、1本塁打をされ、1点差に迫られるも、集中を切らさず、後続を連続三振でとりゲームセット、9-8で勝利しました。

単打:大山(3)、稲垣、加藤
2塁打:鶴岡(2)
3塁打:稲垣
本塁打:安藤

2回終了時点で1-7と完全に劣勢ながら、毎回、必ず打って返せるからと選手たちに声を掛け続けたが、本当に打線が爆発し打って一気に試合をひっくり返したのはびっくり、これはほんとうに選手たちの手柄です。
この試合で試合の流れをかえ、雰囲気を変えた良い点は、3点あります。まず、まだまだ点差が広がりそうな場面でのリリーフした鶴岡。まずリリーフした時点でのピンチを切り抜け、試合終了まで集中した好投をしました。2点目は、3回表の相手攻撃の先頭2打者の外野へ抜けるヒット性のゴロをショート大山が好捕しアウトにしたこと。3点目は、3回裏、1点をとり、さらに1アウト2,3塁のチャンスの場面で、1打席目にまったくタイミングが合わず、三振していた安藤が、2打席目でしっかり修正し、本塁打でその後逆転にいたるモンキーズ打線に勢いをつけたことでした。
よくぞあの点差、あの雰囲気を跳ね返し、ピンチを克服し、勝利しました。
もちろん反省点もありますが、試合中あるいは試合後のミーティングで選手たちには伝えているので、この経験を生かして、次の試合では頑張ろう。どんな選手でも毎試合活躍はできないものです。いい時もあれば、悪い時もあります。

○2016/9/10(土)14:00~(六義園A3)第5戦(vs茗荷谷クラブ)

モンキーズ 2 1 0 0 0 | 3
茗荷谷   0 2 0 2 2 | 6

1回表、エラーと伊藤のヒットで走者をため、稲垣のタイムリー2ベースで2点を先制。1回裏、相手攻撃を三者凡退で抑え、2回表、2アウトから大山、伊藤の連打で1点追加。
2回裏、先頭から3連打で2点を返され、さらに同点のピンチもファーストライナーダブルプレイなどの好プレイで切り抜ける。
3回はお互いに得点圏に走者を送るも無得点。
4回表、先頭を四球で出すものの得点に結びつかず、4回裏、1アウトから2塁打、セーフティーバントなどで2,3塁、2アウトまで取るものの、浅く守っていた外野の頭を抜ける3塁打を打たれ逆転を許す。
5回裏、先頭2打者で2アウトを取るものの、死球で走者を出し、タイムリーヒットや守備ミスなどで合計2失点する。モンキーズの攻撃は、5回、6回とも走者を出すことなく三者凡退し、3-6で敗戦する。

単打:大山、鶴岡、福原
2塁打:伊藤、稲垣、浜谷

2回表まで、タイムリーヒットで先制点をとり、3-0までリードを広げ、先発大山も好投し、たいへん良いゲームの入り方ができました。
しかし4回裏に逆転され、5回裏にさらにダメ押し点を取られてしまい、逆転された以降、チャンスらしいチャンスを作れず、追加点をとれずに敗戦してしまいました。
4回裏の相手攻撃、2アウト2,3塁1点リードの場面で、前目に守っていた外野の頭を抜かれて逆転を許したのは少し残念。しかし自分たちで意志で前目に守ったのなら、それは良い勉強です。また5回裏、先頭2打者で2アウトまでとっておきならがら、死球→守備ミス、ヒットが絡み合いダメ押し点を与えてしまったのも残念でした。
試合後のミーティングで安藤監督が言っていた「相手チームの監督は、モンキーズは良く打つよね!」の言葉通り、相手チームの監督も感心するほど鋭い打球をいくつも打っていたので、自信をもつところだと思います。
ミスした後、ミスから立ち直ることが大事、ミスから勉強することが大事です。次の試合につなげて行こう。

○2016/9/19(月祝)11:00~(六義園A)第6戦(vs豊島ケ丘ラークス)

モンキーズ 0 0 4 0 0 0 | 4
ラークス  0 0 1 0 0 0 | 1

1回裏、相手先頭打者にレフト線を抜かれる長打を打たれ、危うくホームランのところをレフトからの正確な中継プレイにより三本間でアウトにする。
モンキーズ打線は、1回表、2回表と相手ピッチャーの丁寧な投球にフライアウトや三振など単調な攻撃で無得点。
3回表、1アウトから四球で走者を出し、丸井のライト前ヒットに、相手ミスが絡み1塁走者が一気にホームインし先制。さらに大山の2ランホームラン、伊藤ヒット、鶴岡2塁打などで合計4点を先制。
3回裏、先頭打者を打撃妨害で出塁させ、送りバントとタイムリーヒットで1点を返され、さらに追加失点の2アウト3塁のピンチに三遊間を抜けるかというゴロをショート大山のファインプレイで1失点にとどめる。
4回表、あわせて3つの四死球をもらうものの走塁のまずさなどで追加点のチャンスをつぶす。それ以降、お互いにチャンスらしいチャンスなく、4-1のまま試合終了。第6戦を勝利することができました。

単打:伊藤、丸井
2塁打:鶴岡、
本塁打:大山

先発鶴岡は、四死球2のみで好投し、回を重ねるごとに調子を上げました。
1回裏の度重なる先制失点のピンチを切り抜けたことが大きな勝因だと思います。先頭打者のあわやホームランかという長打を外野からの中継プレイでアウトにし、次打者を四球で出すも牽制でアウトにし、3番打者のライトへのヒット性の打球をスタートよく落下点に入りライトフライにすることができました。
モンキーズ打線は、相手ピッチャー陣のコントロールを重視した丁寧な投球に、なかなか強い当たりを打つことができませんでしたが、3回表に連打で得点することができました。
この試合で気になるミスは消極的というべきか、ミスというべきか、おかしなスタート判断やおかしな帰塁の走塁です。走塁ミスは試合の流れを止める、変えてしまう場合が多いので怖い。出塁したらしっかりボールに集中して、打球判断を正しく、隙があれば先の塁をめざし、クロスプレイになった場合にはスライディングをしタッチをくぐりぬけよう。この事は今までの反省会で何度も言われたはずだけれど。
スライディングができないチームは、相手内野手にプレッシャーがかからないし、消極的な走塁やベースタッチは審判員のジャッジにも影響がある。クロスプレイでの走塁は、早いスライディングをして、自分でセーフアピールするぐらいでないといけない。
自分たちでしっかり感じて、考えてプレイしよう。言われてするプレイはうまくなりません。次の試合も頑張ろう。

○2016/10/10(月祝)9:30~(小豆沢公園)第7戦(vsキングスワローズ)

モンキーズ 3 11 0 0 | 14
スワローズ 0 0 0 0 | 0

1回表、四球と稲垣ヒットでランナーをため、四球押し出しで3点を先制。
2回表、四球と浜谷、伊藤のタイムリーに、いくつかの相手ミスで11点を追加し、そのまま14-0で勝利する。

単打:稲垣、浜谷、伊藤

先発大山は1被安打1四球の好投で試合を作り、モンキーズの打線はわずか3安打ながら、よく選球し四球で出塁し、その走者を得点に結びつけました。
きれいな人工芝の学童使用も考慮した大きなアンツーカーのある野球場で内野ゴロや内野同士の送球が難しかったりでしたが、頑張ってノーエラーの守備をしました。
スワローズは、積極的なスイングと守備をし、走塁がうまいチームでした。
公式戦終了後、練習試合をしていただき、全員が試合に出場することができ、ふだんなかなか出場機会がない選手もクリーンヒットを打ったり、良い守備をしたり、試合を楽しむことができました。

○2016/10/15(日)10:00~(目白台)第8戦(vs文京パワーズ)

モンキーズ 0 0 0 0 5 | 5
パワーズ  0 0 1 1 0 | 2

1回表裏の攻防はお互いにチャンスなく無得点、2回表裏はお互いに得点圏に走者を送るものの得点に結びつかず。
3回表、2アウト3塁の先制のチャンスを逃すと、3回裏、内野ゴロエラーで出した走者を3塁まで進められ、ワイルドピッチで先制される。
4回表、先頭を四球で出し、後続が強い打球を打つものの野手正面をつき得点に結びつけられず。4回裏、先頭打者をヒットで出し、送りバント、ワイルドピッチ、フィールダースチョイスで2失点目。
5回表、先頭の丸井が内野安打で出塁し、四球、相手内野ゴロエラーでノーアウト満塁になり、死球で押し出し1得点。さらに鶴岡、稲垣の連続タイムリーで一気に5得点し逆転に成功。
5回裏、先頭2打者を四球と内野ゴロエラーで出すものの、後続を外野フライ、連続三振でアウトにしゲームセット。逆転勝ちをしました。

単打:鶴岡、稲垣、浜谷、丸井、阿部

5得点した5回以前も、いい当たりの打球を外野に打っていたが、相手チームの早い外野で好守され、なかなか得点ができませんでした。
守備ミスがらみで先制され、4回裏の2失点目の後、さらに追加失点するピンチを継投した鶴岡が連続三振の好投で切り抜け、5回表の逆転を呼び込みました。
最終回にも、先頭から死球、エラーで再逆転される流れに、集中した守備とピッチングで切り抜けました。逆転勝ちはうれしいよね。

○2016/10/15(日)12:00~(目白台)第9戦(vs菊坂ファイヤーズ)

モンキーズ  0 0 0 0 0 0 | 0
ファイヤーズ 0 2 1 0 3 1×| 7

1回表、1回裏とも、お互いにスコアリングに走者を送るものの先制に結びつかず。
2回表、2アウトから熊谷ヒットで出塁するが後続が凡退。2回裏、先頭2打者を四球で出し、内野ゴロで1失点し、次打者の内野ゴロをバックホームアウトにし追加失点を防ぐ好守備をするも、外野フライエラーで合計2失点する。
3回裏、先頭打者をヒットで出し、盗塁やパスボールなどでノーヒットで3失点目を与える。
3回、4回、5回とモンキーズは三者凡退し、5回裏、先頭打者を内野ゴロエラーで出し、その後、タイムリーやエラーで3失点し、あわせて6失点。
6回裏、エラーで出した走者を盗塁で進められ、タイムリーヒットで7失点目をしたところで、大会規定によりゲームセット。

単打:熊谷

この試合は、全員出場して公式戦の緊張感を感じることができました。
モンキーズ打線は、ヒット1本で四死球なく、得点を挙げることができませんでした。
守備では、外野への打球が全てヒットか、エラーになりました。消極的な守備でのヒットとエラーです。守備の消極さは、バッティングにも出ます!
勇気を出した積極的な失敗、エラーはOK!1球1球、自分のところに打球が来る準備、想定ができているようには見えませんでした。打球が来てから急いで動いている印象であり、それではアウトは取れません。

※ストロングジュニア:未消化にて大会終了

【低学年】
○2016/7/24(日)9:00~(後楽公園)第1戦(vs白山サンデーボーイズ)

サンデーボーイズ 1 0 8 | 9
モンキーズ    4 1 1 | 6

相手は四年生中心のメンバーにも関わらず、二回迄はリードを奪っていたいて惜しい試合でした。
三回に逆転されてしまいましたが、最後まで諦めない姿勢が見られました。
負けはしましたが、ナイスゲーム!

○2016/7/24(日)13:00~(後楽公園)第2戦(vs菊坂ファイヤーズ)

菊坂ファイヤーズ 10 10| 20
モンキーズ    2 2| 4

流石に区内の強豪チームだけあって、バッティングも守備もしっかりしていて強かったですが、4点とることが出来ました。
選手達の積極的な走塁が見られ、一点でも取ろうという気合いが感じられました。

○2016/9/3(日)8:30~(江北橋左岸)第3戦(vs駒込チャイルド)

チャイルド 8 0 10| 18
モンキーズ 0 0 0| 0

相手は四年生の、ファーボールは1個も出してこないコントロールの良い好投手でした。
こちらも二回の表は0に抑えることが出来ましたが、この回は相手と同様、ストライク先行で追い込んでいました。
大差はつきましたが、実力は少しの差だと思います。これからも日々声を出し元気よく全力でやっていれば、必ず上手くなります!

○2016/9/18(日)13:00~(後楽公園)第4戦(vs大塚ミスギホープ)

モンキーズ  2 1 0 0x | 3
ミスギホープ 1 3 0   | 4

4回表攻撃時1時間経過し試合終了。
相手は四年生で体格差はかなり違っていましたが、プレイは互角で堂々としたものでした。
夏場の練習の甲斐あって、守備の好プレーによるアウトを多くとり、締まったゲームとなりました。また、攻撃面でも早い球にも負けず打ち返して多くのランナーが塁に出ることができました。応援もしっかり声が出てチーム一丸となって取り組んでいました。練習は裏切らない!着実にうまくなっていることが実感できた試合でした。

○2016/10/1(土)8:00~(目白台西面)第5戦(vsキングスワローズ)

モンキーズ  1 0  0 | 1
スワローズ 1 9  × |10

2回裏終了時1時間経過し、規定により3回表で試合終了。
相手の投手は四年生でコントロールもよく、球も速いので満足のいくバッティングはさせてもらえませんでした。
また、慣れない芝のグランドで守備も思うようにいかないところもありましたが、走者、打者、守備の時に、自分の役割をしっかりと頭に入れて練習に取り組めば、必ず強いチームにも勝てます!
これからも頑張ろう!

○2016/10/10(月祝)8:00~(目白台)第6戦(vs文京パワーズ)

モンキーズ 0 2 0 | 2
パワーズ 1 11 ×| 13

3回表終了時1時間経過し、規定により3回表で試合終了。
相手も3年生主体でしたが、声もしっかり出ていて良いチームでした。相手の良いところはどんどん見習っていこう!
また、特に河川敷の広いグランドでは外野は後ろにそらさないよう、練習しよう!

○2016/10/15(日)8:00~(目白台)第7戦(vs豊島ケ丘ラークス)

ラークス  1 2 9 2x | 14
モンキーズ 0 0 0   | 0

4回表2/31時間経過し、規定により4回表途中で試合終了。
二回までは緊迫したよい内容でした。
守っている時間が長くなるとどうしても集中力が無くなってくるけど、踏ん張ろう!
また、バッターの時は思い切り振っていこう!

○2016/12/3(土)14:00~(後楽公園)第8戦(vsストロングジュニア)

モンキーズ  0 1 0 0 3| 4
ストロング 1 3 1 1 x | 6

負けはしましたが、ファーボール、ワイルドピッチ、パスボールが一つもない、締まったゲームでした。最終回も後少しで追いつくとこまで行き、レベルの高い試合が出来るようになったと感じました。これからの成長が楽しみです!

○2016/12/18(日)12:10~(江北橋右岸)第9戦(vs茗荷谷クラブ)

茗荷谷   5 4 5 | 14
モンキーズ 0 0 1 | 1

大差はつきましたが、ファーボールなどのバッテリーエラーが無く中身のある試合でした。簡単なフライ、ゴロをきちんとアウトに出来れば強豪チームに肩をならべるのもすぐそこまできています。
そのためには、相手チームが出来ていたように
自然に元気よく声がでるように日頃から心がけていこう!

○2016/12/25(日)9:30~(後楽公園)第10戦(vs仲町会ブルーストロングス)

ストロングス 0 0 1 0 | 1
モンキーズ  5 0 1 2x | 8

今年最後の試合を勝ちで終えることが出来ました。全員試合に出場し、チーム一丸で勝つことが出来ました。
ゴロなどを確実にアウトを取り成長を感じることが出来るものでした。
来年からも頑張って元気よくプレーしよう!

2016年 本富士大会

◆大会内容(予定)
◇大会期間:2016/9~2016年内
◇出場編成:【高学年】
◇試合場所:後楽公園、六義園
◇開会式:無し
◇閉会式:未定
◇大会内容:参加チーム総当たりリーグ戦

○2016/9/18(日)11:30~(六義園B)第1戦(vs菊坂ファイヤーズ)

モンキーズ  0 0 4 0 0 | 4
ファイヤーズ 2 0 2 0 0 | 4

1回表、三者凡退。1回裏、先頭からヒット、四球で走者を背負い、内野ゴロ、犠牲フライで2点を先制される。
2回表、先頭稲垣ヒット、四球でノーアウトで走者を出すものの、後続が連続三振と内野ゴロで得点に結びつかず。2回裏、内野ゴロダブルプレイなどで無失点。
3回表、先頭四球、大山ヒットでノーアウト2,3塁とし、伊藤のタイムリーで2点、鶴岡もヒットで続き、内野ゴロダブルプレイで2アウトになるものの、2アウト1,2塁で浜谷の2塁打で逆転に成功。
3回裏、先頭打者をエラーで出塁させ、内野ゴロでアウトまでこぎ着けるものの2ランホームランを打たれ同点にされる。5回表、先頭熊谷ヒット、丸井のヒットなどでチャンスを作るも無得点。6回表、相手ミス、四球、浜谷のヒットなのでチャンスを作るものの無得点。4-4のまま試合終了し、引き分け。

単打:大山、伊藤、鶴岡、稲垣、浜谷、熊谷、丸井
2塁打:浜谷

先発大山は、四死球2被安打2と立ち上がりから試合を通じて、相手打線に多くのチャンスを作らせない好投をしました。
相手ヒット2本に対し、モンキーズ打線は8本のヒットを打つことができましたが、結果は同点引き分け。要するにヒットでチャンスを作るものの得点圏に走者を置いて、タイムリーを打つことができませんでした。
5回、6回のチャンスの場面で強い打球が打てれば勝ち越し点を取ることができたと思うけれど、内野フライとボテボテの内野ゴロで得点に結びつけることができませんでした。
毎年Aクラスかつ入賞しているチームを相手に、大会第1戦を引き分けでスタートすることができたのは上出来だと思います。2戦以降も油断することなく、集中して、勇気を出して試合に取り組めば入賞する可能性は高いと思う。頑張ろう!

○2016/10/2(日)9:20~(後楽公園3)第2戦(vsストロングジュニア)

モンキーズ 0 0 0 0 1 | 1
ストロング 0 1 0 2 1 | 4

1回表、2アウトから鶴岡ヒット、稲垣ヒットで2,3塁のチャンスも先制ならず。1回裏、先頭2打者を四球で出し、同じように先制失点するピンチながら無失点で切り抜ける。
2回裏、先頭打者ヒットの後、送りバントで走者を進められ、内野ゴロエラーで走者をため、三振で2アウトまでこぎ着けるも、タイムリーヒットで先制失点を許す。
3回表、4回表とモンキーズの攻撃はチャンスらしいチャンスなく、4回裏、先頭打者をヒットで出し盗塁のあと、ワイルドピッチで1失点。さらに四球と内野ゴロエラーで走者を背負い、タイムリーヒットで合計2失点する。
5回表、先頭四球で出塁し、盗塁と内野ゴロで3塁まで進み、相手ミスによりようやく1点を返す。5回裏、先頭打者にホームランを打たれ1失点。5回終了時点で大会規程により試合終了。第2戦を敗退する。

単打:鶴岡、稲垣

5回裏のホームラン以外は、全てエラー絡みでの失点でした。モンキーズの攻撃のチャンスは1回表だけで、それ以降強い当たりが打てず2安打のみで、相手のノーエラーの固い守備に簡単に出塁することができませんでした。
ピッチャーは調子の良いときと悪い時は必ずあるけれど、この試合ではボールが高めに浮くことが多く、ボールカウント先行してしまい、毎回の先頭打者をヒットか四球で出してしまう苦しいピッチングに、エラーが絡み失点を重ねてしまいました。

○2016/10/2(日)12:20~(後楽公園1)第3戦(vs西千タイガース)

タイガース 0 2 0 2 1 0 | 5
モンキーズ 0 0 2 0 1 0 | 3

1回表、三者凡退。1回裏、鶴岡ヒットと四球で2アウト2,3塁とするも先制ならず。2回表、先頭ヒットのあと三振で1アウト取り、内野フライエラー、四球で走者をためられ、再度三振で2アウトまでこぎ着けるものの内野ゴロエラー、タイムリーヒットで2失点する。
2回裏、3回表とお互いに三者凡退し、3回裏、2アウトから相手エラーで出塁し、鶴岡、稲垣の連続ヒットで1得点、さらに稲垣ヒットの内野への返球が乱れる間に、三塁走者鶴岡がそれを見逃さず同点のホームイン。
4回表、先頭2打者で2アウトを簡単に取るものの、そこからエラー2つで走者を出し、タイムリーヒット2本で2失点し合計4失点。5回表、先頭からヒットと2塁打でノーアウト2,3塁で、相手スクイズにより1失点。5回裏、大山がヒットで出塁し、鶴岡のタイムリーヒットで1点を返す。
5回表、ダブルプレイなどで相手攻撃を3人で終わらせ、5回裏、1アウトから浜谷ヒットで出塁するものの後続が凡退し無得点で、試合終了。

単打:大山、鶴岡(3)、稲垣、浜谷

同日2試合目のこの試合もエラーあるいは消極的な守備より出塁させた走者が全て失点に結びついてしまいました。悔しいのは消極的な守備をしてエラーあるいはヒットにしてしまった走者が失点につながること。試合に出ていた全員がそうであったわけではなく、ショート鶴岡とキャッチャー稲垣、ライト丸井の守備は集中し、積極的な守備でアウトを取りました。
鶴岡の守備は足を動かし前後によく動きヒット性のあたりをアウトにしました。稲垣はキャッチャー前の小フライをスライディングキャッチでアウトにし、それ以外でもフェンスギリギリまでフライを追いました。丸井は、1、2塁間を抜ける鋭いライナー性の打球をそつなくキャッチしライトゴロにしたり、フライもしっかりキャッチしました。
守備の積極性はそのまま打撃の積極性に繋がることがよくわかります。いつも伝えているけれど、積極的な守備でのミスはOKです!次のプレイ、打撃につながる!
この日の2試合は、気持ちそのものが弱い試合でした。まだ第3戦を終えたばかりなので残りの試合を強い気持ちで頑張ろう。

○2016/11/5(土)13:20~(後楽公園3)第4戦(vs礫川)

モンキーズ 0 0 0 0 0 | 0
礫川   0 0 1 0 0 | 1

1回表、大山、鶴岡ヒットで出塁も、後続が連続三振で先制ならず。2回表も1アウトから福原ヒットで出塁し、盗塁で2塁へ進塁するも先制点につながらず。
3回表も相手ミスで走者を出すも得点に結びつかず、反対に3回裏、先頭から連続四球で3人の走者を出し、センター前ヒットで先制点を奪われる。
4回裏、2つの四球で走者を背負いさらなる失点のピンチに鶴岡へ継投し、無失点で切り抜け、5回裏も1ヒットのみの好投で追加点を阻止する。しかしながら0-1のまま試合終了。

単打:大山、鶴岡、福原

全体的に相手投手のスピードボールに、ボールをスイングして1ストライク、そして次のストライクを見逃し2ストライクとしてしまう打撃。その打撃で先制点のチャンスに後続が三振。積極性と消極性が同居したちぐはぐとしたバッティング。チャンスの場面でボールをスイングするのは相手ピッチャーを楽にするだけ。
そんな1回、2回の攻撃でチャンスを逃すと3回に連続四球で失点。1点をとったことで相手ピッチャーをさらにのせてしまい、4回、5回のアウト6個のうち、5個が三振でのアウト。
スピードボールにあわてることなく、ストライクを鋭くスイングをしないといけない。

○2016/11/5(土)14:50~(後楽公園3)第5戦(vs文京ファミリーズ)

モンキーズ  3 3 5 | 11
ファミリーズ 0 0 0 | 0

1回表、先頭鶴岡ヒットで出塁し、相手ミスで走者をため、伊藤の2塁打、稲垣のタイムリーで3点を先制。2回表、相手ミスと丸井のヒット、稲垣のタイムリーで3点を追加。3回表、いくつかの四球と阿部ヒットで走者を出し、鶴岡、大山、伊藤、稲垣、福原の連打で5点を追加。
投げては鶴岡が相手打線を1ヒットのみに抑え、3回裏終了時点で、大会規程により試合終了。

単打:鶴岡(2)、大山、伊藤、稲垣(2)、福原(2)、阿部、丸井
2塁打:伊藤

この試合は、全員が出場することができ、交代した選手も腐ることなくコーチャーに出ていました。なかなか公式戦に出られない選手はたいへんうれしそうに、公式戦の緊張を感じていました。試合出場経験はとても大事。いくら練習してもかなわない貴重な経験があるからね。
試合は大きな点差で勝つことができたが、2つの走塁ミスがありました。走塁ミスは、そのだいたいが試合の流れを変えてしまうものなので、注意が必要である。この試合でのミスは、間違った判断による欲張った走塁と集中力を欠いたリードであったが、消極的な走塁も同様である。日本ハムの二刀流の大谷選手が言っている「野球の中で走塁が一番難しい」と。おそらく状況判断を正しく、常に集中していないといけないからだろうか。
本富士大会ようやく1勝することができました。残り試合、全て勝つように頑張ろう。

○2016/11/26(土)9:20~(後楽公園)第6戦(vsレッドサンズ)

レッド   1 0 5 2 | 8
モンキーズ 0 0 0 0 | 0

1回表、先頭打者を四球で出し、送りバント→タイムリーで先制点許す。2回表も先頭打者を四球で出すも、後続を抑え無失点。
3回表、先頭打者で1アウトを取るものの、四球と内野ゴロエラーで1失点。さらにタイムリーヒットのあと、四球、内野ゴロエラーを再度繰り返し5失点。
4回表、先頭打者を四球で出し、セーフティバントで走者を背負い、盗塁や牽制エラーで進塁させ、2つの犠牲フライで2点を追加される。
4回裏終了時点で、大会規程により試合終了。

打線はノーヒットながら、ヒット性のあたりが何本かあったが、野手の正面をついてしまいました。だけれど5番バッター以降、5人連続三振というが課題です。スピードボールでももっと食らいついてほしい。
2回までは接戦に持ち込めるかと思われた。しかし3回表、この試合はじめて先頭打者で1アウトを取るものの、その後を四球とエラーで走者を出し、その悪い雰囲気を切り替えることができず、ヒットわずか1本だけで5失点。
4回表の守備でも、浅い外野フライを取るのが精一杯なのか、フライ捕球のあと内野への返球が遅く2つのタッチアップで失点する。外野手の頭にタッチアップの想定がないのか?内野がボールを呼ばないのか?たぶん両方であろう。
そして4イニングの守備のうち3イニングの先頭打者を四死球で出しているようでは、レッドサンズのようなチームには接戦はさせてもらえません。
次の試合につなげることができるかな?頑張ろう。

○2016/12/17(土)14:40~(後楽公園)第7戦(vs上動ファイターズ)

モンキーズ  7 6 2 | 15
ファイターズ 2 0 0 | 2

1回表、先頭大山ヒットで出塁し、そこから四球を挟み鶴岡のタイムリーで先制し、再度四球を挟み浜谷タイムリーや相手ミスなどにより6点を先制。
1回裏、先頭打者をバントヒットで出し、柵越えのホームランで2点を返される。
2回表、先頭2打者四球のあと相手ミスで満塁とし、稲垣のタイムリーで追加点。そこから連続四球などで7点を追加。
3回表、先頭から四球で走者をため、大山のタイムリーで2点を追加。15-2で最終戦を勝利しました。

単打:大山(2)、鶴岡、稲垣、浜谷

スコアを見ると大勝したかのように見えるが、消極的な走塁で追加点を取れなかったり、三振でチャンスをつぶしたり、攻撃の内容は決していいものではありませんでした。
打ったヒットはクリーンヒットながら、主に相手に与えられた四球によって勝たせてもらったようなものでした。

今年の本富士大会は、第1戦に強豪チームとの対戦を引き分け、結果に期待を持てると思ったけれど、第2戦から数試合続けて自滅気味に接戦を落とし、結果2勝しかすることができませんでした。
毎年のモンキーズは後半戦から調子を上げてくる大会だけれど、思うように調子があげることはできませんでした。

2016年 小西杯

◆大会内容(予定)
◇大会期間:2016/12/4~12/17
◇出場編成:【高学年】
◇試合場所:竹ノ塚5丁目グランドほか
◇開会式:-
◇閉会式:-
◇大会内容:トーナメント戦

○12/4(日)10:30~(竹ノ塚5丁目グランド)1回戦(vs小西少年野球部)

モンキーズ 0 0 0 0 | 0
小西    3 1 3 × | 7

1回表、先頭打者をエラーで出し、スコアリングまで走者を進めるものの先制点に結びつかず。
1回裏、先頭打者のヒットと思われた打球をレフト熊谷がランニングキャッチし1アウト、2番打者を2塁打で出塁させるも三振で2アウトにし無失点で切り抜けるかと思われたがセンター前ヒットで先制点を奪われ、さらに内野ゴロエラー、ワイルドピッチなどのミスで合計3失点。
2回裏、内野ゴロと三振で2アウトまでとるものの2連打され、内野ゴロエラーで1失点。3回裏、先頭を内野ゴロで1アウトを取るも、2連続四球で走者を背負い、サードゴロで2アウトにするものの、その後に3連打され3失点。
モンキーズ打線は、3回までノーヒットで、4回表に先頭伊藤がヒットで出塁し、1アウトの後、稲垣ヒットで走者をため、スコアリングまで走者を進めるものの得点を奪うことができず、大会規程により試合終了。

単打:伊藤、稲垣

各回とも2アウトまで無失点でこらえるが、そこからタイムリーを打たれ失点をしてしまいました。3アウト目を取る難しさというか、3アウト目が一番集中力が必要なことを思い知らされた試合でした。
反対に打線は、相手投手の球に強い打球が打てず、3回までの9つのアウトのうち6つの内野フライを上げてしまいました。内野フライは何にも起こりません。
小西少年野球部は、力強い上位打線で守備力が高いチームでした。

2016年 三区大会(新宿・千代田・文京)

◆大会内容(予定)
◇大会期間:2016/10/30~11/6
◇出場編成:【高学年】
◇試合場所:六義園、戸山運動場
◇開会式:10/30(日)10:20~
◇閉会式:11/6(日)14:30~
◇大会内容:トーナメント戦

○10/30(日)10:30~(六義園A3)1回戦(vsコメッツパワーズ(新宿区))

モンキーズ 0 0 0 0 0 | 0
パワーズ  1 2 3 2 × | 7

1回表、2回表とノーヒットのモンキーズ打線。1回裏、2回裏と先頭打者を四球で出し、タイムリーでなどで3失点。
3回表、3塁まで走者を進めるも得点に結びつかず。3回裏、先頭から2連打され、守備ミスで1失点し、さらにタイムリー2塁打で3失点。
4回裏、またしても先頭を四球で出し、2つ目の四球のあとタイムリーヒットを打たれ、2失点。5回表、2アウトから鶴岡が3塁打で出塁するもの無得点で終わり、大会規定で試合終了。

単打:大山、稲垣、
3塁打:鶴岡、

先頭打者を四球で出すことはあるかも知れないけれど、それを得点に結び付けられることが試合開始から2イニング続くと、試合の雰囲気がおかしなものになります。
攻撃で気になる点は、ランナーを出してせっかく外野へヒットを打っているのに、セカンドやサードでフォースアウトになってしまうこと。これはセカンドリードができていないことと野球で大切な観察力と判断力が弱いことを意味していると思います。
また試合前の練習では、1ストライク目を積極的に打ちに行こう!と約束したのに、できない選手が少なからずいたことも残念でした。なぜ1ストライク目を狙うべきかを聞いたら、君たち自身は分かっていたのに、勇気不足だな。勇気ある失敗は叱られません!
プロ野球のバッターが見た目あまい球を見逃すのは君たちと同じ理由じゃないから、マネするものじゃない。
守備では、内野と外野の間に落ちる打球をお見合いすること、足の動きが鈍く取れる打球が取れないことがありました。積極性、勇気、集中力をあまり感じられない試合でした。
唯一よかったのは、ホームラン性のあたりを正確な中継でつなぎ、3本間のランダウンでアウトにしたことでした。
コメッツパワーズは、打球に力があり、守備の上手いチームでした。

2016年 秋季新人戦

◆大会内容(予定)
◇大会期間:2016/8/27~9/11
◇出場編成:【高学年(5年以下)】【低学年(4年以下)】
◇試合場所:六義園、後楽公園
◇開会式:8/27(土)
◇閉会式:9/11(日)
◇大会内容:トーナメント戦

【高学年】
○8/27(土)14:00~(六義園B3)1回戦(vs上動ファイターズ)

モンキーズ 11 3 6 | 20
ファイターズ 0 0 - | 0

1回表、先頭大山がヒットで出塁し、連続四死球の押し出しで先制し、その後も内野ゴロ、小柴の3ランホームラン、伊藤の満塁ホームランなどで合計11得点を先制。
2回表、四球と相手ミスにより3得点。1回、2回の守備ではミスより走者を出すものの無失点。
3回表、四球で走者をため、安藤3塁打、伊藤ヒット、福原3塁打でなどで6得点したところで、大会規定により試合終了。1回戦を勝利しました。

単打:大山、伊藤
3塁打:安藤、福原
本塁打:小柴、伊藤

1回表、四球で走者をため本塁打2本で大量点を取り、試合の主導権を握ることができました。打撃全体で三振は2つだけで、よく選球し、ストライクをスイングできていたと思います。
走塁は少しぎこちない選手もいたけれど、以前よりかは落ち着いてベンチからのサインもきちんと見て、よくできていたと思います。守備機会はあまりなかったけれど、野手の間に落ちるフライをキャッチすることはできなかったものの積極的に寄ってグローブに当てていたし、ミスで走者を出した後、ライナーキャッチダブルプレイにし、いい守備をしていたと思います。
途中、雨のなか、集中を切らさずよく頑張って、勝利した試合でした。

○8/28(日)11:20~(六義園A1)2回戦(vs茗荷谷クラブ)

モンキーズ 0 0 0 0 | 0
茗荷谷  0 0 3 4 | 7

1回表、先頭大山がヒットで出塁し、2アウト2、3塁のチャンスも先制点に結びつかず。1回裏、2回裏を相手走者をスコアリングまで進ませるものの、後続を打ち取り先制を与えず。3回裏、先頭から3連続長打で2失点、さらに3塁打を打たれ合計4失点。4回裏、1アウトから四球で出した走者をタイムリーで返され1失点、2アウトまで取るものの連続ヒットによる7失点目したところで、大会規程により試合終了。2回戦を敗退しました。

単打:大山

1回表の攻撃で先制点を取れていれば、少し展開も変わっていたかも知れない。この試合では多くの内外野の守備機会がありましたが、打ち損じた打球はアウトにできていたし、外野へのフライを捕球(アウトに)することはできなかったけれど、抜かれた打球を懸命においかけ、内野に返球し、相手打者に本塁打を記録させませんでした。
最終回の最後の2失点につながる内野手の横を抜けたゴロヒットや、いくつかの外野フライに対して食らいつく強い気持ちがあれば、もう少しアウトが早く取れ、失点も少なく済んだと思います。それは今後の課題だね。気持ちを前面に頑張ろう。
この試合は、選手みんなが落ち着いて、自分で感じて、考えて、判断して試合が出来ていたと思います。

今回の大会の高学年チームは、大会前から人数不足による不戦敗が懸念され、試合そのものができず大会を主催している連盟や対戦相手チームに迷惑をかけるのではないかと心配しましたが、人数を確保でき、この2試合で選手たちは成長し、思っていたより良い内容の試合をすることができ、本当にうれしく思いました。人数がぎりぎりなのに、自分たちで進んでランナーコーチャーに出て、交代していたことも印象深かったです。公式試合への出場は何よりの経験だね。

【低学年】
○8/28(日)14:40~(六義園B3)1回戦(vs大塚ミスギホープ)

モンキーズ 2 3 1 | 6
ミスギ    5 4 ×| 9

今まで練習してきたたスライディング、そして外野に抜けた時の中継プレーなど選手達が培ってきたものを全力で発揮できた事は大きな収穫ですね。今後も全力プレーの中で充実した楽しみを掴みとり大きく成長していこう。ナイスゲームでした。

2016年 駒込大会

◆大会内容(予定)
◇大会期間:2016/8/6~8/7
◇出場編成:【高学年】【低学年】
◇試合場所:六義園
◇開会式:8/6(土)
◇閉会式:8/7(日)
◇大会内容:トーナメント戦

【高学年】
○8/6(土)14:00~(六義園B3)駒込大会1回戦(vs上動ファイターズ)

モンキーズ  0 5 4 7 | 16
ファイターズ 0 0 0 1 | 1

1回の攻撃は、四球で走者を出すもののお互いに無得点。2回表、2つの四球と安藤のヒットで満塁に押し出しの四球で1得点。2アウトの後、伊藤の2塁打と鶴岡のホームランで合計5点を先制。
3回表、先頭浜谷の2塁打と四球で走者をため、内野ゴロ2つで2アウトになるものの、内野ゴロエラー、大山のホームランで4得点する。
4回表、四球と相手エラーなどで、無安打で7得点する。
4回裏、ホームランで1失点するも、16-1で1回戦を勝利する。

単打:安藤
2塁打:浜谷、伊藤、
本塁打:鶴岡、大山

わずか5本のヒットながら、選球よく四球などで走者をため得点することができました。先発大山は、1回に2四死球を与えピンチになるものの、1安打3四死球11奪三振で好投しました。
この試合での反省点は、ちぐはぐな走塁です。インフィールドフライで飛び出してアウトになったり、3塁牽制でランダウンになり、危うく2塁走者ともどもアウトになりかけたり、盗塁のサインを何回も見落としたり。
走塁ミスは、試合の流れを変えてしまう大きなきっかけになりえるものです。練習試合などでしっかり練習しよう。

○8/7(日)11:00~(六義園A3)駒込大会2回戦(vs菊坂ファイヤーズ)

ファイヤーズ  0 0 5 0 0 2 | 7
モンキーズ 0 0 0 0 1 0 | 1

2回まで、お互いに無得点。3回表、先頭打者をセンター前ヒットで出し、四球とヒットで2失点。内野ゴロバックホームで1アウトするものタイムリーヒットに守備ミスが重なり走者一掃され、合計5失点。
その後、相手に追加点を許さず踏ん張り、5回裏の攻撃、安藤、阿部の連続ヒットのあと、大山の内野安打に相手ミスが重なり1点を返す。6回表、ヒットとホームランで2点を追加され、1-7で2回戦を敗退する。

単打:鶴岡、大山、安藤、阿部(2)

先発大山は連日の登板も優勝候補のチームを相手に、ピンチに動じない、切り替えができた好投をし、途中後を受けた鶴岡も追加点を許さない好投をしました。バッテリーともによく意識を合わせて、よく考えて投げていたと思います。
悔しいのは、失点したいずれの回も、相手先頭打者の打ち取った打球をアウトにできず出塁され、その後の失点につながっていることです。あれらの先頭打者を確実にアウトにできていれば、試合の経過や結果はもう少しは変わっていたと思います。
場面にもよるかも知れないが、積極的に勇気を出して守備した結果のエラーやミスは良いプレイであり、消極的に守備した結果は悔しい思いしか残らないし、必ず失点につながるものです。そして練習中にも何度も言うけれどミスした後が大事!ミスした後ほど全力でリカバリー!切り替え!積極的な守備こそが頑張っているピッチャーを励ます何よりのものである。
試合中にミスしても声をかけあい、励まし合い、しっかりコミュニケーションをとり、ふたたび集中力を高めるようにしよう。ミスしたらゴメン!ミスしても気にするな!としっかりと声を掛け合おう。
これをよい経験に次の大会では頑張ろう。

【低学年】
○8/6(土)11:00~(六義園A3)駒込大会1回戦(vs菊坂ファイヤーズ)

モンキーズ  0 1 0 | 1
ファイヤーズ 10 8 × | 18

1回裏、先頭打者を四球で出すと、4四死球5被安打で合計10失点で攻守交代。2回表、四球の押し出しで1得点。2回裏、先頭打者を三振で1アウト取るものの、ヒット、四死球などで8失点。3回表、相手エラーや四球などで走者を出すものの得点に結びつかず、1-18で1回戦を敗退する。

3回表の攻撃では、出塁し得点できる雰囲気があったものの少しあわててしまって、残念ながら得点に結びつけることができませんでした。
大会の結果として相手チームは優勝チームであり、よい経験だったと思います。次の大会では頑張ろう。

2016年 ジャビットカップ文京区大会

◆大会内容(予定)
◇大会期間:2016/6/11~(適宜)
◇出場編成:【高学年】
◇試合場所:六義園
◇開会式:(夏季大会開会式と兼ねる)
◇閉会式:未定
◇大会内容:トーナメント戦
ジャビットカップ文京区大会(連盟HP)

○2016/6/25(土)9:40~(六義園B1)1回戦(vs文京パワーズ)

モンキーズ 0 1 0 0 1 0 | 2
パワーズ  0 3 0 0 2 × | 5

1回表、1アウト2,3塁の先制のチャンスも得点できず。1回裏、1アウトからヒットと2つの四死球で満塁のピンチもショートゴロバックホームと三振で先制点を許さず。
2回表、エラーと黒岩、大山のヒットで2アウト満塁とし、伊藤のタイムリーヒットで1点を先制し、2塁走者の黒岩も本塁をつくがタッチアウト。2回裏、1アウトから四球と内野安打で走者をためワイルドピッチで同点、さらに2アウト満塁から、センター前ヒットで合計3失点する。
3回、4回は、お互いに無得点で終了し、5回表、1アウトから伊藤3塁打、鶴岡2塁打で1得点し1点差に詰め寄る。
しかし5回裏、先頭ヒットの走者を盗塁で2塁におき、内野ゴロエラーで1失点、さらにその走者を内野ゴロの間に返され、この回2失点する。
6回表、先頭から浜谷、安藤の連続ヒットで走者をためるものの得点に結びつかず、2-5で1回戦を敗退する。

単打:大山、鶴岡、伊藤、浜谷、安藤、黒岩
2塁打:鶴岡
3塁打:伊藤

相手チームより多い8本のヒットを打つことができ、守備ミスはわずか1つのみで、夏季大会からはずいぶん良い試合ができました。
1回表にタッチアップで得点するチャンスを、2回表も2点目をとるチャンスを得点できなかったのは、走塁で少し物足りなさを感じたけれど、この試合で見せた幾つかのスライディングは、きれいなスライディングでたいへんよいものでした。
投手陣は、外野に打たれたヒットはわずか3本のみでよく投げました。しかし前半1回~3回までの四死球が6つで、3失点のうち2失点がこの四死球で出した走者でした。後半4回~5回は四死球0でたいへん良かったと思います。
試合展開としては、4回裏、2点ビハインドのノーアウト2塁のピンチに、その走者を3盗で刺し無失点におさえ、5回表に長打の連打で1点差に詰め寄り、さあ流れを戻せるかと思われたが、5回裏にエラー絡みで2失点し流れを掴めませんでした。
チャンスを逃した後やミスで失点した後など、気持ちを切り替えて、次の攻撃でチャンスを作るなど、よい試合だったと思います。
次の大会にむけて、また頑張ろう!

2016年 夏季大会

◆大会内容(予定)
◇大会期間:2016/6/5~7/3
◇出場編成:【高学年】【低学年】
◇試合場所:六義園、後楽公園
◇開会式:6/5(日)9:30~(六義園)
◇閉会式:7/3(日)14:30~(六義園)
◇大会内容:トーナメント戦
夏季大会(連盟HP)

(高学年)
○6/11(土)9:40~(六義園A3)1回戦(vsレッドサンズA)

モンキーズ 0 0 0 | 0
レッドA  8 6 6 | 20

1回表、先頭打者が出るものの得点に結びつかず。
1回裏、2回裏、3回裏と守備ミスが絡み、多くの失点をし、3回裏、2アウトまでこぎ着けるものの、ミスで出した走者を長打で返され大会規程により試合終了。1回戦を敗退しました。

この日の試合は、選手の人数が9人ぎりぎりで臨んだ試合、慣れない守備位置での試合で、しかも相手チームは都大会を勝ち上がっている強豪チームでした。
20点差でのコールドゲームでの敗戦は逃れたかったけれど、失点の半分はミス絡みで失点し、4回までたどり着くことができず残念でした。
キャッチボールからのやり直しです。今日の試合に出た選手はまた試合に出られるように練習をしていこう!

(低学年)
○6/12(日)10:40~(後楽公園1)2回戦(vs茗荷谷クラブB)

茗荷谷B  1 2 | 3
モンキーズ 10 5 | 15

1回表、先頭打者をヒットで出し、四球で満塁となり、内野ゴロで1点を先制される。
1回裏、先頭福成ヒットで出塁し、相手ミスで同点。1つの四球を挟んで青木のタイムリーで逆転し、そこから連続四球と相手ミス、中野の内野安打などにより10得点する。
2回表、先頭から四球と内野安打で走者を背負い、タイムリーヒットで失点するも、相手攻撃を2失点に抑える。
2回裏、先頭青木の2塁打を皮切りに、振り逃げや四球に相手ミスが絡み、5得点したところで試合終了。1回戦を勝利することができました。

単打:福成、中野、青木、
2塁打:青木

最大の勝因は、1回表の大量失点のピンチを先発青木が三振をとって1失点で切り抜けたこと。
攻撃では、各回とも先頭打者がヒットで、ノーアウトの走者を出させたことが大きいと思います。打つべき球をしっかりと見極めることできたと思います。
公式戦での初めての勝利です!練習を頑張ってきた成果ですね!
2回戦では、相手チームの打球が内野外野に多く飛び、攻撃ではストライクも先行してくるでしょう。勇気をもって、打球に食らいつき、ストライクを振りに行くことが大事になってきます。2回戦も頑張ろう!!

○6/19(日)12:30~(後楽公園1)3回戦(vs豊島ケ丘ラークス)

モンキーズ  0 0 2 | 2
ラークス  10 2 × | 12

1回裏、先頭打者をヒットで出し、そこから、四死球とヒットを連続し、2アウトまでこぎ着けるものの10失点にてチェンジ。2回裏、先頭打者を出すものの、相手攻撃を2失点を抑える。3回表、先頭の南がライト線へ2塁打を放ち、相手中継が乱れる間に一気にホームイン、さらに四球で出塁した福成が、盗塁などの積極的な走塁でホームインし、合計2得点あげる。
3回表の攻撃終了にて、大会規程により3回戦を敗退しました。

2塁打:南

1回裏、なかなか1アウトをとることができず10失点。しかし2回には、相手攻撃を2失点で切り抜け、3回の攻撃で得点し反撃の流れを作り出すものの、1回裏の失点がひびき、3回表終了にて、残念ながら試合終了してしまいました。
バッティングでは、三振でもスイングアウトの三振であり、バットは振れていたし、ファールで粘る場面が多くあり、よかったと思います。守備でも、足がよく動いているいる子が多く、守備をしてアウトを取るまで、もう少しだと思いました。
次の大会は、もうすぐ8月の第1週にあるから、1回戦必勝/2回戦突破を目指して頑張ろう。

20160612低学年試合後

2016年 ポップアスリート大会(東東京)

◆大会内容(予定)
◇大会期間:2016/5/14~随時
◇出場編成:【高学年】
◇試合場所:お互いのチームが調達したグランド
◇開会式:5/14(土)18:00~(東京ドーム)
◇閉会式:
◇大会内容:トーナメント戦

○5/29(日)午後(吉右衛門堀公園内グランド)1回戦(vs花畑ツバサクラブ)

モンキーズ  0 0 0 0 | 0
ツバサクラブ 3 2 4 1×| 10

1回裏、ヒットや四球で出した走者を盗塁のあとのバッテリーエラーでホームインさせ3失点。
2回裏、先頭打者を三振で1アウトの後、四球で走者を出し、その後タイムリーヒットや犠牲フライなどで2失点。
3回裏、2本のヒットと犠牲フライで2失点し、さらに2アウトから死球で走者を出し、そこから2連打を浴び合計4失点。
4回裏、先頭打者をピッチャーゴロで1アウトとるも、センターへのヒットと四球で走者をため、ライト前へタイムリーを打たれ10失点目で大会規定により試合終了。

単打:大山

モンキーズ打線は、相手ピッチャーにわずか1本のヒットしか打てませんでしたが、何本か惜しい当たりはありました。
全体的に打たされた印象で、しかもボールを打ちに行ってしまいました。
投手陣も毎回の4イニングで5四死球、しかも2アウトから出した死球もあり、ほとんどの打者でボールが先行しカウントを悪くし、ストライクを取りに行く甘い球を強く打たれました。
朝からチームの雰囲気も悪く、試合に勝つようなチーム状況ではないようです.・・・もう少しやる気になる必要があるようです。もう一度しっかり練習をして夏季大会に臨もう。

2016年 三区親善野球大会(文京・台東・中央)

※南さんから提供いただいた集合写真を追加しました。
◆大会内容(予定)
◇大会期間:2016/5/8~5/15
◇出場編成:【高学年】
◇試合場所:六義園、目白台
◇開会式:5/8(日)9:30~六義園
◇閉会式:5/15(日)六義園
◇大会内容:トーナメント戦

【高学年】
○5/8(日)13:40~(六義園B)1回戦(vs台東レインボーズ)

モンキーズ  1 4 0 0 0 10 | 15
レインボーズ 1 2 0 2 0 5 | 10

1回表、大山のツーベースと稲垣のタイムリーツーベースヒットで先制。1回裏、3塁打の後、外野フライタッチアップで同点にされる。
2回表、ノーアウトでエラーと四球で走者をため、熊谷のタイムリースリーベース、伊藤のタイムリー、鶴岡のツーベースで4点を追加。2回裏、エラーで先頭を出し、連続三振で2アウトまでこぎ着けるものの本塁打を打たれ2失点する。
3回表、先頭黒岩のヒットとエラーでノーアウトの走者を出すものの得点に結びつかず。3回裏、2アウトから四球を出すものの無失点で、2点リードで前半戦を折り返す。
4回表、2アウトから稲垣が3ベースで出塁するものの得点ならず、4回裏、先頭をヒットで出し、タイムリー2ベースを打たれ、さらに長打を打たれ、逆転を許すかと思われたが、打者走者をバックホームでアウトにし同点で切り抜ける。
5回表、四球で2走者を出すものの勝ち越し点をとることができず。5回裏、2アウトからヒットで走者を出し、盗塁で得点圏に走者を進められるも、追加点を許さず。
5回終了時点で大会規程の試合時間を過ぎたので特別ルールでの延長戦に突入。6回表、無得点で2アウトになるものの、そこから連続四死球とエラーにより得点し、阿部、大山、鶴岡のヒットにより合計10得点し、5回裏、先頭打者から連続ヒットと死球などで5失点するものの、なんとか逃げ切り1回戦を勝利しました。

単打:伊藤、大山、黒岩、阿部
2塁打:大山、鶴岡(2)、稲垣
3塁打:稲垣、熊谷

2回表の4得点にて、試合を有利に進めるかと思われたが、じりじりと点差を詰められて、決着は特別ルールでの試合となりました。2回は先頭打者をエラーで出し失点に結びつき、4回もヒットの走者をエラーでスコアリングに進め失点に結びつきました。
しかし、ここのところの試合での課題であった「ミスを続けない、ミスを切り替えること」ができ、大量失点には結びつくことはありませんでした。2回戦も頑張ろう!
レインボーズは、スコアリングに走者を置くものの中押し点、勝ち越し点を許さない粘り強いチームでした。

○5/15(日)11:00~(六義園A3)準決勝(vs日本橋ファイターズ)

モンキーズ  0 0 0 0 | 0
ファイターズ 1 0 3 3×| 7

1回裏、レフトへのライナー性の打球が抜けて本塁打で1点を先制される。3回裏、エラーと四球で走者をため、ワイルドピッチでランナーをすすめ、ライトへの強烈なライナーを浜谷が好捕するも犠牲フライとなり1失点、さらに左中間を抜く本塁打を浴び合計3失点。4回表、先頭打者がヒットで出塁するも、内野フライで飛び出しダブルプレイとなる。4回裏、1アウトから3連続四球で満塁とし、高いバウンドのゴロが外野へ抜け1失点。そこから2連続四球で押し出し2失点したところで、大会規定により試合終了。

単打:伊藤

相手ピッチャーの速球に1安打に抑えられてしまい、スコアリングに走者を送るチャンスを何度か作るものの得点に結びつけることはできませんでした。
2回~4回では1イニングに必ず2つ以上の四球で走者を背負い、それに加えて消極的な守備もあり、得点を許してしまいました。
何より投手陣の四球の多さが試合の大きな流れを決めてしまいました。それに加え負けている場面での消極的な守備や走塁ミスにより、ゲーム流れを戻すことはできませんでした。むしろ相手チームの主導権を確実にしてしまいました。ミスをしてもそれを切り替えることが大事。負けている場面では点差により慌てないことが大事。打ち急いで無理に打ちにいかない、判断ミスをした走塁としない。次の大会に向けて、また練習を頑張ろう。
ファイターズは、打線に迫力があり、どこからでもチャンスを作れるチームでした。

201605三区

プロフィール

Little Monkeys

Author:Little Monkeys
東京都文京区で活動する
軟式少年野球チームのリトルモンキーズです。
随時、新規メンバーを募集しています。まず体験参加からどうぞ(月間予定表をご確認いただき、見学・練習体験に来てください!)。
チーム紹介・指導方針
入会案内ページはこちら!
事前の質問等は以下のメールフォームよりご連絡ください。

練習試合のお申込みも随時受け付けています。
ご連絡よろしくお願いします。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Copyright © Little Monkeys